Learn Japanese with JapanesePod101.com

James Chapter 2

新約聖書 : 口語訳 by  東京 : キリスト新聞社, 1946, The New Testament, In Colloquial Japanese, The Christ Weekly

ヤコブ の 手紙

第二章

2:1 私の兄弟たちよ、私たちの主、栄光のイエス・キリストへの信仰を保って偏見をもたないようにしなさい。

2:2 もしあなた方の会堂に、金の指輪をはめ立派な着物を着た人が入って来、またみすぼらしい着物を着た貧しい人が入って来たとしたならば、

2:3 そしてあなた方が立派な着物を着ている人に目をとめて、「どうぞ、ここにお座り下さい。」と言い、一方貧しい人に向かって、「そこに立っていなさい。」とか、「私の足元に座りなさい。」とか言うならば、

2:4  あなた方は自分たちの間に差別をつけ、悪い考えで事を裁く者となっているのではなかろうか。

2:5 聞きなさい、私の愛する兄弟たちよ、神はこの世の貧しい人々を、信仰に富む者として、神を愛する者に約束された御国の相続者として、選んで下さったではないか.

2:6 ところが、あなた方は貧しい人たちを軽蔑して来た。あなた方を虐げ、あなた方を裁判所に引き立てるのは、富んでいる人たちではないか。

2:7 あなた方の呼び名となっている尊い御名を汚す人たちは、彼らではないか。

2:8 もしほんとにあなた方が聖書に従って、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい。」という最も高い律法を完全に守るならば、それがよいことである。

2:9 もし偏見を持つならば、あなた方は罪を犯し、律法によって犯罪者として罰せられる。

2:10 というのは、律法のすべてを守っても、その一点を犯した者は律法全体を犯した者となるからである。

2:11 だから、「姦淫してはいけない」と言われた方は、また「殺してはいけない」と言われている。そこで、姦淫はしなくとも殺すならば律法を犯す者となる。

2:12 だから、自由を与える律法によってやがて裁かれるべき者として、語りかつ行いなさい。

2:13  実に、憐れみを示さなかった者への裁きには、憐れみはないのである。憐れみは裁きに勝つ。

2:14 私の兄弟たちよ、誰かが信仰を持っていると言いながら、行いをもたなかったならば、それが何になるか。その信仰は彼を救うことができるであろうか。

2:15 もし兄弟または姉妹が裸であり、毎日の食物にもこと欠く場合、

2:16  あなた方の或る人が、彼らに向かって、「安らかに行きなさい、温かに着て十分に食べなさい」と言っただけで、その身体に必要なものを与えなかったならば、それが何になるか。

2:17  だから信仰は、行いを伴わないならば、それだけでは死んだものである。

2:18  しかし或る人はこう言うであろう:「あなたは信仰をもっている。そして私には行いがある。私に行いの伴わないあなたの信仰を見せなさい。そうすれば私は、私の行いによって、あなたに信仰を見せてあげよう。」

2:19  あなたは神は一つであると信ずる。それはよろしい。悪鬼でさえもそう信じて、恐れおののいている。

2:20  愚かな人たちよ、行いの伴わない信仰は実を結ばないということを知りたいか。

2:21  私たちの先祖アブラハムは、その息子のイサクを祭壇の上にささげた時、その行いによって義とされたのではなかったか。

2:22  信仰は、彼の行いと共に働き、その行いによって信仰が全うされたことを、あなたは見る。

2:23  「アブラハムは神を信じた、そして義と認められた」という聖書の言葉は、このようにして実現された。そしてアブラハムは神から友と呼ばれた。

2:24 だから人は行いによって義とされるので、信仰によるだけでは義とされないことがわかる。

2:25 同じく娼婦ラハブも使者たちを迎えて、他の道から送り出した時に、その行いによって義とされたではないか。

2:26 実に、霊魂のない体が死んでいるように、行いのない信仰は死んでいるのである。

Support those who Support TJP!

Click here to learn Japanese with JapanesePod101.com