Learn Japanese with JapanesePod101.com

James Chapter 3

新約聖書 : 口語訳 by  東京 : キリスト新聞社, 1946, The New Testament, In Colloquial Japanese, The Christ Weekly

ヤコブ の 手紙

第三章

3:1 私の兄弟たちよ、神の裁きの厳しいことを知って、多くの者が教師にならないようにしなさい。

3:2 実際、私たちは皆多くの過ちを犯す。そして言葉の上で過ちを犯さない者は完全な人であり、全身をも手綱で引き廻すことができる。

3:3 さて、馬を自由に使うために、私たちはその口に轡をかける。そうすれば、私たちは馬の全身を引き廻すことが出来る。

3:4 また舟を見るがよい。それは大きく、そして激しい風に追いやられるが、小さな舵によって、舵手の目ざすところへ導かれて行く。

3:5 このように、舌は体の小さな器官であるが、大きなことを言う。ご覧、小さな火がどんなに大きな森林を焼くかを。

3:6 そして舌は火であり、不義を働く世界である。舌は私たちの諸器官の一つであり、全身を汚し、地獄から燃え上って、一生の車輪を燃やす。

3:7 すべての種類の獣類も、鳥類も、地を這うものも、海に居るものも、人類によって制御されて居り、また制御されて来た。

3:8 しかし誰も人の舌を制御し得る者はない。それは休むことのない悪であり、殺人的な毒に満ちている。

3:9 この舌で私たちは、主であり父である方をほめ、この舌で神の像 (かたち) に似せて造られた人間を呪う。

3:10 同じ口から賛美と呪いとが出て来る。私の兄弟たちよ、このようなことはあるべきではない。

3:11 泉は同じ穴から甘い水と苦い水とを出すことができるか。 3:12 私の兄弟たちよ、無花果がオリブの実を産し、またぶどうが無花果の実を結ぶことが出来るか。このように、甘い水は塩からい水を出し得ない。

3:13 あなた方の中で、誰かが知恵があり、悟りがあるか。その人は自分の善い生活によって、知恵のやさしい行いを示しなさい。

3:14 しかし、もしあなた方が心の中に苦い嫉みや私心をもっているならば、誇るな、真理を偽るな。

3:15 こういう知恵は、上から来るものではなく、地上のもので、動物的のものであり、悪魔的である。

3:16 というのは、嫉妬と利己心とのあるところには、混乱とあらゆる悪習とがあるからである。

3:17 しかし上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和であり、公平であり、寛容であり、温順であり、あわれみと良い実とに満ち、偏らず、不誠実でない。

3:18 義の収穫は、平和にする人々によって、平和の中に蒔かれるのである。

Support those who Support TJP!

Click here to learn Japanese with JapanesePod101.com