ウサギと亀 The Tortoise and the Hare

Tortoise and the Hare at TheJapanesePage.com
(Support TJP! Purchase this as a $5 download to receive a slow and normal speed MP3, Interactive Flash e-book, and a printable PDF)

あるところにうさぎと亀がいました。うさぎは、亀に言いました。「亀さん、あなたは世界で一番のろいね。どうしてそんなにのろいんだい?」

亀は、うさぎに答えました。

「なんてことをいうのですか?それなら、私と競争をしましょう。向こうの小山のふもとまで、どちらが先につくか、勝負しましょう。」「よーし、やりましょう。」うさぎと亀は、競争を始めました。

うさぎは、亀を追い抜いて、どんどん走っていきました。

走りながら、うさぎは心の中でこう思いました。「どんなに亀がいそいでも、どうせ夜までかかるだろう。このへんでちょっと一休みしておこう。」うさぎは、昼寝を始めました。「ぐーぐーぐー。」

亀は、その間にうさぎを追い抜いてしまいました。うさぎが目をさますと、亀は、ゴールまであと少しのところにいました。

「しまった。寝すぎた!」

うさぎがどんなに急いでも、亀には追い付けませんでした。

先にゴールした亀は、うさぎに向かってこう言いました。

うさぎさん、ずいぶん遅いね。さっきの自慢はどうしたの?」

うさぎは、なにも言い返せませんでした。

おしまい。

あるところに aru tokoro ni in a certain place [a very common way to start a fairy tale in Japanese. Another clichéd opening line is むかしむかし a long time ago ]
うさぎ usagi rabbit
とto and
亀 kame turtle
いました imashita was, existed
に言いました ni iimashita said to (the ni shows direction—in this case, the rabbit said to the turtle)
あなたは anata wa (as for) you
世界で sekai de in the world
一番 ichi ban number one, the most [This is often used to mean ‘most’: 一番好き ichiban suki Liked the most]
のろい noroi slow, dense [a bit more rude than osoi the common word for ‘slow’]
ね ne aren’t you [ne is very versatile; observe how it is used in different situations]
どうして doushite why?
そんなに sonnani to such an extent; that much
のろいん noroiN The ん is used often to explain or ask for an explanation of things; somewhat casual
だい dai ? Question ender; casual (use ですか instead)
に答えました ni kotaemashita answered to (rabbit)
なんてことをいうのですか? Nante koto wo iu no desu ka? How could you say such a thing? (how rude!)
それなら sorenara if that is the case…
私と watashi to with me
競争 kyousou race
しましょう shimashou let’s (race) [the ましょう form is an easy way to say “Let’s...” For example, 食べましょう tabemashou Let’s eat; 遊びましょう asobimashou Let’s play.]
向こう mukou over there
小山 koyama small mountain, hill
ふもと fumoto base (of hill) [not a very important vocab word]
まで made until, as far as (the hill)
どちら dochira who
先 saki before, first
つく tsuku arrive
勝負 shoubu challenge, fight
しましょう shimashou let’s (race)
よーし yo-shi Good! Ok!
やりましょう yarimashou let’s do it
競争 kyousou race
始めました hajimemashita started
追い抜いて oinuite overtake [This is an example of two verbs stuck together to combine the meaning: 追う (follow, pursue) + 抜く (leave, omit)]
どんどん dondon gradually, progressively
走っていきました hashitte ikimashita ran
~ながら nagara while (running)
心の中で kokoro no naka de in his heart; (he thought)
こう思いました kou omoimashita thought like this (こう is used to mean ‘like this’)
どんなに...いそいでも donnani isoidemo however fast [どんなに…~でも is a useful construction. For example: どんなに上手に隠れても、見つけるよ。 Donnani jouzu ni kakuretemo, mitsukeru yo.]
どうせ douse after all, in the end, anyway 夜まで yoru made until night かかる kakaru take (time)
だろう darou think, suppose
このへん kono hen this area
ちょっと一休み chotto hito yasumi take a little break
しておこう shite okou decide to do (take a nap)
昼寝 hiru ne nap
始めました hajimemashita started
ぐーぐーぐー gu-gu-gu– sound of someone sleeping
その間 sono aida during that time
追い抜いて oinuite overtook
しまいました shimaimashita [a show of regret]
目をさます me o samasu wake up
と to “and this happened”; A leads to B
ゴール go-ru finish line; goal
まで made until
あと ato after
少し sukoshi little
ところ tokoro place, position
あと少しのところ ato sukoshi no tokoro just a little farther
しまった shimatta darn! I messed up!
寝すぎ nesugi overslept [~すぎ is a useful ender meaning “too much.” A few examples: 食べすぎ tabesugi eat too much; 言いすぎ iisugi say too much; 勉強しすぎ benkyou shisugi study too