ゆきの物語 - Yuki's Story


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第一章 ゆきの紹介 Introducing Yuki

Yuki's Story
 

第一章

ゆきの紹介

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

昔々、ある小さな村にゆきという娘がおばあさんと二人で暮らしていました。ゆきは、とても美しい子でしたが、二人は大変貧しい生活をしていました。 村全体も貧しく、若者の姿もあまり見られませんでした。そして、ゆきと結婚したいという者も、誰一人として現れたことはありませんでした。

「ゆきや、お前の幸せを探すために、都に行った方がいいよ」と毎日おばあさんは言いました。

「おばあさまを独りここに残して都へ出かけることはできません」とその度、ゆきは答えました。

ある日、おばあさんは亡くなりました。おばあさんをお墓に葬ってから、ゆきは、なけなしの家財を集め、都へ向けて出発しました。

 


[Open Vocabulary and Kanji Lists in a new Window]

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten
If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第一章の単語 Chapter 1 vocabulary

Chapter 1 Vocabulary


Kanji crossreferenced with only a number are indexed to the Kodansha Kanji Learner's Dictionary; kanji cross-referenced with N+number are not in the Kanji Learner's Dictionary, and are indexed to Nelson's Japanese-English Character Dictionary.

第一章【だいいっしょう】 chapter 1 [1706], [2105], [1342]
紹介【しょうかい】 (n) introduction [0902], [1245]
昔々【むかしむかし】 (n-t) long ago, “once upon a time” [1574]
ある (adj-pn) a certain ..., some ...
村【むら】 (n) village [0558]
娘【むすめ】 (n) daughter, girl [0302]
おばあさん (n) grandmother
暮らす【くらす】 (v5s,vt) to live, to get along [1522]
美しい【うつくしい】 (adj) beautiful, lovely [1451]
大変【たいへん】 (adv) very, exceedingly, terribly [2133], [1311]
貧しい【まずしい】 (adj) poor, needy [1344]
生活【せいかつ】 (n) living, life (one's daily existence), livelihood [2179], [0285]
全体【ぜんたい】 (n-adv) whole, entire [1277], [0052]
若者【わかもの】 (n) young man, youth, lad [1430], [2047]
姿【すがた】 (n) figure, shape, appearance [1684]
~よりも (prt) than ~
豊か【ゆたか】 (adj-na) wealthy, rich [1732]
結婚する【けっこんする】 (vs) to marry [0912], [0344]
者【もの】 (n) person [2047]
誰一人も【だれひとりも】 (n) (with negative), no one, nobody [N4384], [2105], [2111]
として (conj) as for
現れる【あらわれる】 (v1, vi) to appear, to materialize [0657]
~や (suf) name suffix denoting intimacy
お前【おまえ】 (n) (fam) you (sing); my dear, my darling [1453]
幸せ【しあわせ】 (n) happiness, good fortune, luck [1408]
探す【さがす】 (v5s, vt) to search (for something desired) [0374]
~ために (conj) for, for the sake of
都【みやこ】 (n) capital, metropolis [1106]
~方がいい【ほうがいい】 (exp) should ~ [1243]
独り【ひとり】 (adv) alone [0293]
残す【のこす】 (v5s, vt) to leave behind [0640]
度【たび】 (n) times (three times, each time, etc.) [1974]
答える【こたえる】 (v1, vi) to answer, to reply [1722]
亡くなる【なくなる】 (v5r, vi) to die [2125]
お墓【おはか】 (n) gravesite, tomb [1505]
葬る【ほうむる】 (v5r, vt) to bury, to inter, to entomb [1496]
なけなし (adj-no) scant, (what) little
家財【かざい】 (n) household belongings (goods) [1458], [0978]
集める【あつめる】 (v1, vt) to collet, to assemble [1772]
向ける【むける】 (v1, vt) to turn towards, to point [1934]
出発する【しゅっぱつする】 (vs) to depart [2180], [1634]

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten
If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第一章の漢字 Chapter 1 Kanji

Chapter 1 Kanji

Kanji crossreferenced with only a number are indexed to the Kodansha Kanji Learner's Dictionary; kanji cross-referenced with N+number are not in the Kanji Learner's Dictionary, and are indexed to Nelson's Japanese-English Character Dictionary.



0052 体 タイ、テイ、からだ、かたち body, substance, object, reality, counter for images
0285 活 カツ、い(きる)、い(かす)、い(ける) lively, resuscitation, being helped, living
0293 独 ドク、トク、ひと(り) single, alone, spontaneously, Germany
0302 娘 ジョウ、むすめ、こ daughter, girl
0344 婚 コン marriage
0374 探 タン、さぐ(る)、さが(す) grope, search, look for
0558 村 ソン、むら town, village
0640 残 ザン、サン、のこ(る)、のこ(す)、そこな(う)、のこ(り) remainder, leftover, balance
0657 現 ゲン、あらわ(れる)、あらわ(す) present, existing, actual
0902 紹 ショウ introduce, inherit, help
0912 結 ケツ、ケチ、むす(ぶ)、ゆ(う)、ゆ(わえる) tie, bind, contract, join, organize, do up hair, fasten
0978 財 ザイ、サイ、ゾク property, money, wealth, assets
1106 都 ト、ツ、みやこ metropolis, capital
1243 方 ホウ、かた、―かた、―がた direction, person, alternative
1245 介 カイ jammed in, shellfish, mediate, concern oneself with
1277 全 ゼン、まった(く)、すべ(て) whole, entire, all, complete, fulfill
1311 変 ヘン、か(わる)、か(わり)、か(える) unusual, change, strange
1342 章 ショウ badge, chapter, composition, poem, design
1344 貧 ヒン、ビン、まず(しい) poverty, poor
1408 幸 コウ、さいわ(い)、さち、しあわ(せ) happiness, blessing, fortune
1430 若 ジャク、ニャク、ニャ、わか(い)、わか―、も(しくわ)、も(し)、も(しくは) possibly, low number, immature
1451 美 ビ、ミ、うつく(しい) beauty, beautiful
1453 前 ゼン、まえ、―まえ in front, before
1458 家 カ、ケ、いえ、や、うち house, home
1496 葬 ソウ、ほうむ(る) interment, bury, shelve
1505 墓 ボ、はか grave, tomb
1522 暮 ボ、く(れる)、く(らす) livelihood, make a living, spend time
1574 昔 セキ、シャク、むかし once upon a time, antiquity, old times
1615 見 ケン、み(る)、み(える)、み(せる) see, hopes, chances, idea, opinion, look at, visible
1634 発 ハツ、ホツ、た(つ)、あば(く)、おこ(る)、つか(わす)、はな(つ) discharge, departure, publish, emit, start from, disclose
1684 姿 シ、すがた figure, form, shape
1706 第 ダイ、テイ No., residence
1722 答 トウ、こた(える)、こた(え) solution, answer
1732 豊 ホウ、ブ、ゆた(か)、とよ bountiful, excellent, rich
1772 集 シュウ、あつ(まる)、あつ(める)、つど(う) gather, meet, congregate, swarm, flock
1934 向 コウ、む(く)、む(い)、―む(き)、む(ける)、―む(け)、む(かう)、む(かい)、む(こう)、む(こう―)、むこ、むか(い) yonder, facing, beyond, confront, defy, tend toward, approach
1974 度 ド、ト、タク、たび、―た(い) degrees, occurrence, time, counter for occurrences
2047 者 シャ、もの someone, person
2105 一 イチ、イツ、ひと-、ひと(つ) one
2111 人 ジン、ニン、ひと、―り、―と person
2125 亡 ボウ、モウ、な(い)、な(き―)、ほろ(びる)、ほろ(ぶ)、ほろ(ぼす) deceased, the late, dying, perish
2133 大 ダイ、タイ、おお-、おお(きい)、-おお(いに) large, big
2179 生 セイ、ショウ、い(きる)、い(かす)、い(ける)、う(まれる)、
う(まれ)、うまれ、う(む)、お(う)、は(える)、は(やす)、き、なま、
なま―、な(る)、な(す)、む(す)、―う life, genuine, birth
2180 出 シュツ、スイ、で(る)、―で、だ(す)、―だ(す)、い(でる)、い(だす) exit, leave
N4384 スイ、だれ、たれ、た who, someone, somebody

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten
If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第二章 漁師との出会い Encounter with a Fisherman

Yuki's Story
 

第二章

漁師との出会い


Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

間もなくゆきは海に着きました。砂浜で漁師が網に開いた穴を繕っていました。

「こんにちは、漁師さん。私はゆきと申します」とゆきは言いました。

「こんにちは、ゆきさん」と漁師は答えました。

「よろしければ、私が網を繕うお手伝いをいたします」とゆきは言いました。

「分かりました。ゆきさんが網を繕ってくれるのなら、私は貝を採ります」と漁師は言いました。

それからゆきは砂浜に座りながら網を繕って、その間に漁師は海岸で貝を採りました。

間もなくゆきは網を繕い終わりました。「漁師さん!網を繕いました」と呼びました。

漁師は網をよく見ました。「きれいに修繕できていますよ。前より大分よくなったようです。助かりました。どうもありがとう」と言いました。

「いいえ、あまりうまくできなくてごめんなさい」とゆきは答えました。

「これからどこに行くところなのですか」と漁師は聞きました。

「幸せを探すために都に参るところです」とゆきは答えました。

「そうなんですか。では、頑張ってください」と漁師は言いました。

「頑張ります」とゆきは言いました。

「どうか、感謝の印に貝を半分受け取ってください」と漁師は言いました。

「そんなにいただくことはできません」とゆきは言いました。

「いいえ、つまらないものですよ。この繕っていただいた網で、たんと魚が捕まえられると思いますから」と漁師は言いました。

「本当ですか。では、貝をいただきます。どうもありがとうございます」とゆきは答えました。

それからゆきは貝を懐に入れ、都へ向かいました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten

 

TJP
[Open Vocabulary and Kanji Lists in a new Window]


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第二章の単語 Chapter 2 Vocabulary

Chapter 2 Vocabulary

TJP
[Open Vocabulary and Kanji Lists in a new Window]

Kanji crossreferenced with only a number are indexed to the Kodansha Kanji Learner's Dictionary; kanji cross-referenced with N+number are not in the Kanji Learner's Dictionary, and are indexed to Nelson's Japanese-English Character Dictionary.

第二章【だいにしょう】 chapter 2 [1706], [1224], [1342]
漁師【りょうし】 (n) fisherman [0492], [0892]
出会い【であい】 (n) meeting, encounter [2180], [1275]
間もなく【まもなく】 (adv) soon, before long, in a short time [2094]
海【うみ】 (n) sea, beach [0284]
着く【つく】 (v5k) to arrive at, to reach [2086]
砂浜【すなはま】 (n) sandy beach [0772], [0320]
網【あみ】 (n) net, network [0930]
開く【あく】 (v5k, vi) to open, to become open, to become empty [2092]
穴【あな】 (n) hole [1366]
繕う【つくろう】 (v5u, vt) to mend, to repair, to fix, to patch up, to darn [0959]
私【わたし】 (n) I, myself [0758]
申す【もうす】 (v5s, vt) (hum) to be called, to say [2186]
答える【こたえる】 (v1, vi) to answer, to reply [1722]
よろしければ (exp) (ばconditional of よろしい) if it's OK
お手伝いをいたす (exp, v5s) (humble form of 手伝う) to help [2155], [0028]
~てくれる (exp, v1) to ~ for me
~なら (conj, prt) if, in case
貝【かい】 (n) shellfish [1614]
採る【とる】 (v5r, vt) to pick (e.g., fruit) [0367]
座る【すわる】 (v5r, vi) to sit, to squat [1989]
~ながら (prt) while ~ing
海岸【かいがん】 (n) coast, beach [0284], [1424]
終わる【おわる】 (v5r, vi) to finish [0903]
呼ぶ【よぶ】 (v5b, vt) to call out (to), to call [0205]
修繕する【しゅうぜんする】 (vs) to repair, to mend [0092], [0959]
大分【だいぶ】 (adv) considerably, greatly, a lot [2133], [1247]
~ようだ (exp) seems like ~, appears to be ~
助かる【たすかる】 (v5r, vi) to be helpful [0764]
うまい (adj) skillful
幸せ【しあわせ】 (n) happiness, good fortune, luck [1408]
~ために (conj) for, for the sake of
探す【さがす】 (v5s, vt) to search (for something desired) [0374]
都【みやこ】 (n) capital, metropolis [1106]
参る【まいる】 (v5r) (hum) to go, to come [1308]
頑張る【がんばる】 (v5r, vi) to persist, to try one's best [0712], [0340]
くだされ = ください
感謝【かんしゃ】 (n) thanks, gratitude [1814], [1079]
印【しるし】 (n) symbol [0554]
半分【はんぶん】 (n-adv) half [2182], [1247]
受け取る【うけとる】 (v5r, vt) to accept, to take [1569], [0847]
そんなに (exp) so much
いただく (v5k, vt) (hum) to accept, to take
~ことができる (exp, v1) to be able to ~
つまらない (adj) insignificant, trifling
たんと = たくさん
捕まえる【つかまえる】 (v1, vt) to catch [0315]
思う【おもう】 (v5u, vt) to think, to feel [1633]
本当【ほんとう】 (adj-na, n) truth, reality [2183], [1378]
懐【ふところ】 (n) (1)bosom, (2), (breast) pocket, purse, handbag [0528]
向かう【むかう】 (v5u, vi) to go towards [1934]

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten
If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第二章の漢字 Chapter 2 Kanji

Chapter 2 Kanji

Kanji crossreferenced with only a number are indexed to the Kodansha Kanji Learner's Dictionary; kanji cross-referenced with N+number are not in the Kanji Learner's Dictionary, and are indexed to Nelson's Japanese-English Character Dictionary.



0028 伝 デン、テン、つた(わる)、つた(える)、つた(う)、つだ(う)、―づた(い)、つて follow, report, communicate, legend, tradition
0092 修 シュウ、シュ、おさ(める)、おさ(まる) discipline, conduct oneself well, study, master
0205 呼 コ、よ(ぶ) call, call out to, invite
0284 海 カイ、うみ sea, ocean
0315 捕 ホ、と(らえる)、と(らわれる)、と(る)、とら(える)、とら(われる)、つか(まえる)、つか(まる) catch, capture
0320 浜 ヒン、はま seacoast, beach, seashore
0340 張 チョウ、は(る)、―は(り)、―ば(り) lengthen, counter for bows and stringed instruments, stretch, spread, put up (tent)
0367 採 サイ、と(る) pick, take, fetch, take up
0374 探 タン、さぐ(る)、さが(す) grope, search, look for
0492 漁 ギョ、リョウ、あさ(る)fishing, fishery
0528 懐 カイ、エ、ふところ、なつ(かしい)、なつ(かしむ)、なつ(く)、なつ(ける)、なず(ける)、いだ(く)、おも(う) bosom, breast
0554 印 イン、しるし、―じるし、しる(す) stamp, seal, mark, imprint, symbol, emblem, trademark, evidence, souvenir, india
0712 頑 ガン、かたく stubborn, foolish, firmly
0758 私 シ、わたくし、わたし private, I, me
0764 助 ジョ、たす(ける)、たす(かる)、す(ける)、すけ help, rescue, assist
0772 砂 サ、シャ、すな sand
0892 師 シ expert, teacher, master, army, war
0903 終 シュウ、お(わる)、―お(わる)、おわ(る)、お(える)、つい、つい(に) end, finish
0930 網 モウ、あみ netting, network
0959 繕 ゼン、つくろ(う) darning, repair, mend, trim, tidy up, adjust
1079 謝 シャ、あやま(る) apologize, thanks, refuse
1106 都 ト、ツ、みやこ metropolis, capital
1224 二 ニ、ジ、ふた、ふた(つ)、ふたた(び) two
1247 分 ブン、フン、ブ、わ(ける)、わ(け)、わ(かれる)、わ(かる)、わ(かつ) part, minute of time, segment, share, degree, one's lot, duty, understand, know, rate, 1%, chances, shaku/100
1275 会 カイ、エ、あ(う)、あ(わせる)、あつ(まる) meeting, meet, party, association, interview, join
1308 参 サン、シン、まい(る)、まい―、まじわる、みつ
1342 章 ショウ badge, chapter, composition, poem, design
1366 穴 ケツ、あな hole, aperture, slit, cave, den
1378 当 トウ、あ(たる)、あ(たり)、あ(てる)、あ(て)、まさ(に)、まさ(にべし) hit, right, appropriate, himself
1408 幸 コウ、さいわ(い)、さち、しあわ(せ) happiness, blessing, fortune
1424 岸 ガン、きし beach
1569 受 ジュ、う(ける)、―う(け)、う(かる) accept, undergo, answer (phone), take, get, catch, receive
1614 貝 バイ、かい shellfish
1633 思 シ、おも(う)、おもえら(く)、おぼ(す) think
1706 第 ダイ、テイ No., residence
1722 答 トウ、こた(える)、こた(え) solution, answer
1879 感 カン emotion, feeling, sensation
1934 向 コウ、む(く)、む(い)、―む(き)、む(ける)、―む(け)、む(かう)、む(かい)、む(こう)、む(こう―)、むこ、むか(い) yonder, facing, beyond, confront, defy, tend toward, approach
1989 座 ザ、すわ(る) squat, seat, cushion, gathering, sit
2086 着 チャク、ジャク、き(る)、―ぎ、き(せる)、つ(く)、つ(ける) don, arrive, wear, counter for suits of clothing
2092 開 カイ、ひら(く)、ひら(き)、-びら(き)、ひら(ける)、あ(く)、あ(ける) open, unfold, unseal
2094 間 カン、ケン、あいだ、ま、あい interval, space
2133 大 ダイ、タイ、おお-、おお(きい)、-おお(いに) large, big
2155 手 シュ、ス、て、て―、―て、た― hand
2180 出 シュツ、スイ、で(る)、―で、だ(す)、―だ(す)、い(でる)、い(だす) exit, leave
2182 半 ハン、なか(ば) half, middle, odd number, semi-, part-
2183 本 ホン、もと book, present, main, true, real, counter for long things
2186 申 シン、もう(す)、もう(し―)、さる


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第三章 狐との出会い Encounter with a Fox

Yuki's Story
 

第三章

狐との出会い

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

しばらく行くと、ゆきは焚き火のそばに座って、兎を焼いている狐に出会いました。

「こんにちは、狐さま。私はゆきと申します」とゆきは言いました。

「こんにちは、ゆきちゃん」と狐は答えました。

「美味しそうな匂いがしますね。私はお腹が少し・・・すみません、狐さま。よろしければ、その兎を分けていただけませんか。私は貝を少し持っているのですが」とゆきは言いました。

「いいですよ。貝を分けてくれれば、私も兎を分けてあげます。ところで、どうしてそんなに美しいお嬢さんがこのような道を一人で旅しているのですか」と狐は聞きました。

「幸せを探すために都に行くところです」とゆきは答えました。

「気を付けて行くのですよ」と狐は言いました。

「はい。ありがとうございます」とゆきは答えました。

それからゆきは貝を開け始めました。驚いたことに、それぞれの貝の中に大きな真珠が入っていました。

「あの、狐さま、この貝の中に入っている真珠もお受け取りください」とゆきは言いました。

「そんなにもらうことはできません」と狐は答えました。

「一粒だけでも受け取ってください」とゆきは言いました。

「あ なたのような気前の良い人間には、これまで一度も会ったことがありません。それでは、真珠を一粒と、数本の尻尾の毛とを交換しましょう。もし身の危険を感 じるようなことがあったら、この尻尾の毛に触れながら『助けて』と三回唱えてください。そしたら、私たち一族はあなたを助けるためにそこに現れます。三度 までなら助けてあげましょう」と狐は十本くらいの毛を尻尾から抜き取りながら言いました。

「そんな大切なものをいただくことはできません」とゆきは言いました。

「たいした物ではないですよ」と狐は言いました。

「そこまでおっしゃるのなら、ありがたく頂戴します」とゆきは真珠と尻尾の毛を交換しながら言いました。

兎と貝を焼きながら、ゆきは残りの真珠を懐に入れました。そして尻尾の毛を結って腕飾りを作り、自分の手首に巻きました。

二人が兎と貝を食べた後でゆきは「ご馳走さまでした。いただいたばかりで申し訳ないのですが、そろそろ失礼します」と言って町へ向かいました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第四章 商人との出会い Encounter with a Merchant

Yuki's Story
 

第四章

商人との出会

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

ゆきは都を目指して旅を続けました。歩き通しだったので、日が沈む頃になるとお腹が減り始めました。ふと足を止めると、ゆきは美味しそうな匂いが辺りに漂っていることに気がつきました。

「どこからあんな美味しそうな匂いがしてくるのかしら」とゆきは思いました。周りを見回すと、道端に天幕が張ってあるのを見つけました。天幕に近付くと、その匂いはいっそう強くなりました。

天幕に着いた時、ゆきは天幕の後ろにいる呉服商を見つけました。その商人は夕食の仕度をしているところでした。

「ごめんください」とゆきは商人に話しかけました。

「どちらさまですか」と商人は尋ねました。

「はい、ゆきと申します。美味しそうな匂いに誘われてまいりました」とゆきは答えました。

「そうですか。かわいそうにお腹を空かしているんですね。そうだ。お茶を入れてくれませんか。一緒に食べましょう」と商人は言いました。

「ありがとうございます」とゆきは答えました。

それから、ゆきは湯を沸かして、お点前を披露しました。

商人は、「確かに良いお茶を使ってはいるのですが、それでも元の味を忘れてしまうほどの結構なお点前でした。そんな見事な茶道を、都以外で目にすることが出来るとは思いもしませんでした」と、驚きました。「どちらでこれを習いましたか」

「祖母が教えてくれました」とゆきは答えました。

「あなたのように美しく、そして見事な茶道で美味しいお茶を入れることの出来る娘さんには、絹の着物がよく似合うと思います。ちょうどここに、綺麗な絹の着物がございます」と商人は言いました。

「そうですか。そういったものを今まで着たことがありませんでした。ぜひ、着てみたいのですが、お金がありません」と、うつむきながら答えた時、旅の途中で漁師から貝をもらったことを思い出しました。ゆきは懐の中の真珠を取り出しながら、「これと交換していただけませんか」と言いました。

「これほど大きな真珠を今まで見たことがありません」と商人は言いました。「その真珠一粒と引き換えに、私の一番綺麗な絹の着物をさしあげます」

「これほど綺麗な着物を旅路で着ることはできません。きっと汚してしまうでしょうから、もしよろしければ、包んでくださいませんか」とゆきはお願いしました。

「はい、もちろんですとも。ありがとうございます」と商人は言って、ゆきから真珠をもらい、一番綺麗な着物を包んでゆきに渡しました。

「どうしてあなたのような美しいお嬢さんが、このような道を一人で旅しているのですか」と商人は聞きました。

「幸せを探すために都に行くところなのです」とゆきは答えました。

「そうですか。でも、この道を一人で旅するのは危険ですよ。今夜私のそばで寝た方がいいでしょう。そうすれば、ここで私が護衛をすることができますから。私は、明日、発ちますが、その都の方へは行きません」と商人が言いました。

「ありがとうございます。では、お言葉に甘えて、今夜ここで寝させていただきます」とゆきは答えて、持っていた布を地面に広げ始めました。

「地面で寝るのはかわいそうだ。私の天幕で寝てもかまいませんよ。そこの垂れ幕で仕切りますから、ご安心なさい」と商人が言いました。

「はい。では、そうさせていただきます」とゆきは答えました。布を開いたとき、一冊の本が落ちました。
「それは何ですか」と商人は聞きました。

「家系図です。私は家族の最後の子孫なので、他に誰も受け継ぐ人がいません」とゆきは答えました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第五章 助けて! Help!

Yuki's Story
 

第五章

助けて!

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

次の朝、商人は手紙をゆきに渡して「都に着いた後で、温泉に行ってこの手紙をそこの女将に渡してください。その人は私の姉なのです」と言いました。

「分かりました。必ずその手紙をお姉さんにお届けします」とゆきは言いました。

それからゆきは都へ向かい、商人は別の方へ行きました。

間もなくゆきは浪人らに出会いました。

「こんにちは、お侍さま。私はゆきと申します」とゆきは浪人の頭に言いました。

「ふふふ。なんでそんなに美しい娘がこんな道を旅しているのかな」と頭は言いました。

「幸せを探すために都に行くところです」とゆきは言いました。

「今日はついてるぞ」と頭は言ってゆきを掴みました。

「そうだな」と他の浪人が言いました。

「いや!侍じゃない!山賊だわ!手を離して!助けて助けて助けて!」とゆきは叫びました。

あっという間に一匹、二匹、ついには百匹もの狐が浪人の間に現れて、浪人を咬んで躓かせました。

「畜生!妖怪が!逃げよう!」と浪人は言いました。

「このお嬢さんは俺が守っている。貴様のような奴は彼女に指一本触れてはならんぞ」と狐は浪人の頭に言いました。

それから浪人は皆狐に追わられて逃げていきました。

「狐さま、助けてくださってどうもありがとうございます」とゆきは言いました。「真珠をもう一粒差し上げましょうか」

「そんなに貰うことはできませんよ」と狐は答え、「あともう二回まで私を呼んでも構いません。さあ、気を取り直して、旅を続けなさい」と励ましました。

「どうも、ありがとうございます。それでは失礼します」と言って、都へと歩き始めました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第六章  都に到着 Arrival at the City

Yuki's Story
 

第六章

都に到着

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

間もなくゆきは都の門に着きました。

「こんにちは。私はゆきと申します。どうぞよろしくお願いします」とゆきは門番に言いました。

「なんで君のような子がこの町に一人で来るんだ」と門番は言いました。

「幸せを探すためです」とゆきは答えました。

「では、この町に仕事があるんだな」と門番は言いました。

「そうです。あっ、それと、この手紙を温泉の女将にさしあげることになっているのです」とゆきは門番に手紙を見せながら言いました。

「それが本当なら、町に入っても構わない。しかし、もし三日以内に仕事が見つからなかったら、町を去らなければならんぞ」と門番は言いました。

「はい、分かりました。すみませんが、温泉はどこですか」とゆきは聞きました。

門番が道順を教えた後で、ゆきは間もなく温泉に来ました。

「ごめんください」とゆきは呼びました。

「いらっしゃいませ」と女将は返事をしながら、出てきました。

「こんにちは。私はゆきと申します。女将さんに話をさせていただいても宜しいですか」とゆきは聞きました。

「こんにちは、ゆきさん。私が女将です」と女将は言いました。「いかがなさいましたか」

「実は、旅路で、とある商人さまと出会いました。商人さまは、この手紙を温泉の女将であるお姉さまに渡してくださいと言いました。こちらをどうぞ」とゆきは手紙を女将に渡しながら言いました。

「どうぞ上がってください。その間に読んでおきますから」と女将は言いました。

「お邪魔します」とゆきは言いました。

「ああ、弟はあなたのお手前は素晴らしいと書いております。その手並みを拝見したいと思います。弟から貰った、その新しい絹の着物を着た後で、茶の湯を点ててください。もしあなたが弟の言う通りの方なら、ここで雇いますよ」と女将は言いました。

「はい。でも、私は少し汚れております。こちらの新しい絹の着物を汚したくないと思っているのですが」とゆきは言いました。

「あ、そうですね。どうぞ、あちらがお風呂になっています」と女将は言いました。お風呂に入って絹の着物を着てから、ゆきはお点前を披露しました。それを見届けてから、女将は、「どうやら弟が申していたよりも、ゆきさんの茶の湯の腕は達者のようですね。こんなに素晴らしいお手前を、十五年以上もの間見たことがありません。失礼をいたしました。どうぞここにお留まりください」と深い会釈をしながら言いました。

「どういたしまして。誠に粗末なものでしたが」とゆきは言いました。「よろしければ、ここで勤めさせていただきたいと思います。でも、私はこの町に着いたばかりです。住まいもなく、お金もありません。こちらに貝から見つけた真珠が少々あるだけです」と、ゆきは懐から真珠を取り出して言いました。

「それでは、その真珠を使って首飾りを作ると良いでしょう。ここにある部屋に住んでも結構です。明日、私とゆきさん、二人で一緒に買物をしましょう。真珠の首飾りを作るのに宝石商に行ったり、絹の着物をもう少し買いに弟の店に行ったりしましょう」と女将は言いました。

「しかし、お金がありません」とゆきは言いました。

「心配しないでください。お金は私がお貸しします。この町一番の茶道家なんですから、すぐにも返すことが出来ますよ」と女将は言いました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第七章  買物 Shopping

Yuki's Story
 

第七章

買物

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

次の朝ゆきは早く起きました。古い服を着てから、温泉の掃除を始めました。しかし女将はゆきを見て、「この町一番の茶道家がそんなことをする必要はありません。さあ、絹の着物に着替えて買い物に行きましょう。真珠を忘れないようにしてください」と言いました。

女将はゆきの素性が気になるのか、市場に行く間に、色々と質問をしました。

「どちらで茶道を学んだのですか」と女将は聞きました。

「実は、祖母から茶の湯を習いました」とゆきは答えました。

「お母さんや、お父さんは?」と女将は聞きました。

「母も父も私が生まれてから間もなく亡くなりました」とゆきは答えました。

「そうですか。あなたは今、おいくつですか」と女将は聞きました。

「今年で十七歳になります」とゆきは答えました。

「そうですか。お祖母さんのお名前を教えていただけませんか」と女将は聞きました。

ゆきがお祖母さんの名前を教えた頃、最初の店に到着しました。

女将が「その名字…」と尋ねかけた時、番頭が店先に現れました。「あっ、番頭さん、こちらはうちの新しい腕利きの茶道家、ゆきさんです」と紹介しました。

それから女将は次々と店を巡って、ゆきを商人に紹介して回りました。

程なくすると、新しい茶道家について、町の住民が皆口にするようになりました。温泉に行ってゆきの茶の湯を見た人々は皆驚き、ゆきの茶の湯の腕を褒めました。その後の数日間、温泉はかつてないほど賑やかでした。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第八章  若殿との出逢い A Rendezvous with the Prince

Yuki's Story
 

第八章

若殿との出逢い

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

城の中でも新しい茶道家の腕について皆が話題にしていました。殿さまの長男が家老に「その新しい茶道家の名高いお点前を、今晩にでも見てみたい。温泉に行って、手筈を整えてくれ」と言いました。

「畏まりました」と家老は言って、温泉へ出かけました。

家老は温泉に到着すると、「女将、茶の湯の予約をしたいのだが」と言いました。

「はい。来週はいかがですか」と女将は言いました。

「今晩はどうだ。若殿さまが城で新しい茶道家のお手前をご覧になりたいとおっしゃっておる」と少し急き立てるように、家老は女将に言いました。

「若君さまですか。はい、はい、今晩の予約を入れておきます。今晩必ず城に行かせます」と女将は快く答えました。

家老が去った後で、女将はゆきのところに行きました。「ゆきちゃん!今晩、若さまが城であなたのお手前を見てみたいそうです。新しい真珠の首飾りと一番きれいな絹の着物を着ていきなさい」と言いました。

その日、温泉は早めに店じまいしました。女将はゆきが城に行くために身支度をするのを手伝いました。その夕刻、ゆきは城に行きました。若殿の部屋に案内された後で、「はじめまして。温泉の茶道家、ゆきと申します。どうぞよろしくお願いします」とゆきは言いました。

「はじめまして、ゆき殿。よろしく」と若殿は言いました。

それからゆきはお点前を披露しました。「あなたは本当に達者な茶道家ですね。毎晩ここに来て、お点前を披露してください」と若殿は言いました。

ゆきは「誠にお粗末ではございますが、お望みでしたら、必ず毎晩ここに来て、お茶を点てさせていただきます」と言って、温泉に帰りました。

ゆきが去った後で、「あんな美しくて達者な茶道家を見たことは今までなかった。姫のような風貌だ。彼女のことをもっと知らなければならん。彼女のことを手を尽くして調べておくように」と若殿は家老に言いました。

家老は「お望みとあれば、何でもいたします」と答えました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第九章 家老の調査 The Chancellor's Investigation

Yuki's Story
 

第九章

家老の調査

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

次の日、家老は温泉に行きました。「女将さん、わしは若殿さまより、新しい茶道家のことを調べ尽くすようにと仰せを賜ってきた。彼女について知っていることを全部教えてください」と言いました。

女将は「そうですね。ゆきは数日前この温泉に来て、弟の手紙を渡しました。二人は道で出会って、ゆきは弟に茶の湯をしました。ゆきは小さな村でお祖母さんに育てられたと言いました。親はゆきが生まれてから間もなく二人とも亡くなったと言いました。家系図の本を持ってきました」と言って、おばあさんの名前を教えて、手紙を見せました。

「そうか。十五年ぐらい前、その名は名高かったようじゃ。その家系図を見てみたい」と家老は言いました。

女将は家老をゆきのところまで導いて「ゆきちゃん!若殿の家老さまがあなたの家系図を見てみたいと仰っています」と言いました。

それからゆきは家老に家系図を見せました。家老は家系図をつぶさに検めました。「この紋はよく覚えておる。本当にあなたの家紋かの」と言いました。

ゆきは「それは分かりません。この本にそう記されているだけですから」と答えて、小さな村の生活と旅路のことを語りました。

それから家老は温泉から去り、使者を小さな村に派遣しました。

毎晩ゆきは城に行って、若殿に茶の湯を振舞いました。ある夕べ、若殿は狐の尻尾の毛で作られた腕飾りに気づきました。「ゆき殿、どうしてそんな腕飾りを手首に巻いているのか」と聞きました。

「この腕飾りですか。実は、幸運のお守りなのです。これは道で出会った狐に頂いた尻尾の毛で作られています」とゆきは答えました。それからゆきは若殿に旅路のことを語りました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十章 家老の調査報告 The Minister's Report

Yuki's Story
 

第十章

家老の調査報告

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

数日後、家老は若殿に報告しました。「若殿さま、例の茶道家を調べ尽くしました。十五年ぐらい前、ある老婆が赤子だった孫娘とある小さな村に落ち着きました。その後、そこで静かに二人で貧しい生活を送りました。数週間前、老婆は死んで、孫娘は村を去りました。

「その日、ある漁師がその村からこの町まで来る途中で、その娘と出会いました。娘は漁師の網を繕って、漁師は娘と貝を分けました。娘は、そのときは毛の腕飾りを手首に巻いていませんでした。

「その夕べ、ある服の商人が(温泉の女将の弟なのです)その道の途中で娘と出会いました。娘は毛の腕飾りを手首に既に巻いていて、貝の中で見つけたという真珠と家系図を持っていました。商人は娘に女将宛の手紙を渡しました。

「次の日、女将への手紙を持ち、毛の腕飾りを手首に巻いていた娘は、この町の門に来ました。温泉への道順を聞きました。その後間もなく、毛の腕飾りを手首に巻いていた娘は温泉に来て、商人からの手紙を女将に渡しました。女将は娘を茶道家として雇いました。

「商人達は皆、娘がゆきと名乗ったことを確認しました。狐と山賊の実在は確認できません。しかし、漁師が娘と会った砂浜と商人の野営地との途中に、焚き火の灰と貝が見つけられました。

「ご存じかもしれませんけど、十五年ぐらい前、ある大名が倒されて城が火事で焼け落ちてしまいました。その大名には、有名な茶道家の母親と赤子の娘がいました。その時、母親と娘は火事で死んだと皆思いましたけど、遺体が全く見つけられませんでした。大名の母親の名前と若い茶道家の祖母の名前は同じです。また、大名の家紋は若い茶道家の家系図にあります」と家老は言いました。

「面白い。父上に教えた方がいい」と若殿は言いました。それから二人は殿さまのところに行って、家老は報告を繰り返しました。家老が終った後で、殿さまは「そなたは、その娘に興味があるのか」と若殿に聞きました。

若殿は「もし父上が了承をしていただければ、茶道家と結婚するつもりでございます」と答えました。

「その茶道家を一目見てみたいと思う」と言いました。

その夕べ、ゆきは殿さまの部屋に招かれました。「はじめまして。温泉の茶道家、ゆきと申します。どうぞよろしくお願いします」と言いました。

殿さまは「そなたの風貌、、、。うむ、懐かしい」と呟きました。

ゆきがお手前をした後で、殿さまは「そなたのおばあさまにうりふたつだ。彼女はよく教えたものだ」と言いました。

ゆきは「左様でございますか。殿さま、よくまあ私の祖母をご存知でしたね?」と聞きました。

殿さまは「そなたのご両親も亡くなる以前存じ上げておった。そなたの父上は偉大な人物で、わしと友達だった」と言いました。

「祖母は親については何も話しませんでした。教えてくださいませんか」とゆきは尋ねました。

「うむ。しかし、まず息子が申したいことがある」と殿さまは言いました。

若殿は「ゆき姫、もし私と結婚してくだされば、必ず幸せにします」と言いました。

「いえ、私は姫ではございません。私のような女は若殿と結婚できません。分かりません」とゆきは言いました。

「君の父上は大名だった」と殿さまは言いました。

「なんと言ったらいいか…。けれどももし若殿さまがそうお望みならば、思し召すままに」とゆきは言いました。

それから三人で長らく喋りました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十一章 忍者の襲撃 Attack of the Ninja

Yuki's Story
 

第十一章

忍者の襲撃

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

一方、ある妬み深い老婆の茶屋が忍者らに会いました。「あのよそから来た茶道家は、お客を横取りするんです!消して欲しいんです!」と言いました。

忍者の長は「そうですか。どんな手立てがいいでしょう?」と聞きました。

茶屋は「どんな手立てでも構いません」と答えて、去りました。

長は側近に「あの茶道家について何か知っているか?」と聞きました。

側近は「数週間前、この町に来ました。温泉で働いています。そして毎晩、城に行きます。若殿は彼女について興味があるそうです。隣にあった国の前の大名の娘かも知れないそうです」と答えました。

「面白い。隣の国の大名も、彼女について興味があるかな。じゃ、娘を今からここに連れてきて、大名に使者を派遣しろ」と長は言いました。

「はっ、長、仰せの通りにいたします」と側近は言って、出かけました。

その夜、ゆきが温泉へ帰る間、忍者はゆきを素早く取り囲んで、猿轡をかませて、手足を縛りました。揉みあっている間に、毛の腕飾りは切れて、地面に落ちてしまいました。

側近はゆきを長のもとへ手足を縛ったまま連れて行きました。「この娘が茶道家です」と言いました。

長は「そうか。若すぎるな。本当に上手かな。この娘の茶の湯を見てみたい。束縛を解いて」と言いました。

猿轡が外されてから、「助けて助けて助けて」とゆきは叫びましたが、狐の毛がないので、何事も起こりませんでした。

「この付近では、いくら叫んでも、誰も助けにはこない」と長は言いました。「一服立ててくれ」

しかたなくゆきはお手前を始めました。終った後で「本当に上手だぞ。大名の興味がなければ、俺はお前を芸者にするつもりだ」と長は言いました。

「めっそうもございません」とゆきは言いました。

「この娘を牢に連れて行って、そこに閉じ込めておけ」と長は言いました。

牢に閉じ込められてから、ゆきは泣きながら眠ってしまいました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十二章  ゆきはどこだ? Where is Yuki?

Yuki's Story
 

第十二章

ゆきはどこだ?

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

次の朝、女将が起きると、ゆきが見当たりません。「あの子は一体どこだろう?」と思いました。「まだお城にいるかな?」

それから女将は城に急いで行きました。城に着いてから「温泉の女将です。昨晩、うちの茶道家は若殿に振舞うためにこちらに参りましたけど、温泉に帰ってきませんでした。まだ城におりますか」と守衛に聞きました。

「ここで待つように」と守衛は言いました。

間もなく家老が門に来ました。「昨夜、茶道家は温泉へ帰ったはずじゃ。そちらに着いていませんか」と聞きました。

「まだ戻っておりません」と女将は答えました。

「知らせに感謝致す。調べさせて茶道家を見つけよう。心配には及ばん」と家老は言いました。

それから女将は温泉へ帰り、家老は若殿に報告しました。守衛らはゆきの捜索を始めるように命じられました。

間もなく家老は若殿にまた報告しました。「若殿さま、道の途中でこの切れた毛の腕飾りと絹の切れ端を見つけました。争った形跡がありました」

「そうか。その場所に案内しなさい。守衛と猟犬を連れていってくれ」と若殿は言いました。

そして、若殿たちは城を後にしました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十三章 一本の毛 A Single Hair

Yuki's Story
 

第十三章

一本の毛

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

一方、ゆきは目覚めました。「腕飾りがないから、狐は来なかったんだろう」と思いました。「腕飾りが切れた時に、狐の毛が少し着物にくっ付いたかも知れない。もし狐の毛が一本だけでも見つけられるなら、狐を呼ぶことが出来るかもしれない」

それからゆきは死に物狂いで着物で狐の毛を探しました。やっとのことで短い毛を一本見つけました。毛を両手に持ちながら「助けて助けて助けて」と言いました。

あっと言う間に一匹、二匹、ついには百匹の狐が牢に現れました。「狐さま、この牢から助け出してくださいませんか」とゆきは頼みました。

「どうしてもっと早く呼ばなかったのですか」と狐は聞きました。

「実は呼びたかったんですが、不意に襲われましたし、猿轡をかまされてしまいま した。争いの最中に毛で作った腕飾りが切れて落ちてしまったんです。この短い毛一本を見つけるまで、呼べなかったんです」とゆきは答えました。

それから狐たちは壁の下に穴を掘って、忍者を追いかけ、牢の鍵を見つけました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十四章 救出 The Rescue

Yuki's Story
 

第十四章

救出

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

一方、家老は若殿を腕飾りを見つけた場所に案内しました。若殿は「犬に匂いを嗅がせなさい」と言いました。

犬は絹の布地を嗅がせられて、吠え始め、道に沿って走り始めました。

間もなく「畜生!妖怪が!」と聞こえてきました。

「早く!奴らを逃がしてはならない!」と若殿は言いました。

守衛らは若殿と共に忍者を襲いました。一方、忍者の砦の中、ゆきはどよめきの音を聞いて、窓の方に行きました。「若殿さまです!狐さま、若殿さまを助けてくださいませんか」と頼みました。

狐は「そのようなことはできません。若殿は男なので、自分の戦いは自分で戦わなければなりません」と答えました。「ここで待っていてください。戦いが終わるまで、君を守ります」

「はい。戦いが終わるまで、ここで待ちます」とゆきは答えました。

それから若殿は守衛らと共に忍者の大部分を捕らえましたが、残りの忍者は逃げました。

「ゆき殿はどこだ」と若殿は忍者に言いました。

「ここです」とゆきは入口で言いました。

「ゆき殿!大丈夫ですか」と若殿は言いました。「これを落としたでしょう?」腕飾りを見せました。

「あっ!それ、無くしてたんです。若殿さま、腕飾りを見つけて、返してくださって、さらには私をも助けてくださるなんて、本当にありがとうございます」とゆきは言いました。

「礼には及ばん」と若殿は答えました。

「狐さま、私を脱獄させて、守ってくださってどうもありがとうございます」とゆきは答えました。

狐は「どういたしまして。他にも君を守ってくれる人がいるようですね。もう一度だけ僕を呼んでも構いません。頑張ってください」と言いました。

「がんばります」とゆきは答えました。

「ゆきさんと結婚するつもりです。もし、狐どのが結婚式に参加していただけたら、大変光栄です」と若殿は言いました。

「そうですか。普段なら私は人間の営みとは関係を持たないのですが、このお嬢さんは特別です。きっと結婚式に参加できるでしょう」と狐は答えました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十五章 大名 The Lord

Yuki's Story
 

第十五章

大名

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

結婚までの計画を立て始めました。日取りを決めて、殿様に招待状を送りました。

隣の国の大名にも招待状を出しました。しかし、大名は招待状が気に入りません。

「あの女は前の大名の娘なのか?」と大名は忍者の長に言いました。

「大きな町の若殿はそう言っています」と長は答えました。

「娘は前は囚人だったのか?」と大名は聞きました。

「はい」と長は答えました。

「娘が生きていては、我々の悪事がばれてしまう。その若殿の家族は前々から私が大名になることに反対した。若殿が娘の正当な継承者としての力を持てば、私は今の地位を失ってしまうではないか!なんで殺さないのか?!」と大名は叫びました。

「大名さまは茶道家と結婚したいのかも知りませんし、命令をいただいておりませんし…」

「黙れ!考えておるところだ!あっ!私が娘と結婚すれば、誰も継承を阻止できない!」

「素晴らしい考えでございます、大名さま」

「どうしたら結婚できるかな。もうすぐ若殿と結婚するであろう」

「もし結婚式の前に娘を連れ去れば、大名さまは娘と結婚できるかも知れません」

「黙れ!今考えておるところだ。そんなに一度に言われたら、考えることができん。あっ!娘を連れ去れば、結婚できるのか!」

「よい考えでございます。しかし、娘は狐に守られているようでございます」

「そのようだな。どうすれば妖怪を避けて、あの娘を手に入れることができるのか?」

「噂では鬼の助けを得て、前の大名を倒したということです」

「あーもう、話が長くて、ちっとも考えられないのだ!あっ、もう一度鬼の助けを得ればいいのか」

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十六章 鬼 The Oni

Yuki's Story
 

第十六章

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

次の日、大名は忍者の長と家来と一緒に山へ向かって馬を走らせていました。間もなく岩屋の入口に着きました。

大名は「ここで待て。どんなことが起こっても、着いてきてはいけない」と言いました。

「大名さま、その場所は危ないようです。誰かお供を連れて行った方がいいのでは…」と、長が勧めました。

「この岩屋の住人の力は、私を殺したければ、兵が全員でかかってもかなわないほどのものだ。このより先は、わし一人で行かなければならん」と大名は答えました。

それから大名はろうそくを点して、岩屋の入口に入りました。間もなく大きな洞窟に来ました。いきなり、太い声が聞こえました。「俺さまの住まいに入って来たのは誰だ?」

大名は深く会釈しました。「鬼さま、昔、力をお貸しいただいた者でございます。もう一度手伝ってくださいませんか」と言いました。

鬼は「毎週牛を一匹近くの牧場から取っている。別な味が欲しい時に、娘を一匹百姓の家から取っている。今度手伝ったら、何をくれるのだ?」と言いました。

「前の大名の娘はまだ生きていて、隣の国の大きな町に住んでいるようです。娘と結婚するために、彼女を誘拐してくださいませんか。娘さえ手に入るならば、町を全部滅ぼしても構いません」と大名は答えました。

「なぜ人間の家来を使わないのか」と鬼は聞きました。

「実は、娘は狐で守られているようです。領地にいた忍者が誘拐しようとしましたが、狐が助けてしまいました」と答えました。

「狐?煩わしい奴等だ。昔から狐が大嫌いだ。よしじゃあ、やってみよう」

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十七章 家来の不満 The Retainer's Complaint

Yuki's Story
 

第十七章

家来の不満

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

一方、岩室の入り口の前で、忍者の長は家来と待っていました。

家来たちは周りを戦々恐々と見渡していました。その内の一人は「ここは嫌な場所だ。この近くに鬼がいつも攻めてくるそうだね。山に行いってその原因を調べればいいのに、どうして山に行くことを禁止してるのかな」と言いました。

その話を聞くとすぐに、家来は全員静かになっておろおろと忍者の方を伺いました。間もなく、家来の長は大きな声で「そいつはいつも冗談ばかり言っているんだよ」と言って最初の家来を脇へ引き込めて、耳打ちしました。「馬鹿者!あの忍者は大名の目と耳のような者だ。死にたいのか?」

最初の家来の顔が青くなりました。「申し訳ございません、頭。忍者のことを考えていませんでした。実は、家内の家族がこの近くに住んでいて、最近大変な生活を送っています。前の大名の時代…」

「黙れ!それは禁句だぞ」

その瞬間、大名が岩屋から出てきました。「ここでの用事は終わった。城へ戻ろう」と言いました。

馬で城へ戻る間に、忍者の長は大名の隣に座りました。「大名さま、恐れ多くも、家来と一緒にあそこに行くことは、あまり良い考えではなかったかと存じます。そんなことをしたら、家来たちは怖がって、大名様のために戦うことには度胸をなくしてしまうんじゃないでしょうか」と言いました。

「仕方ない。護衛のない旅は安全ではないからな」と大名は答えました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

第十八章  鬼の襲撃 The Oni's Attack

Yuki's Story
 

第十八章

鬼の襲撃

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

間もなく、若殿とゆきの結婚式の日になりました。いろいろな殿様たちが、結婚式を見るためにその大きな町に来ました。そして狐も、人間の姿に化けた後で来ました。しかし、隣の国の大名は来ませんでした。

結婚披露宴は城の庭で行われました。綺麗な花が四方八方で見られました。本当に素晴らしい日でした。

突然、町から叫び声が聞こえました。すかさず、家老は大きな町の殿様に近寄りました。「殿様、巨漢の鬼が町の家を壊して城の方へ来るようでございます」と知らせました。

「息子と一緒に兵を駆り集めろ。わしの甲冑と武器を整えさせろ」と殿様は家老に言いました。それから客人たちの方に向いて大きな声で言いました。「皆様、残念ですが、大変なことが起こっています。早く城の中に入ってください」

間もなく、ほとんどの客人たちが城に入った後で、若殿は兵と一緒に外曲輪の上に向かいました。そうこうしているうちに、鬼は外曲輪までやってきました。鬼が、兵を無視して外曲輪の上を見渡したとき、その中に一人の女性が見えました。そのきれいな女性は、恐怖で凍り付くようにして立っていました。「ほほう」と鬼は笑いました。「そいつは大名が話していた娘だろう。お前、俺様と来い」と言って庭に手を伸ばして女性を掴み取りました。

それを見た時、若殿は「しまった、ゆきが!止めろ