Studying Japanese with the Bible

Use the Bible to improve your Japanese!

1 John Chapter 1

1 John Chapter 1
新改訳 Shinkaiyaku translation

1 John Chapter 1

ヨハネの手紙 第一 1 章

HELP!
-or-
A stroll in the park with Kanji

1 That which was from the beginning, which we have heard, which we have seen with our eyes, which we have looked upon, and our hands have handled, of the Word of life;

1 初 ( はじ ) めからあったもの、 私 ( わたし ) たちが聞 ( き ) いたもの、 目 ( め ) で 見 ( み ) たもの、 じっと見 ( み ) 、また手 ( て ) でさわったもの、すなわち、いのちのことばについて、 初 め から = From The beginning
もの = thing, person
私たち = we, us
聞いた = heard
目 = eye
見 = see
じっと = still, patient (look for a while)
また = and
手 = hand
さわった = touched
すなわち = that is to say
いのち = life
ことば = word
について = about, by
2 (For the life was manifested, and we have seen it, and bear witness, and shew unto you that eternal life, which was with the Father, and was manifested unto us;) 2 ─このいのちが現 ( あら ) われ、私たちはそれを見たので、そのあかしをし、あなたがたにこの永遠 ( えいえん ) のいのちを伝 ( つた ) えます。すなわち、御父 ( おんちち ) とともにあって、私たちに現わされた永遠のいのちです。─ いのち - life
現われ - appear
ので - because, since
あかし - proof, evidence
あなたがた - You (pl.)
永遠 - eternal
伝えます - transmit, tell
すなわち - that is to say
御父 - The Heavenly Father
ともに - together, both
3 That which we have seen and heard declare we unto you, that ye also may have fellowship with us: and truly our fellowship is with the Father, and with his Son Jesus Christ. 3 私たちの見たこと、聞いたことを、あなたがたにも伝えるのは、あなたがたも私たちと交 ( まじ ) わりを持 ( も ) つようになるためです。私たちの交わりとは、御父および御子 ( みこ ) イエス・キリストとの交わりです。 交わり - meet, fellowship
持つ - to hold, have
ように なる ため - in order for this thing (fellowship) to become / occur
および - and, as well as
4 And these things write we unto you, that your joy may be full. 4 私たちがこれらのことを書 ( か ) き送 ( おく ) るのは、私たちの喜 ( よろこ ) びが全 ( まった ) きものとなるためです。 これらのこと - these things
書 ( か ) き
送る - send
喜び - joy
全き - complete, full
ため - for, in order to, because of
5 This then is the message which we have heard of him, and declare unto you, that God is light, and in him is no darkness at all. 5 神 ( かみ ) は光 ( ひかり ) であって、神のうちには暗 ( くら ) いところが少 ( すこ ) しもない。これが、私たちがキリストから聞いて、あなたがたに伝える知 ( し ) らせです。 光 - light
暗い ところ - dark place ; dark part
少しもない - not even a little
6 If we say that we have fellowship with him, and walk in darkness, we lie, and do not the truth: 6 もし私たちが、神と交わりがあると言 ( い ) っていながら、しかもやみの中 ( なか ) を歩 ( あゆ ) んでいるなら、私たちは偽 ( いつわ ) りを言っているのであって、真理 ( しんり ) を行 ( おこな ) ってはいません。 もし - if
~ がある - have ~
ながら - if
しかも - and yet
やみ - darkness
中 を歩んで - walk in the midst of ~
~ なら - if
偽り - - a lie
真理 - truth
行って - do, act
7 But if we walk in the light, as he is in the light, we have fellowship one with another, and the blood of Jesus Christ his Son cleanseth us from all sin. 7 しかし、もし神が光の中におられるように、私たちも光の中を歩んでいるなら、私たちは互 (たが) いに交わりを保 (たも) ち、御子イエスの血 (ち) はすべての罪 (つみ) から私たちをきよめます。 しかし - but, however
おられる - keigo of いる
~ ように - like ~ , similiar to ~
互い - each other
交わり - fellowship
保ち - keep
血 - blood
すべて の 罪 から - from all sins
きよめます - clean, purify
8 If we say that we have no sin, we deceive ourselves, and the truth is not in us. 8 もし、罪はないと言うなら、私たちは自分 (じぶん) を欺 (あざむ) いており、真理 (しんり) は私たちのうちにありません。 罪はない - have no sin
言うなら - if ~ said
自分 - one's self
欺 く - to deceive, to cheat
真理 - truth
私たちのうち - within ourselves
9 If we confess our sins, he is faithful and just to forgive us our sins, and to cleanse us from all unrighteousness. 9 もし、私たちが自分の罪を言い表 (あらわ) すなら、神は真実 (しんじつ) で正 (ただ) しい方 (かた) ですから、その罪を赦 (ゆる) し、すべての悪 (あく) から私たちをきよめてくださいます。 言い表す - express, describe(confess)
真実 - truth, reality
正しい 方 - right, correct being (the one who is correct)
赦し - to forgive
悪 - evil, bad
きよめ る - purify, clean
10 If we say that we have not sinned, we make him a liar, and his word is not in us. 10 もし、罪を犯 (おか) してはいないと言うなら、私たちは神を偽り者 (いつわりもの) とするのです。神のみことばは私たちのうちにありません。 犯して - commit, violate
偽り 者 - liar ( lie + person )
みことば - The Word (" み " denotes honor)

1 John Chapter 2

1 John Chapter 2
新改訳 Shinkaiyaku translation

1 John Chapter 2

ヨハネの手紙 第一 2 章

HELP!
-or-
A stroll in the park with Kanji

1 My little children, these things write I unto you, that ye sin not. And if any man sin, we have an advocate with the Father, Jesus Christ the righteous:

1 私の子どもたち。 私がこれらのことを書き送るのは、あなたがたが罪を犯さないようになるためです。もしだれかが罪を犯したなら、私たちには、御父の御前で弁護してくださる方があります。 それは義なるイエスキリストです。 私 watashi I, me
子 ko child
子どもたち children
書き kaki write
送る okuru send
罪 tsumi sin, crime
犯さない okasanai to commit (a sin) - the ない nai part means negative, so this means don't commit a sin
御父 michichi The Holy Father
御前 mimae In His Holy Presence (lit. honored in front of)
方 kata person
義なる gi naru right; righteous
イエス iesu Jesus, Yeshua
キリスト kirisuto Christ, Messiah
2 And he is the propitiation for our sins: and not for our's only, but also for the sins of the whole world. 2 この方こそ、私たちの罪のための、ー私たちの罪だけでなく全世界のための、ーなだめの備え物なのです。 この kono - this
方 kata - person
この方こそ kono kata koso - This person ( koso is for emphasis
私たちの watashitachi no - our
罪のため tsumi no tame - for our sins, because of our sins
だけでなく dake denaku - not only, not just
全世界 zen sekai - all the world
ため tame - for, for the benefit of
備え物 sonae mono - an offering
3 And hereby we do know that we know him, if we keep his commandments. 3 もし、私たちが神の命令を守るなら、それによって、私たちは神を知っていることがわかります。 もし moshi - if
神 kami - God
命令 meirei - order, commandment
守る mamoru - protect, keep
なら nara - if
それによって sore ni yotte - by this, through this
知っている shitteiru - know, knowing
ことがわかります koto ga wakarimasu - thing (previous thing) is understood
4 He that saith, I know him, and keepeth not his commandments, is a liar, and the truth is not in him. 4 神を知っていると言いながら、その命令を守らない者は、偽り者であり、真理はその人のうちにありません。 言いながら ii nagara - if (you) say
その命令 sono meirei - that commandment
守らない者 mamoranai mono - person who doesn't keep (the commandment)
偽り者 itsuwari mono - a liar
であり de ari - there exists
真理 shin ri - the truth
その人のうち sono hito no uchi - in that person
ありません arimasen - is not, has not
5 But whoso keepeth his word, in him verily is the love of God perfected: hereby know we that we are in him. 5 しかし、みことばを守っている者なら、その人のうちには、確かに神の愛が全うされているのです。それによって、私たちが神のうちにいることがわかります。 しかし shikashi- but, however
みことば mikotoba - the Word (God's Word)
守っている者 mamotteiru mono - person who keeps...
なら nara - if
確かに tashikani - surely, certainly
神の愛 kami no ai - God's Love
全う mattou - accomplish, complete
されている sareteiru - received (the previous verb was done to the receiver of the action)
6 He that saith he abideth in him ought himself also so to walk, even as he walked. 6 神のうちにとどまっていると言う者は、自分でもキリストが歩まれたように歩まなければなりません。 神のうちに kami no uchi ni - in God, with God
とどまっている domatteiru - staying, abiding
と言う者 to iu mono - a person such as that
自分 jibun - oneself
でも demo - even
歩まれたように ayumareta you ni - like (he) walked
歩まなければなりません。 ayumanakereba narimasen - must walk, have to walk
7 Brethren, I write no new commandment unto you, but an old commandment which ye had from the beginning. The old commandment is the word which ye have heard from the beginning. 7 愛する者たち。私はあなたがたに新しい命令を書いているのではありません。むしろ、これはあなたがたが初めから持っていた古い命令です。その古い命令とは、あなたがたがすでに聞いている御言葉のことです。
8 Again, a new commandment I write unto you, which thing is true in him and in you: because the darkness is past, and the true light now shineth. 8 しかし、私は新しい命令としてあなたがたに書き送ります。これは、キリストにおいて真理であり、あなたがたにとっても真理です。なぜなら、闇が消え去り、まことの光がすでに輝いているからです。
9 He that saith he is in the light, and hateth his brother, is in darkness even until now. 9 光の中にいると言いながら、兄弟を憎んでいる者は、今もなお、闇の中にいるのです。
10 He that loveth his brother abideth in the light, and there is none occasion of stumbling in him. 10 兄弟を愛する者は、光の中にとどまり、つまづくことがありません。
11 But he that hateth his brother is in darkness, and walketh in darkness, and knoweth not whither he goeth, because that darkness hath blinded his eyes. 11 兄弟を憎む者は、闇の中におり、闇の中を歩んでいるのであって、自分がどこへ行くのか知らないのです。やみが彼の目を見えなくしたからです。
12 I write unto you, little children, because your sins are forgiven you for his name's sake. 12 子どもたちよ。私があなたがたに書き送るのは、主の御名によって、あなたがたの罪が赦されたからです。
13 I write unto you, fathers, because ye have known him that is from the beginning. I write unto you, young men, because ye have overcome the wicked one. I write unto you, little children, because ye have known the Father. 13 父たちよ。私があなたがたに書き送るのは、あなたがたが初めからおられる方を知ったからです。若い者たちよ。私があなたがたに書き送るのは、あなたがたが悪いものに打ち勝ったからです。
14 I have written unto you, fathers, because ye have known him that is from the beginning. I have written unto you, young men, because ye are strong, and the word of God abideth in you, and ye have overcome the wicked one. 14 小 さい者たちよ。私があなたがたに書いてきたのは、あなたがたが御父を知ったからです。父たちよ。私があなたがたに書いてきたのは、あなたがたが、初めから おられる方を知ったからです。若い者たちよ。私があなたがたに書いてきたのは、あなたがたが強い者であり、神の御言葉が、あなたがたのうちにとどまり、そ して、あなたがたが悪い者に打ち勝ったからです。
15 Love not the world, neither the things that are in the world. If any man love the world, the love of the Father is not in him. 15 世をも、世にあるものをも、愛してはなりません。もし誰でも世を愛しているなら、その人のうちに御父を愛する愛はありません。
16 For all that is in the world, the lust of the flesh, and the lust of the eyes, and the pride of life, is not of the Father, but is of the world. 16 すべての世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、暮らし向きの自慢などは、御父から出たものではなく、この世から出たものだからです。
17 And the world passeth away, and the lust thereof: but he that doeth the will of God abideth for ever. 17 世と世の欲は滅び去ります。しかし、神の御心を行う者は、いつまでもながらえます。
18 Little children, it is the last time: and as ye have heard that antichrist shall come, even now are there many antichrists; whereby we know that it is the last time. 18 小さい者たちよ。今は終わりの時です。あなたがたが反キリストの来ることを聞いていたとおり、今や多くの反キリストが現れています。それによって、今が終わりのときであることがわかります。
19 They went out from us, but they were not of us; for if they had been of us, they would no doubt have continued with us: but they went out, that they might be made manifest that they were not all of us. 19 彼らは私たちの中から出て行きましたが、もともと私たちの仲間ではなかったのです。もし私たちの仲間であったのなら、私たちといっしょにとどまっていたことでしょう。しかし、そうなったのは、彼らが皆私たちの仲間でなかったことが明らかにされるためなのです。
20 But ye have an unction from the Holy One, and ye know all things. 20 あなたがたには聖なる方からの注ぎの油があるので、だれでも知識を持っています。
21 I have not written unto you because ye know not the truth, but because ye know it, and that no lie is of the truth. 21 このように書いてきたのは、あなたがたが真理を知らないからではなく、真理を知っているからであり、また、偽りはすべて真理から出てはいないからです。
22 Who is a liar but he that denieth that Jesus is the Christ? He is antichrist, that denieth the Father and the Son. 22 偽り者とは、イエスがキリストであることを否定する者でなくてだれでしょう。御父と御子を否認する者、それが反キリストです。
23 Whosoever denieth the Son, the same hath not the Father: he that acknowledgeth the Son hath the Father also. 23 だれでも御子を否認する者は、御父を持たず、御子を告白する者は、御父をも持っているのです。
24 Let that therefore abide in you, which ye have heard from the beginning. If that which ye have heard from the beginning shall remain in you, ye also shall continue in the Son, and in the Father. 24 あながたがたは、初めから聞いたことを、自分たちのうちにとどまらせなさい。もし初めから聞いたことがとどまっているなら、あなたがたも御子および御父のうちにとどまるのです。
25 And this is the promise that he hath promised us, even eternal life. 25 それがキリスト御自身の私たちにお与えになった約束であって、永遠の命です。
26 These things have I written unto you concerning them that seduce you. 26 私は、あなたがたを惑わそうとする人たちについて以上のことを書いてきました。
27 But the anointing which ye have received of him abideth in you, and ye need not that any man teach you: but as the same anointing teacheth you of all things, and is truth, and is no lie, and even as it hath taught you, ye shall abide in him. 27 あ なたがたのばあいは、キリストから受けた注ぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、誰からも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべて のことについて、あなたがたを教えるように、-その教えは真理であって偽りではありません。-また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキ リストのうちにとどまるのです。
28 And now, little children, abide in him; that, when he shall appear, we may have confidence, and not be ashamed before him at his coming. 28 そこで、子どもたちよ。キリストのうちにとどまっていなさい。それは、キリストが現れるとき、私たちが信頼を持ち、その来臨のときに、御前で恥じ入るということのないためです。
29 If ye know that he is righteous, ye know that every one that doeth righteousness is born of him. 29 もしあなたがたが、神は正しい方であると知っているなら、義を行うものがみな神から生まれたこともわかるはずです。

Interesting Words from the Japanese Bible

Today's topic is looking at common, interesting words found in the Japanese Bible.  As you may know from reading in English, the Bible is full of interesting and, well, sometimes strange words.  The same is true in Japanese.  The good news is most of these words are very useful in everyday life. (maybe)

CONTENTS:

1. 奇跡 kiseki - miracle
2. 祝福 shuku fuku - a blessing, being blessed
3. 永遠 eien - forever, eternity
4. 幻 maboroshi - a vision
5. 告白 koku haku - confess; a confession

LET'S BEGIN:

1) 奇跡 kiseki - miracle

EXAMPLE:

私の日本語能力は奇跡的です。
watashi no nihongo nouryoku wa kiseki teki desu.
My Japanese ability is miraculous! (lit. As for my Japanese's ability, it is miraculous!) (let's be modest here)

WORDS:

NOTE: If you want to make this a compliment regarding someone's English, simply change 私 watashi (I) to あなた anata (you) and 日本語 nihongo (Japanese) to 英語 eigo (English)

 

2) 祝福 shuku fuku - a blessing, being blessed

EXAMPLE: 

ゴジラはキティちゃんから祝福のキスをされました。
gojira wa kiti-chan kara shukufuku no kisu wo saremashita.
Godzilla was blessed by a kiss from Hello Kitty.

WORDS:

3) 永遠 eien - forever, eternity

EXAMPLE:

永遠に愛する。
eien ni ai suru .
I will love you always (until eternity)

WORDS:

4) maboroshi - a vision

EXAMPLE: 

夢か幻か
yume ka, maboroshi ka...
Is this a dream, or a vision...?

WORDS:

NOTE: this is apparently a famous line from "a vision of escaflowne"

- AND FINALLY FOR NOW: -

5) 告白 koku haku - confess; a confession

EXAMPLE:

あなたの愛を告白して下さい。
anata no ai o kokuhaku shite kudasai.
Confess your love!

WORDS:

James Chapter 1

NOTE: This version is non-copyrighted. Please feel free to print it and give it to others.

新約聖書 : 口語訳 by  東京 : キリスト新聞社, 1946, The New Testament, In Colloquial Japanese, The Christ Weekly


ヤコブ の 手紙

第一章

1:1 神 と 主 イエス ・ キリスト との 僕 である ヤコブ から、 外地に 散らされている 十二の支族へ。 御機嫌よう。

1:2 ー 3 私の兄弟たちよ、 あなた方 が いろいろ苦しみ に 出あった場合には、 あなた方の 信仰の試み は 忍耐 を 生ずること を 知って、 すべてを 喜び と 考えなさい。

1:4 そして、 あなた方が 完全な、 充実した、 少しも 欠点のない者欠点 となれるように、 忍耐 を 十分に 働かせなさい。

1:5 もし あなた方の 誰か が 知恵の足りない 場合には、 その人 は 惜しみなく すべて の人に与えて咎めることをなさらない神に、求めるがよい。そうすれば、それは与えられるであろう。

1:6 信じて求めよ、疑ってはいけない。疑う人は、実に、風に弄ばれ動かされる海の波のようである。

1:7 こういう人は主から何かを頂けると考えてはならない。

1:8 二心のある人はどんな道に進んでも安定しない。

1:9  身分の低い兄弟は高くされたことを誇り、

1:10 富んでいる人は卑 (ひく) くされたことを誇るがよい。というのは、すべては草花のように過ぎ去るであろうから。

1:11 太陽が昇り、焼けるような暑さが来れば、それは草を枯らす。そして、その花は落ち、その顔の美しさは亡びてしまう。このように、富んでいる人も、その営みのさなかに消失せるであろう。

1:12 試練に耐える人は幸いである、何故ならば、試練に勝った人は、神を愛する者に約束されている生命の冠を受けるであろうから。

1:13 誘惑にあっている者は、「私は神から誘惑されている、」と言わないようにしよう。神は悪に誘惑されず、また誰をも誘惑し給わないからである。

1:14 人は自らの欲に迷わされ、捉えられて、誘惑されるのである。

1:15 そこで、欲が孕んで罪を生み、罪が熟して死をもたらす。

1:16 私の愛する兄弟たちよ、騙されないようにしなさい。

1:17 すべての善い賜とすべての完全な御恵みとは、上からのものであり、光の父から降って来る。父のもとには変化というものはなく、陰影が廻って来ない。

1:18 彼は、私たちを、造られたものの初穂とするために、真理の御言葉によって御意のままに、お生みになった。

1:19 私の愛する兄弟たちよ、このことを知りなさい:すべての人は聞くに速く、話すに遅く、怒るに遅くあるようにしよう。

1:20 人の怒りは神の正義を行うものではないからだ。

1:21 だから、すべての汚れたものや、増し加わる悪を捨てて植えつけられた御言葉を、やさしい心持ちで、受けなさい。この御言葉はあなた方の魂を救うことができる。

1:22 そして御言葉を行う人となりなさい。自分を欺いて、聞くだけの人となってはならない。

1:23 御言葉を聞いて行わない人は、自分の生まれついた顔を鏡に映して見る人と同じである。

1:24 彼は自分を見るが、去るやいなや、自分がどんなであったかを忘れてしまう。

1:25 しかし完全な律法、即ち自由を与える律法を見つめて、忍ぶ人は、聞いて忘れる人ではなく、行いをする人であるから、その行いによって、祝福されるであろう。

1:26 もし人が自ら信心深くあると思い、その舌に轡をかけず、自分の心を欺くならば、この人の信心は空しい。

1:27 父なる神の前に清く汚れのない信心とは、困っている孤児、寡婦たちを訪れてやり、世俗に汚されないように自分を清く守ることである。

James Chapter 2

新約聖書 : 口語訳 by  東京 : キリスト新聞社, 1946, The New Testament, In Colloquial Japanese, The Christ Weekly

ヤコブ の 手紙

第二章

2:1 私の兄弟たちよ、私たちの主、栄光のイエス・キリストへの信仰を保って偏見をもたないようにしなさい。

2:2 もしあなた方の会堂に、金の指輪をはめ立派な着物を着た人が入って来、またみすぼらしい着物を着た貧しい人が入って来たとしたならば、

2:3 そしてあなた方が立派な着物を着ている人に目をとめて、「どうぞ、ここにお座り下さい。」と言い、一方貧しい人に向かって、「そこに立っていなさい。」とか、「私の足元に座りなさい。」とか言うならば、

2:4  あなた方は自分たちの間に差別をつけ、悪い考えで事を裁く者となっているのではなかろうか。

2:5 聞きなさい、私の愛する兄弟たちよ、神はこの世の貧しい人々を、信仰に富む者として、神を愛する者に約束された御国の相続者として、選んで下さったではないか.

2:6 ところが、あなた方は貧しい人たちを軽蔑して来た。あなた方を虐げ、あなた方を裁判所に引き立てるのは、富んでいる人たちではないか。

2:7 あなた方の呼び名となっている尊い御名を汚す人たちは、彼らではないか。

2:8 もしほんとにあなた方が聖書に従って、「自分を愛するようにあなたの隣人を愛しなさい。」という最も高い律法を完全に守るならば、それがよいことである。

2:9 もし偏見を持つならば、あなた方は罪を犯し、律法によって犯罪者として罰せられる。

2:10 というのは、律法のすべてを守っても、その一点を犯した者は律法全体を犯した者となるからである。

2:11 だから、「姦淫してはいけない」と言われた方は、また「殺してはいけない」と言われている。そこで、姦淫はしなくとも殺すならば律法を犯す者となる。

2:12 だから、自由を与える律法によってやがて裁かれるべき者として、語りかつ行いなさい。

2:13  実に、憐れみを示さなかった者への裁きには、憐れみはないのである。憐れみは裁きに勝つ。

2:14 私の兄弟たちよ、誰かが信仰を持っていると言いながら、行いをもたなかったならば、それが何になるか。その信仰は彼を救うことができるであろうか。

2:15 もし兄弟または姉妹が裸であり、毎日の食物にもこと欠く場合、

2:16  あなた方の或る人が、彼らに向かって、「安らかに行きなさい、温かに着て十分に食べなさい」と言っただけで、その身体に必要なものを与えなかったならば、それが何になるか。

2:17  だから信仰は、行いを伴わないならば、それだけでは死んだものである。

2:18  しかし或る人はこう言うであろう:「あなたは信仰をもっている。そして私には行いがある。私に行いの伴わないあなたの信仰を見せなさい。そうすれば私は、私の行いによって、あなたに信仰を見せてあげよう。」

2:19  あなたは神は一つであると信ずる。それはよろしい。悪鬼でさえもそう信じて、恐れおののいている。

2:20  愚かな人たちよ、行いの伴わない信仰は実を結ばないということを知りたいか。

2:21  私たちの先祖アブラハムは、その息子のイサクを祭壇の上にささげた時、その行いによって義とされたのではなかったか。

2:22  信仰は、彼の行いと共に働き、その行いによって信仰が全うされたことを、あなたは見る。

2:23  「アブラハムは神を信じた、そして義と認められた」という聖書の言葉は、このようにして実現された。そしてアブラハムは神から友と呼ばれた。

2:24 だから人は行いによって義とされるので、信仰によるだけでは義とされないことがわかる。

2:25 同じく娼婦ラハブも使者たちを迎えて、他の道から送り出した時に、その行いによって義とされたではないか。

2:26 実に、霊魂のない体が死んでいるように、行いのない信仰は死んでいるのである。

James Chapter 3

新約聖書 : 口語訳 by  東京 : キリスト新聞社, 1946, The New Testament, In Colloquial Japanese, The Christ Weekly

ヤコブ の 手紙

第三章

3:1 私の兄弟たちよ、神の裁きの厳しいことを知って、多くの者が教師にならないようにしなさい。

3:2 実際、私たちは皆多くの過ちを犯す。そして言葉の上で過ちを犯さない者は完全な人であり、全身をも手綱で引き廻すことができる。

3:3 さて、馬を自由に使うために、私たちはその口に轡をかける。そうすれば、私たちは馬の全身を引き廻すことが出来る。

3:4 また舟を見るがよい。それは大きく、そして激しい風に追いやられるが、小さな舵によって、舵手の目ざすところへ導かれて行く。

3:5 このように、舌は体の小さな器官であるが、大きなことを言う。ご覧、小さな火がどんなに大きな森林を焼くかを。

3:6 そして舌は火であり、不義を働く世界である。舌は私たちの諸器官の一つであり、全身を汚し、地獄から燃え上って、一生の車輪を燃やす。

3:7 すべての種類の獣類も、鳥類も、地を這うものも、海に居るものも、人類によって制御されて居り、また制御されて来た。

3:8 しかし誰も人の舌を制御し得る者はない。それは休むことのない悪であり、殺人的な毒に満ちている。

3:9 この舌で私たちは、主であり父である方をほめ、この舌で神の像 (かたち) に似せて造られた人間を呪う。

3:10 同じ口から賛美と呪いとが出て来る。私の兄弟たちよ、このようなことはあるべきではない。

3:11 泉は同じ穴から甘い水と苦い水とを出すことができるか。 3:12 私の兄弟たちよ、無花果がオリブの実を産し、またぶどうが無花果の実を結ぶことが出来るか。このように、甘い水は塩からい水を出し得ない。

3:13 あなた方の中で、誰かが知恵があり、悟りがあるか。その人は自分の善い生活によって、知恵のやさしい行いを示しなさい。

3:14 しかし、もしあなた方が心の中に苦い嫉みや私心をもっているならば、誇るな、真理を偽るな。

3:15 こういう知恵は、上から来るものではなく、地上のもので、動物的のものであり、悪魔的である。

3:16 というのは、嫉妬と利己心とのあるところには、混乱とあらゆる悪習とがあるからである。

3:17 しかし上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和であり、公平であり、寛容であり、温順であり、あわれみと良い実とに満ち、偏らず、不誠実でない。

3:18 義の収穫は、平和にする人々によって、平和の中に蒔かれるのである。

James Chapter 4

新約聖書 : 口語訳 by  東京 : キリスト新聞社, 1946, The New Testament, In Colloquial Japanese, The Christ Weekly

ヤコブ の 手紙

第四章

4:1 何が戦争を起こさせるか、また何があなた方の中に闘争を引き起こすか。あなた方の肢体の内にあって戦っている、あなた方の情欲ではないか。

4:2 あなた方は欲望するが、得られない。そこで人を殺す。貪るが、取れない。そこで闘争し、戦争する。あなた方は求めないから得られないのだ。

4:3 あなた方は求めるが、自分の欲情のために用いようとして、悪い下心をもって求めるから、受けられないのだ。

4:4 不信な人々よ、この世への愛情は神の敵であることを知らないのか。だから、この世を愛しようと思う者は神の敵となるのである。

4:5 「神は私たちの心に住ませた霊を妬ましいほどに慕っていると言われる、」と聖書に記してあることをあなた方は無益だと思っているのか。

4:6 しかし神はますます豊かに恵みを与えられる。だから聖書はこう言う:「神は傲慢な者に反対し、謙遜な者に恵みを与えられる。」

4:7 それ故に、神に従いなさい。しかし悪魔には反抗しなさい。そうすれば、彼はあなた方から逃げて行くであろう。

4:8 神に近づきなさい。そうすれば、神はあなた方に近づいて下さるであろう。罪人たちよ、手を清めなさい。そして二心を抱く人々よ、心を清めなさい。

4:9 悩み、悲しみ、泣きなさい。あなた方の笑いを悲嘆に変え、喜びを落胆に変えなさい。

4:10 主の御前にへりくだりなさい。そうすれば神はあなた方を高くして下さるであろう。

4:11 兄弟たちよ、互いに悪口を言い合うな。兄弟を謗り、兄弟を裁く者は、律法を謗り、律法を裁く者である。もし律法を裁くならば、あなたは律法を行う人ではなく、審判者である。

4:12 立法者と審判者とは一人であり、人を生かし、そして亡ぼすことの出来る方である。隣人を裁くあなたは一体誰なのか。

4:13 まあ聞きなさい、「今日か明日か、私たちはあの町に行こう、そして一年間そこに滞在して商売をしてもうけよう、」という人たちよ。

4:14 あなた方には明日のことはわからない。あなた方の生命は何であるか。実にあなた方は暫く現れて忽ち消え失せる霧である。

4:15 そう言わないでこう言うべきだ:「主の御心ならば、私たちは生きて居て、これかあれかをしよう。」

4:16 ところが、あなた方は思い上がって誇っている。すべてこのように誇ることは悪である。

4:17 善を行うべきことを知りながら、それを行わない人にとっては、そのことは罪である。

James Chapter 5

新約聖書 : 口語訳 by  東京 : キリスト新聞社, 1946, The New Testament, In Colloquial Japanese, The Christ Weekly

ヤコブ の 手紙

第五章

5:1 まあ聞きなさい、富んでいる人々よ。あなた方に降りかかって来るであろう難儀のために、泣き叫びなさい、

5:2 あなた方の富は朽ちて居り、あなた方の衣は虫が食っている。

5:3 あなた方の金と銀とは錆びている。その錆はあなた方の何者であるかを証明し、あなた方の肉を食うであろう。あなた方は、最後の日のために、火を蓄えているからである。

5:4 ご覧、あなた方が、労働者たちに畑を刈らせながら、支払ってやらなかった賃金が叫んでいる。そして刈った人々の叫び声はすでに万軍の主の耳に達している。

5:5 あなた方は地上にあって奢り楽しんで来た。それは屠らるべき日のために、あなた方の心を肥えふとらせているのである。

5:6 あなた方は義人を罰し、これを殺した。彼はあなた方に抵抗しないであろうか。

5:7 だから、兄弟たちよ、主の来られるまで堪え忍びなさい。ご覧、農夫は地の貴い収穫を得ようとして、早い雨と、晩い雨の降るのを堪え忍んで待っている。

5:8 あなた方もまた堪え忍びなさい。主の来られることは近づいているから、心を確りと保ちなさい、

5:9 兄弟たちよ。他人に裁かれないように、互いに怨み言を言いなさるな。ご覧、裁く方は門口に立って居られる。

5:10 兄弟たちよ、主の名によって語った預言者たちを苦難と忍耐との模範としなさい。

5:11 そうだ、忍耐する人を私たちは幸福であると言う。あなた方はヨブの忍耐を聞いている、また主のなさったことの終わりを見た、如何に主が同情深くあわれみ深かったかを見た。

5:12 さて、私の兄弟たちよ、何よりも先ず、誓いをしてはならない。天を指し、また地を指して誓ってはならない。又そのほかどんな誓いをもしてはならない。神の罰を受けないように、「然り」は「然り」、「否」は「否」と言いなさい。

5:13 あなた方のうちに苦しんでいる者があるか。その人は祈りなさい。喜んでいる人があるか。その人は賛美しなさい。

5:14 あなた方のうちに病人があるか。その人は教会の長老たちを招きなさい。長老たちは、主の名によって、彼にオリブ油をそそいで、彼のために祈ってやりなさい。

5:15 そうすれば、信仰による祈りは病む人を救うであろう。そしてし主は彼を立ち上がらせて下さるであろう。もし彼が罪を犯したのであれば、赦されるであろう。

5:16 だから癒されるために互いに罪を告白し、互いのために祈りなさい。正しい人の祈りは大きな力となって働く。

5:17 エリヤは私たちと同じ情をもっている人であった。彼は雨が降らないように祈りに祈った。すると三年六ヶ月も地に雨が降らなかった。

5:18 それから彼が再び祈ったところが、天は雨を与え地はその果 (み) を生じた。

5:19 私の兄弟たちよ、もしあなた方のうちで真理から迷い出ている者があって、誰かが、その人を引き戻したならば、

5:20 罪人を迷いの道から引き戻すことは、彼の魂を死から救うことであり、多くの罪を覆うことであると知りなさい。

Japanese Names for Books of the Bible

You will notice often the Japanese is much more faithful to the original Hebrew names than English! Take ヤコブ yakubu (James) for an example...

旧約聖書
kyuu yaku sei sho
The Old Testament
新約聖書
shin yaku sei sho
The New Testament
創世記 sou sei ki - Genesis
出エジプト記 shutsu ejiputo ki - Exodus
レビ記 rebi ki - Leviticus
民数記 min suu ki - Numbers
申命記 shin mei ki - Deuteronomy
ヨシュア記 yoshua ki - Joshua
士師記 shi ji ki - Judges
ルツ記 rutsu ki - Ruth
サムエル記第一 samueru ki dai ichi - I Samuel
サムエル記第二 samueru ki dai ni - II Samuel
列王記第一 retsu ou ki dai ichi - I Kings
列王記第二 retsu ou ki dai ni - II Kings
歴代誌第一 reki dai shi dai ichi - I Chronicles
歴代誌第二 reki dai shi dai ni - II Chronicles
エズラ記 ezura ki - Ezra
ネヘミア記 nehemia ki - Nehemiah
エステル記 esuteru ki - Esther
ヨブ記 yobu ki - Job
詩篇 shi hen - Psalms
箴言 shin gen - Proverbs
伝道者の書 den dou sha no sho - Ecclesiastes
雅歌 ga ka - The Song of Solomon
イザヤ書 izaya sho - Isaiah
エレミア書 eremia sho - Jeremiah
哀歌 ai ka - Lamentations
エゼキエル書 ezekieru sho - Ezekiel
ダニエル書 danieru sho - Daniel
ホセア書 hosea sho - Hosea
ヨエル書 yoeru sho - Joel
アモス書 amosu sho - Amos
オバデア書 obadea sho -