芥川龍之介 - 鼻 Akutagawa's Hana

Hana by Akutagawa Ryuunosuke

Akutagawa Ryūnosuke wrote over 150 short stories in his short life (died at 35). Kurosawa based his famous movie, Rashōmon (羅生門) on Akutagawa's Rashōmon and In a Grove (藪の中 yabu no naka) another short story written in 1921.

This story, The Nose (鼻 hana), was composed in 1916 and is about a monk with a very large nose (hence the title). The story addresses jealousy, egoism, and the making fun of others all with a hint of humor here and there. Natsume Sōseki (夏目漱石) gave the story high praise.

--

The short story is complete here broken down into eight pages for ease of reading. Each page has a MP3 file for that section.

I hope to eventually add a vocabulary list for each section, but it will have to wait. (Unless someone would like to volunteer?! :) )

鼻 part 1

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text AND vocabulary as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section. You can also see the vocabulary by going to the next page.

 禅智内供(ぜんちないぐ)の鼻と云えば、池(いけ)の尾(お)で知らない者はない。長さは五六寸あって上唇(うわくちびる)の上から顋(あご)の下まで下っている。形は元も先も同じように太い。云わば細長い腸詰(ちょうづ)めのような物が、ぶらりと顔のまん中からぶら下っているのである。

 五十歳を越えた内供は、沙弥(しゃみ)の昔から、内道場供奉(ないどうじょうぐぶ)の職に陞(のぼ)った今日(こんにち)まで、内心では始終この鼻を苦に病んで来た。勿論(もちろん)表面では、今でもさほど気にならないような顔をしてすましている。これは専念に当来(とうらい)の浄土(じょうど)を渇仰(かつぎょう)すべき僧侶(そうりょ)の身で、鼻の心配をするのが悪いと思ったからばかりではない。それよりむしろ、自分で鼻を気にしていると云う事を、人に知られるのが嫌だったからである。内供は日常の談話の中に、鼻と云う語が出て来るのを何よりも惧(おそ)れていた。

 内供が鼻を持てあました理由は二つある。――一つは実際的に、鼻の長いのが不便だったからである。第一飯を食う時にも独りでは食えない。独りで食えば、鼻の先が鋺(かなまり)の 中の飯へとどいてしまう。そこで内供は弟子の一人を膳の向うへ坐らせて、飯を食う間中、広さ一寸長さ二尺ばかりの板で、鼻を持上げていて貰う事にした。し かしこうして飯を食うと云う事は、持上げている弟子にとっても、持上げられている内供にとっても、決して容易な事ではない。一度この弟子の代りをした中童子(ちゅうどうじ)が、嚏(くさめ)をした拍子に手がふるえて、鼻を粥(かゆ)の中へ落した話は、当時京都まで喧伝(けんでん)された。――けれどもこれは内供にとって、決して鼻を苦に病んだ重(おも)な理由ではない。内供は実にこの鼻によって傷つけられる自尊心のために苦しんだのである。


Read by Yumi Boutwell 12-20-07
Text from http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

Hana Part 1 - Vocabulary

This is a vocabulary list for most of the words found in the first part of Hana. I've tried to only capture the meaning as found in the story, but I am sure I missed or mixed up a few--please report any errors or suggestions for clarity.

禅智内供 【ぜんちないぐ】 Zenchi Naigu (name)
鼻 【はな】 nose
云う 【いう】 to say
池 【いけ】 pond
尾 【お】 (n) tail (name of pond)
知らない 【しらない】 (adj-i) unknown
者 【もの】 (n) person
ない (aux-adj) not
長さ 【ながさ】 (n) length
五六【ごろく】five or six
寸 【すん】 (n) sun (approx. 3.03 cm)
上唇 【うわくちびる】 (n) upper lip
上 【うえ】 above; up; over
から (prt) from
顋 【あご】 (n,adj-no) chin; jaw
下 【した】 (n) below; down; under
まで (prt) (uk) until
下る 【さがる】 (v5r,vi) to hang down
形 【かたち】 (n) form; shape; figure

先 【さき】 point (e.g. pencil); tip; end; nozzle; head (of a line); front
同じ 【おなじ】 (adj-f,n) same
太い 【ふとい】 (adj-i) fat; thick
細長い 【ほそながい】 (adj-i) long and narrow
腸詰め; 腹詰 【ちょうづめ】 (n) sausage
物 【もの】 (n) thing; object

顔 【かお】 (n) face (person)
真ん中(P); 真中 【まんなか(P); まなか(真中)】 (n) middle; centre; center; mid-way
ぶら下がる 【ぶらさがる】 (v5r,vi) to hang from; to dangle; to swing
五十歳 【ごじゅうさい】 age 50
越える 【こえる】 to exceed
沙弥 【しゃみ; さみ】 (n) male Buddhist novice
昔 【むかし】 (adj-no,n-adv,n-t) olden days; former
内道場 【ないどうじょう】 (n) inner practice hall (for Buddhism; on the imperial palace grounds)
供奉 【ぐぶ】 (n,vs) accompanying; being in attendance on
職 【しょく】 (n,n-suf) employment (within temple)
陞 【のぼる】 promotion
今日 【こんにち】 (n-t) today; this day;
内心 【ないしん】 (n-adv,n-t) innermost thoughts; real intention; inmost heart; one's mind; in the heart
始終 【しじゅう】 (adv,n) continuously; from beginning to end; from first to last
苦に病む 【くにやむ】 (exp) to worry; to suffer
勿論 【もちろん】 (adv) of course; certainly; naturally
表面 【ひょうめん】 (n) surface; outside; face; appearance

然程; 左程 【さほど】 (adv,conj) (uk) not so; not particularly; not very; not that much
気になる 【きになる】 (exp,vi) to be on one's mind; to worry one; to care about; to be bothered by; to feel uneasy
専念 【せんねん】 (n,vs) absorption; give undivided attention; devote oneself to
当来 【とうらい】 (n) (arch) afterlife
浄土 【じょうど】 (n) (1) {Buddh} Pure Land (esp. the Western Pure Land paradise of Amitabha); (2) (abbr) Pure Land Buddhism
渇仰; 渇ごう 【かつぎょう】 (n,vs) adoration; reverence; esteem
僧侶 【そうりょ】 (n,adj-no) {Buddh} priest; monk
身 【み】 (n) (1) body; (2) oneself; (3) one's place; one's position
心配 【しんぱい】 (adj-na,n,vs) worry; concern; anxiety
ばっかり only; merely
それより (conj) apart from that; other than that; leaving that aside; more ... than that; but; however
寧ろ(P); 寧(io) 【むしろ】 (adv) rather; better; instead
自分 【じぶん】 (pn,adj-no) (1) myself; yourself; oneself; himself; herself; (2) I; me
ということは 【ということは】 (exp,adv) (uk) that is to say; so that means
嫌 【いや】 (adj-na,n) disagreeable; detestable; unpleasant; reluctant
日常 【にちじょう】 (adj-no,n-adv,n-t) ordinary; regular; everyday; usual
談話 【だんわ】 (n,vs) a talk; conversation
語 【ご】 (n,n-suf) word
出て来る 【でてくる】 (vk) to come out
何よりも 【なによりも; なんよりも】 (adv) more than anything; above all else
おそれる (v1,vt) to fear; to be afraid of
持てあます 【もてあます】 do not know what to do (with nose)
理由 【りゆう】 (n) reason; pretext; motive
二つ(P); 2つ 【ふたつ】 (n) two
一つ(P); 1つ 【ひとつ】 (n) (1) one; (2) for one thing
実際的 【じっさいてき】 (adj-na) practical; realistic; pragmatic
不便 【ふべん】 (adj-na,n) inconvenience; inexpediency; unhandiness
第一(P); 第1 【だいいち】 (adv,n) first; foremost; number one
飯 【めし】 (n) meals; food
食う 【くう】 (v5u,vt) (male) (vulg) to eat
時 【とき】 (n-adv,n) occasion; moment
一人で(P); 独りで(P) 【ひとりで】 (exp) alone; by oneself
鋺 【かなまり】 (n) small metal bowl
届く 【とどく】 (v5k,vi) (1) to reach; to arrive; to get through; to get at
其処で 【そこで】 (conj) (uk) so; accordingly; now; then; thereupon; therefore
弟子 【でし(P); ていし】 (n,adj-no) pupil; disciple; adherent; follower; apprentice
膳 【ぜん】 (n) (1) small dining table (usu. for a single person); serving tray (with legs); (2) meal; food; serving
向こう 【むこう】 (n) (1) opposite side; other side

間中 【あいだじゅう】 (n) during
広さ 【ひろさ】 (n) extent
寸 【すん】 (n) sun (approx. 3.03 cm)
尺 【しゃく】 (n) (1) shaku (unit of distance approximately equal to 30.3 cm)
板 【いた】 (n) board; plank
持ち上げる; 持上げる 【もちあげる】 (v1,vt) to raise; to lift up
貰う 【もらう】 (v5u,vt) (uk) to receive; to take; to accept
併し(P); 然し(P) 【しかし】 (conj) (uk) however; but
斯うして 【こうして】 (conj) thus
に取って 【にとって】 (exp) to; for; concerning; as far as ... is concerned; regarding
決して 【けっして(P); けして(ik)】 (adv) never; by no means; decidedly; indisputably
容易 【ようい】 (adj-na,n) easy; simple; plain
一度 【いちど】 (n-adv) (1) once; one time; on one occasion
代わり(P); 代り 【かわり(P); がわり】 (n) (1) (read かわり) substitute; deputy; proxy; alternate
中童子 【ちゅうどうし】 (n) (arch) temple pageboy
嚏 【くしゃみ(P); くさめ; くっさめ】 (n) (uk) sneeze
拍子 【ひょうし】 (n) the moment; the instance; chance
震える(P); 顫える 【ふるえる】 (v1,vi) to shiver; to shake; to quake; to tremble; to quaver; to quiver
粥 【かゆ】 (n) thin rice porridge; watery cooked rice; rice gruel
当時 【とうじ】 (n-adv,n-t) at that time; in those days
京都 【きょうと】 (n) Kyoto
喧伝 【けんでん】 (n,vs) widely talked about
けど(P); けれども(P); けども (conj,prt) but; however; although
に取って 【にとって】 (exp) to; for; concerning; as far as ... is concerned; regarding
苦に病む 【くにやむ】 (exp) to worry; to suffer
重 【おも】 (adj-na,n) chief; main; principal; important
実に 【じつに】 truly; really
傷 【きず】 (n) wound; injury
自尊心 【じそんしん】 (n) self-respect; conceit
為に 【ために】 (conj) (1) (uk) for; for the sake of; to one's advantage; in favor of; in favour of; on behalf of; (2) because of; as a result of

鼻 part 2

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section.


 池の尾の町の者は、こう云う鼻をしている禅智内供のために、内供の俗でない事を仕合せだと云った。あの鼻では誰も妻になる女があるまいと思ったからである。中にはまた、あの鼻だから出家(しゅっけ)したのだろうと批評する者さえあった。しかし内供は、自分が僧であるために、幾分でもこの鼻に煩(わずらわ)される事が少くなったと思っていない。内供の自尊心は、妻帯と云うような結果的な事実に左右されるためには、余りにデリケイトに出来ていたのである。そこで内供は、積極的にも消極的にも、この自尊心の毀損(きそん)を恢復(かいふく)しようと試みた。


第一に内供の考えたのは、この長い鼻を実際以上に短く見せる方法である。これは人のいない時に、鏡へ向って、いろいろな角度から顔を映しながら、熱心に工夫(くふう)を凝(こ)らして見た。どうかすると、顔の位置を換えるだけでは、安心が出来なくなって、頬杖(ほおづえ)をついたり頤(あご)の 先へ指をあてがったりして、根気よく鏡を覗いて見る事もあった。しかし自分でも満足するほど、鼻が短く見えた事は、これまでにただの一度もない。時による と、苦心すればするほど、かえって長く見えるような気さえした。内供は、こう云う時には、鏡を箱へしまいながら、今更のようにため息をついて、不承不承に また元の経机(きょうづくえ)へ、観音経(かんのんぎょう)をよみに帰るのである。


Read by Yumi Boutwell 12-20-07
Text from http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

Hana Part 2 - Vocabulary

This is a vocabulary list for most of the words found in the second part of Hana. I've tried to only capture the meaning as found in the story, but I am sure I missed or mixed up a few--please report any errors or suggestions for clarity.

池 【いけ】 (n) pond
尾 【お】 (n) tail (name of pond)
町 【まち】 (n) town
者 【もの】 (n) person
こう云う 【こういう】 (adj-pn) such; like this
鼻 【はな】 (n) nose
禅智内供 【ぜんちないぐ】 Zenchi Naigu (name)
為に 【ために】 (conj) (1) for; for the sake of; to one's advantage; in favor of; in favour of; on behalf of; (2) because of; as a result of
俗 【ぞく】 (adj-na,n) customs; manners; the world; worldliness; vulgarity; mundane things; the laity
事 【こと】 (n) thing; matter; fact; circumstances; business; reason; experience
試合(ateji)(P); 仕合(ateji) 【しあい】 (n,vs) match; game; bout; contest
言う(P); 云う; 謂う 【いう(P); ゆう(P)】 (v5u) to say
誰も 【だれも】 (conj) (1) (uk) everyone; anyone; (2) no-one (with neg. verb)
妻 【つま】 (n) wife
になる becomes; will become; turns out
まい (aux) (1) probably isn't (doesn't, won't, etc.); (2) don't (doesn't) intend to; intend not to; (3) must not; (when used in an imperative sentence) don't
中には 【なかには】 (adv) some (of them); among (them)
又(P); 亦; 復 【また】 (adv,conj,pref) (uk) again; and; also; still (doing something)
出家 【しゅっけ; すけ(ok)】 (n,vs) {Buddh} entering the priesthood; cenobite (coenobite); priest; monk; nun
だろう(P); だろ (exp) (1) seems; I think; I guess; I wonder; I hope; (2) don't you agree?; I thought you'd say that!
批評 【ひひょう】 (n,vs,adj-no) criticism; review; commentary
さえ(P); すら (prt) even; if only; if just; as long as; the only thing needed
併し(P); 然し(P) 【しかし】 (conj) (uk) however; but
自分 【じぶん】 (pn,adj-no) (1) myself; yourself; oneself; himself; herself; (2) I; me
僧 【そう】 (n) monk; priest
幾分 【いくぶん】 (adv,n) (1) somewhat; to some extent; to some degree; (n) (2) some; part; portion

少ない(P); 少い(io); 尠い; 寡い 【すくない】 (adj-i) few; a little; scarce; insufficient; seldom

結果的 【けっかてき】 (adj-na) concerning the result (as opposed to the means used to achieve this result or the original goal)
事実 【じじつ】 (n-adv,n) fact; truth; reality
左右 【さゆう】 (n,vs) (1) left and right; (2) influence; control; domination
余りに 【あまりに】 (adv) (uk) too much; excessively; too
デリケート (adj-na,n) delicate

其処で 【そこで】 (conj) (uk) so; accordingly; now; then; thereupon; therefore
積極的 【せっきょくてき】 (adj-na) assertive; positive; active; proactive
消極的 【しょうきょくてき】 (adj-na) negative; half-hearted; passive; unmotivated
毀損; 棄損; き損 【きそん】 (n,vs) damage; injury; defamation; waste
回復(P); 快復; 恢復 【かいふく】 (n,vs) recovery (from illness); improvement; rehabilitation; restoration; convalescence;
試みる 【こころみる】 (v1,vt) to try; to tes


実際 【じっさい】 (adj-no,adv,n) (1) practicality; practical; (2) reality; actuality; actual conditions; (3) {Buddh} bhutakoti (limit of reality);


見せる 【みせる】 (v1,vt) to show; to display

色々 【いろいろ】 various
角度 【かくど】 (n,adj-no) angle
顔 【かお】 (n) face (person)
映す 【うつす】 (v5s,vt) to project; to reflect; to cast (shadow)
乍ら 【ながら】 (prt) while; during; as
熱心 【ねっしん】 (adj-na,n) zeal; enthusiasm
工夫 【こうふ】 (n) (sens) labourer; laborer; blue-collar worker
凝らす 【こごらす】 (v5s,vt) to concentrate one's attention on; to devote oneself to something; to ponder; to meditate
どうかすると (exp) there is a tendency; there is a possibility
位置 【いち】 (n,vs) place; situation; position; location
換える 【かえる】 (v1,vt) to exchange; to interchange
安心 【あんしん】 (adj-na,n,vs) relief; peace of mind
頬杖 【ほおづえ】 (n) resting one's chin in one's hands
顎(P); 齶; 頤; 顋; 腮 【あご】 (n,adj-no) chin; jaw
指 【ゆび(P); および; おゆび】 (n) finger; toe; digit
宛てがう; 充てがう; 宛がう 【あてがう】 (v5u,vt) (1) to allot; to allocate; (2) to supply with; to furnish; (3) to fit to; to fasten to; to apply to
根気 【こんき】 (n) patience; perseverance; persistence; tenacity; energy
鏡 【かがみ】 (n) mirror
覗う 【うかがう】 (v5u,vt) to peep (through); to peek; to examine (esp. covertly)
満足 【まんぞく】 (adj-na,n,vs) satisfaction
程 【ほど】 (n-adv,n) degree; extent; bounds; limit
此れ迄に; 此れまでに 【これまでに】 (adv) (uk) before now; hitherto
只(P); 唯(P); 徒; 但; 常 【ただ】 (adj-no) only; merely; just; simply
一度も 【いちども】 (adv) never (in sentence with neg. verb)
時に 【ときに】 (exp) sometimes; occasionally
苦心 【くしん】 (n,vs) pain; trouble; anxiety; diligence; hard work
気さえする 【きさえする】 (exp) (more emphatic than 気がする) to have a certain mood or feeling; to have a hunch
箱(P); 函; 匣; 筥; 筐; 凾 【はこ(P); こう(匣)】 (n) box
今更(P); 今さら 【いまさら】 (adv,n) now (after such a long time); at this late hour (i.e. it is too late for something)
ため息(P); 溜め息(P); 溜息(io) 【ためいき】 (n) sigh
不承不承 【ふしょうぶしょう】 (adv,n,adj-no) reluctantly; grudgingly; unwilling
経机 【きょうづくえ】 (n) sutra-reading desk
観音 【かんのん】 (n) Kannon; Kwannon; Buddhist deity of mercy
経 【きょう】 (n) sutra; Buddhist scriptures
帰る 【かえる】 to return

鼻 part 3

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section.

 それからまた内供は、絶えず人の鼻を気にしていた。池の尾の寺は、僧供講説(そうぐこうせつ)などのしばしば行われる寺である。寺の内には、僧坊が隙なく建て続いて、湯屋では寺の僧が日毎に湯を沸かしている。従ってここへ出入する僧俗の類(たぐい)も甚だ多い。内供はこう云う人々の顔を根気よく物色した。一人でも自分のような鼻のある人間を見つけて、安心がしたかったからである。だから内供の眼には、紺の水干(すいかん)も白の帷子(かたびら)もはいらない。まして柑子色(こうじいろ)の帽子や、椎鈍(しいにび)の法衣(ころも)なぞは、見慣れているだけに、有れども無きが如くである。内供は人を見ずに、ただ、鼻を見た。――しかし鍵鼻(かぎばな)はあっても、内供のような鼻は一つも見当らない。その見当らない事が度重なるに従って、内供の心は次第にまた不快になった。内供が人と話しながら、思わずぶらりと下っている鼻の先をつまんで見て、年甲斐(としがい)もなく顔を赤らめたのは、全くこの不快に動かされての所為(しょい)である。

最後に、内供は、内典外典(ないてんげてん)の中に、自分と同じような鼻のある人物を見出して、せめても幾分の心やりにしようとさえ思った事がある。けれども、目連(もくれん)や、舎利弗(しゃりほつ)の鼻が長かったとは、どの経文にも書いてない。勿論竜樹(りゅうじゅ)や馬鳴(めみょう)も、人並の鼻を備えた菩薩(ぼさつ)である。内供は、震旦(しんたん)の話の序(ついで)に蜀漢(しょくかん)の劉玄徳(りゅうげんとく)の耳が長かったと云う事を聞いた時に、それが鼻だったら、どのくらい自分は心細くなくなるだろうと思った。


Read by Yumi Boutwell 12-20-07
Text from http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

鼻 part 4

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section.

 内供がこう云う消極的な苦心をしながらも、一方ではまた、積極的に鼻の短くなる方法を試みた事は、わざわざここに云うまでもない。内供はこの方面でもほとんど出来るだけの事をした。烏瓜(からすうり)を煎(せん)じて飲んで見た事もある。鼠の尿(いばり)を鼻へなすって見た事もある。しかし何をどうしても、鼻は依然として、五六寸の長さをぶらりと唇の上にぶら下げているではないか。

所がある年の秋、内供の用を兼ねて、京へ上った弟子(でし)の僧が、知己(しるべ)の医者から長い鼻を短くする法を教わって来た。その医者と云うのは、もと震旦(しんたん)から渡って来た男で、当時は長楽寺(ちょうらくじ)の供僧(ぐそう)になっていたのである。

内供は、いつものように、鼻などは気にかけないと云う風をして、わざとその法もすぐにやって見ようとは云わずにいた。そうして一方では、気軽な口調で、食事の度毎に、弟子の手数をかけるのが、心苦しいと云うような事を云った。内心では勿論弟子の僧が、自分を説伏(ときふ)せ て、この法を試みさせるのを待っていたのである。弟子の僧にも、内供のこの策略がわからない筈はない。しかしそれに対する反感よりは、内供のそう云う策略 をとる心もちの方が、より強くこの弟子の僧の同情を動かしたのであろう。弟子の僧は、内供の予期通り、口を極めて、この法を試みる事を勧め出した。そうし て、内供自身もまた、その予期通り、結局この熱心な勧告に聴従(ちょうじゅう)する事になった。


Read by Yumi Boutwell 2-24-08
Text from http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

鼻 Part 5

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section.


 その法と云うのは、ただ、湯で鼻を茹(ゆ)でて、その鼻を人に踏ませると云う、極めて簡単なものであった。

  湯は寺の湯屋で、毎日沸かしている。そこで弟子の僧は、指も入れられないような熱い湯を、すぐに提(ひさげ)に入れて、湯屋から汲んで来た。しかしじかにこの提へ鼻を入れるとなると、湯気に吹かれて顔を火傷(やけど)する惧(おそれ)がある。そこで折敷(おしき)へ穴をあけて、それを提の蓋(ふた)にして、その穴から鼻を湯の中へ入れる事にした。鼻だけはこの熱い湯の中へ浸(ひた)しても、少しも熱くないのである。しばらくすると弟子の僧が云った。

  ――もう茹(ゆだ)った時分でござろう。

  内供は苦笑した。これだけ聞いたのでは、誰も鼻の話とは気がつかないだろうと思ったからである。鼻は熱湯に蒸(む)されて、蚤(のみ)の食ったようにむず痒(がゆ)い。

  弟子の僧は、内供が折敷の穴から鼻をぬくと、そのまだ湯気の立っている鼻を、両足に力を入れながら、踏みはじめた。内供は横になって、鼻を床板の上へのばしながら、弟子の僧の足が上下(うえした)に動くのを眼の前に見ているのである。弟子の僧は、時々気の毒そうな顔をして、内供の禿(は)げ頭を見下しながら、こんな事を云った。

――痛うはござらぬかな。医師は責(せ)めて踏めと申したで。じゃが、痛うはござらぬかな。

内供は首を振って、痛くないと云う意味を示そうとした。所が鼻を踏まれているので思うように首が動かない。そこで、上眼(うわめ)を使って、弟子の僧の足に皹(あかぎれ)のきれているのを眺めながら、腹を立てたような声で、

――痛うはないて。

と答えた。実際鼻はむず痒い所を踏まれるので、痛いよりもかえって気もちのいいくらいだったのである。

しばらく踏んでいると、やがて、粟粒(あわつぶ)のようなものが、鼻へ出来はじめた。云わば毛をむしった小鳥をそっくり丸炙(まるやき)にしたような形である。


Read by Yumi Boutwell 6-5-08
Text from http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

鼻 Part 6

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section.


弟子の僧はこれを見ると、足を止めて独り言のようにこう云った。

――これを鑷子(けぬき)でぬけと申す事でござった。

内供は、不足らしく頬をふくらせて、黙って弟子の僧のするなりに任せて置いた。勿論弟子の僧の親切がわからない訳ではない。それは分っても、自分の鼻を まるで物品のように取扱うのが、不愉快に思われたからである。内供は、信用しない医者の手術をうける患者のような顔をして、不承不承に弟子の僧が、鼻の毛 穴から鑷子(けぬき)で脂(あぶら)をとるのを眺めていた。脂は、鳥の羽の茎(くき)のような形をして、四分ばかりの長さにぬけるのである。

やがてこれが一通りすむと、弟子の僧は、ほっと一息ついたような顔をして、

――もう一度、これを茹でればようござる。

と云った。

内供はやはり、八の字をよせたまま不服らしい顔をして、弟子の僧の云うなりになっていた。
さて二度目に茹でた鼻を出して見ると、成程、いつになく短くなっている。これではあたりまえの鍵鼻と大した変りはない。内供はその短くなった鼻を撫(な)でながら、弟子の僧の出してくれる鏡を、極(きま)りが悪るそうにおずおず覗(のぞ)いて見た。

鼻は――あの顋(あご)の下まで下っていた鼻は、ほとんど嘘のように萎縮して、今は僅(わずか)に上唇の上で意気地なく残喘(ざんぜん)を保っている。所々まだらに赤くなっているのは、恐らく踏まれた時の痕(あと)であろう。こうなれば、もう誰も哂(わら)うものはないにちがいない。

――鏡の中にある内供の顔は、鏡の外にある内供の顔を見て、満足そうに眼をしばたたいた。

しかし、その日はまだ一日、鼻がまた長くなりはしないかと云う不安があった。そこで内供は誦経(ずぎょう)する時にも、食事をする時にも、暇さえあれば手を出して、そっと鼻の先にさわって見た。が、鼻は行儀(ぎょうぎ)よく唇の上に納まっているだけで、格別それより下へぶら下って来る景色もない。それから一晩寝てあくる日早く眼がさめると内供はまず、第一に、自分の鼻を撫でて見た。鼻は依然として短い。内供はそこで、幾年にもなく、法華経(ほけきょう)書写の功を積んだ時のような、のびのびした気分になった。


Read by Yumi Boutwell 6-5-08
Text from http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

鼻 Part 7

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section.


 所が二三日たつ中に、内供は意外な事実を発見した。それは折から、用事があって、池の尾の寺を訪れた侍(さむらい)が、前よりも一層可笑(おか)しそうな顔をして、話も碌々(ろくろく)せずに、じろじろ内供の鼻ばかり眺めていた事である。それのみならず、かつて、内供の鼻を粥(かゆ)の中へ落した事のある中童子(ちゅうどうじ)なぞは、講堂の外で内供と行きちがった時に、始めは、下を向いて可笑(おか)しさをこらえていたが、とうとうこらえ兼ねたと見えて、一度にふっと吹き出してしまった。用を云いつかった下法師(しもほうし)たちが、面と向っている間だけは、慎(つつし)んで聞いていても、内供が後(うしろ)さえ向けば、すぐにくすくす笑い出したのは、一度や二度の事ではない。

内供ははじめ、これを自分の顔がわりがしたせいだと解釈した。しかしどうもこの解釈だけでは十分に説明がつかないようである。――勿論、中童子や下法師が哂(わら)う原因は、そこにあるのにちがいない。けれども同じ哂うにしても、鼻の長かった昔とは、哂うのにどことなく容子(ようす)がちがう。見慣れた長い鼻より、見慣れない短い鼻の方が滑稽(こっけい)に見えると云えば、それまでである。が、そこにはまだ何かあるらしい。

――前にはあのようにつけつけとは哂わなんだて。

内供は、誦(ず)しかけた経文をやめて、禿(は)げ頭を傾けながら、時々こう呟(つぶや)く事があった。愛すべき内供は、そう云う時になると、必ずぼんやり、傍(かたわら)にかけた普賢(ふげん)の画像を眺めながら、鼻の長かった四五日前の事を憶(おも)い出して、「今はむげにいやしくなりさがれる人の、さかえたる昔をしのぶがごとく」ふさぎこんでしまうのである。――内供には、遺憾(いかん)ながらこの問に答を与える明が欠けていた。

――人間の心には互に矛盾(むじゅん)した二つの感情がある。勿論、誰でも他人の不幸に同情しない者はない。所がその人がその不幸を、どうにかして切りぬける事が出来ると、今度はこっちで何となく物足りないような心もちがする。少し誇張して云えば、もう一度その人を、同じ不幸に陥(おとしい)れ て見たいような気にさえなる。そうしていつの間にか、消極的ではあるが、ある敵意をその人に対して抱くような事になる。

――内供が、理由を知らないながら も、何となく不快に思ったのは、池の尾の僧俗の態度に、この傍観者の利己主義をそれとなく感づいたからにほかならない。

 


Read by Yumi Boutwell 6-5-08
Text from http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

鼻 Part 8

Download a PDF of the text.  223 KBHana by Akutagawa Ryuunosuke
View the text as a PDF by clicking to the icon on the right or download the PDF & MP3 in the download section.