第十五章 大名 The Lord

Yuki's Story
 

第十五章

大名

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

結婚までの計画を立て始めました。日取りを決めて、殿様に招待状を送りました。

隣の国の大名にも招待状を出しました。しかし、大名は招待状が気に入りません。

「あの女は前の大名の娘なのか?」と大名は忍者の長に言いました。

「大きな町の若殿はそう言っています」と長は答えました。

「娘は前は囚人だったのか?」と大名は聞きました。

「はい」と長は答えました。

「娘が生きていては、我々の悪事がばれてしまう。その若殿の家族は前々から私が大名になることに反対した。若殿が娘の正当な継承者としての力を持てば、私は今の地位を失ってしまうではないか!なんで殺さないのか?!」と大名は叫びました。

「大名さまは茶道家と結婚したいのかも知りませんし、命令をいただいておりませんし…」

「黙れ!考えておるところだ!あっ!私が娘と結婚すれば、誰も継承を阻止できない!」

「素晴らしい考えでございます、大名さま」

「どうしたら結婚できるかな。もうすぐ若殿と結婚するであろう」

「もし結婚式の前に娘を連れ去れば、大名さまは娘と結婚できるかも知れません」

「黙れ!今考えておるところだ。そんなに一度に言われたら、考えることができん。あっ!娘を連れ去れば、結婚できるのか!」

「よい考えでございます。しかし、娘は狐に守られているようでございます」

「そのようだな。どうすれば妖怪を避けて、あの娘を手に入れることができるのか?」

「噂では鬼の助けを得て、前の大名を倒したということです」

「あーもう、話が長くて、ちっとも考えられないのだ!あっ、もう一度鬼の助けを得ればいいのか」

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten