Learn Japanese with JapanesePod101.com

第十一章 忍者の襲撃 Attack of the Ninja

Yuki's Story
 

第十一章

忍者の襲撃

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

一方、ある妬み深い老婆の茶屋が忍者らに会いました。「あのよそから来た茶道家は、お客を横取りするんです!消して欲しいんです!」と言いました。

忍者の長は「そうですか。どんな手立てがいいでしょう?」と聞きました。

茶屋は「どんな手立てでも構いません」と答えて、去りました。

長は側近に「あの茶道家について何か知っているか?」と聞きました。

側近は「数週間前、この町に来ました。温泉で働いています。そして毎晩、城に行きます。若殿は彼女について興味があるそうです。隣にあった国の前の大名の娘かも知れないそうです」と答えました。

「面白い。隣の国の大名も、彼女について興味があるかな。じゃ、娘を今からここに連れてきて、大名に使者を派遣しろ」と長は言いました。

「はっ、長、仰せの通りにいたします」と側近は言って、出かけました。

その夜、ゆきが温泉へ帰る間、忍者はゆきを素早く取り囲んで、猿轡をかませて、手足を縛りました。揉みあっている間に、毛の腕飾りは切れて、地面に落ちてしまいました。

側近はゆきを長のもとへ手足を縛ったまま連れて行きました。「この娘が茶道家です」と言いました。

長は「そうか。若すぎるな。本当に上手かな。この娘の茶の湯を見てみたい。束縛を解いて」と言いました。

猿轡が外されてから、「助けて助けて助けて」とゆきは叫びましたが、狐の毛がないので、何事も起こりませんでした。

「この付近では、いくら叫んでも、誰も助けにはこない」と長は言いました。「一服立ててくれ」

しかたなくゆきはお手前を始めました。終った後で「本当に上手だぞ。大名の興味がなければ、俺はお前を芸者にするつもりだ」と長は言いました。

「めっそうもございません」とゆきは言いました。

「この娘を牢に連れて行って、そこに閉じ込めておけ」と長は言いました。

牢に閉じ込められてから、ゆきは泣きながら眠ってしまいました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

Comment viewing options

Select your preferred way to display the comments and click "Save settings" to activate your changes.
RayMasaki's picture

cant see the Right side!!

Sorry BUT the poll, frienddirect & the adds BLOCK everything to the Right side!
& i cant view anything on the RIGHT! WHY haven't other people noticed this OR why haven't you changed this!?

phreadom's picture

What resolution are you at

What resolution are you at that it would be covering the content? 800x600?

Basically there are parts of the site that assume at least 1024x768... I could add in some javascript to hide the right sidebar if need be for resolutions under 1280x1024... (which I've done for the forum)

猿も木から落ちる

Pianogirl123's picture

いや ゆきちゃん! D:

いや ゆきちゃん! D:

Comment viewing options

Select your preferred way to display the comments and click "Save settings" to activate your changes.