Learn Japanese with JapanesePod101.com

第十二章  ゆきはどこだ? Where is Yuki?

Yuki's Story
 

第十二章

ゆきはどこだ?

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

次の朝、女将が起きると、ゆきが見当たりません。「あの子は一体どこだろう?」と思いました。「まだお城にいるかな?」

それから女将は城に急いで行きました。城に着いてから「温泉の女将です。昨晩、うちの茶道家は若殿に振舞うためにこちらに参りましたけど、温泉に帰ってきませんでした。まだ城におりますか」と守衛に聞きました。

「ここで待つように」と守衛は言いました。

間もなく家老が門に来ました。「昨夜、茶道家は温泉へ帰ったはずじゃ。そちらに着いていませんか」と聞きました。

「まだ戻っておりません」と女将は答えました。

「知らせに感謝致す。調べさせて茶道家を見つけよう。心配には及ばん」と家老は言いました。

それから女将は温泉へ帰り、家老は若殿に報告しました。守衛らはゆきの捜索を始めるように命じられました。

間もなく家老は若殿にまた報告しました。「若殿さま、道の途中でこの切れた毛の腕飾りと絹の切れ端を見つけました。争った形跡がありました」

「そうか。その場所に案内しなさい。守衛と猟犬を連れていってくれ」と若殿は言いました。

そして、若殿たちは城を後にしました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

Support those who Support TJP!

Click here to learn Japanese with JapanesePod101.com