Learn Japanese with JapanesePod101.com

第十四章 救出 The Rescue

Yuki's Story
 

第十四章

救出

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

一方、家老は若殿を腕飾りを見つけた場所に案内しました。若殿は「犬に匂いを嗅がせなさい」と言いました。

犬は絹の布地を嗅がせられて、吠え始め、道に沿って走り始めました。

間もなく「畜生!妖怪が!」と聞こえてきました。

「早く!奴らを逃がしてはならない!」と若殿は言いました。

守衛らは若殿と共に忍者を襲いました。一方、忍者の砦の中、ゆきはどよめきの音を聞いて、窓の方に行きました。「若殿さまです!狐さま、若殿さまを助けてくださいませんか」と頼みました。

狐は「そのようなことはできません。若殿は男なので、自分の戦いは自分で戦わなければなりません」と答えました。「ここで待っていてください。戦いが終わるまで、君を守ります」

「はい。戦いが終わるまで、ここで待ちます」とゆきは答えました。

それから若殿は守衛らと共に忍者の大部分を捕らえましたが、残りの忍者は逃げました。

「ゆき殿はどこだ」と若殿は忍者に言いました。

「ここです」とゆきは入口で言いました。

「ゆき殿!大丈夫ですか」と若殿は言いました。「これを落としたでしょう?」腕飾りを見せました。

「あっ!それ、無くしてたんです。若殿さま、腕飾りを見つけて、返してくださって、さらには私をも助けてくださるなんて、本当にありがとうございます」とゆきは言いました。

「礼には及ばん」と若殿は答えました。

「狐さま、私を脱獄させて、守ってくださってどうもありがとうございます」とゆきは答えました。

狐は「どういたしまして。他にも君を守ってくれる人がいるようですね。もう一度だけ僕を呼んでも構いません。頑張ってください」と言いました。

「がんばります」とゆきは答えました。

「ゆきさんと結婚するつもりです。もし、狐どのが結婚式に参加していただけたら、大変光栄です」と若殿は言いました。

「そうですか。普段なら私は人間の営みとは関係を持たないのですが、このお嬢さんは特別です。きっと結婚式に参加できるでしょう」と狐は答えました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

Support those who Support TJP!

Click here to learn Japanese with JapanesePod101.com