Learn Japanese with JapanesePod101.com

第十九章 鬼の敗北 The Oni's Defeat

clay's picture
Yuki's Story
 

第十九章

鬼の敗北

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]


鬼は、娘を攫うと、山の方へ向かって歩き出しました。若殿たちは厩に行き、馬に鞍を置いて乗り、鬼を追いかけていきました。

町を抜けると、鬼はくんくんと臭いを嗅ぎました。「なんでこんなに狐臭いんだ」

「そのお嬢さんは俺が守っている。貴様のような奴が彼女を傷つけてはならんぞ」という声を鬼は聞きました。びっくりした鬼は娘を掴んだ拳の方へ目をやりました。と、その瞬間、大きな穴に足が嵌まり、ひっくり返ってしまいました。

鬼が立ち上がる前に、ちょうど追いついた若殿がすかさず跳びつき、太刀で鬼の首を切り落としました。「ゆき!どこだ!大丈夫か!」と叫びました。

「心配はございません」という声がしました。若殿は、声のする方へ顔を向けました。すると、そこには狐が立っていました。「城へお帰りください。本物のお嬢さんは無事で城にいます」と狐は言いました。

「狐どの!驚きました。でも、私の目には、ゆき殿が鬼に攫われたように映ったのですが」と若殿は言いました。

「こんな風でしたか」と狐は言って、ゆきの姿に化けました。それから、もう一度狐の姿に戻りました。

「これはなんと奇ッ怪な。いつもありがとうございます。今後はいつでも私の城へいらしてください。歓迎いたします」と若殿はいって、馬で城へ帰りました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

Support those who Support TJP!

Click here to learn Japanese with JapanesePod101.com