Learn Japanese with JapanesePod101.com

第七章  買物 Shopping

Yuki's Story
 

第七章

買物

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

次の朝ゆきは早く起きました。古い服を着てから、温泉の掃除を始めました。しかし女将はゆきを見て、「この町一番の茶道家がそんなことをする必要はありません。さあ、絹の着物に着替えて買い物に行きましょう。真珠を忘れないようにしてください」と言いました。

女将はゆきの素性が気になるのか、市場に行く間に、色々と質問をしました。

「どちらで茶道を学んだのですか」と女将は聞きました。

「実は、祖母から茶の湯を習いました」とゆきは答えました。

「お母さんや、お父さんは?」と女将は聞きました。

「母も父も私が生まれてから間もなく亡くなりました」とゆきは答えました。

「そうですか。あなたは今、おいくつですか」と女将は聞きました。

「今年で十七歳になります」とゆきは答えました。

「そうですか。お祖母さんのお名前を教えていただけませんか」と女将は聞きました。

ゆきがお祖母さんの名前を教えた頃、最初の店に到着しました。

女将が「その名字…」と尋ねかけた時、番頭が店先に現れました。「あっ、番頭さん、こちらはうちの新しい腕利きの茶道家、ゆきさんです」と紹介しました。

それから女将は次々と店を巡って、ゆきを商人に紹介して回りました。

程なくすると、新しい茶道家について、町の住民が皆口にするようになりました。温泉に行ってゆきの茶の湯を見た人々は皆驚き、ゆきの茶の湯の腕を褒めました。その後の数日間、温泉はかつてないほど賑やかでした。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

Support those who Support TJP!

Click here to learn Japanese with JapanesePod101.com