Learn Japanese with JapanesePod101.com

第八章  若殿との出逢い A Rendezvous with the Prince

Yuki's Story
 

第八章

若殿との出逢い

Download PDF and MP3 Download Text with Furigana

[Click to hear this Chapter]

城の中でも新しい茶道家の腕について皆が話題にしていました。殿さまの長男が家老に「その新しい茶道家の名高いお点前を、今晩にでも見てみたい。温泉に行って、手筈を整えてくれ」と言いました。

「畏まりました」と家老は言って、温泉へ出かけました。

家老は温泉に到着すると、「女将、茶の湯の予約をしたいのだが」と言いました。

「はい。来週はいかがですか」と女将は言いました。

「今晩はどうだ。若殿さまが城で新しい茶道家のお手前をご覧になりたいとおっしゃっておる」と少し急き立てるように、家老は女将に言いました。

「若君さまですか。はい、はい、今晩の予約を入れておきます。今晩必ず城に行かせます」と女将は快く答えました。

家老が去った後で、女将はゆきのところに行きました。「ゆきちゃん!今晩、若さまが城であなたのお手前を見てみたいそうです。新しい真珠の首飾りと一番きれいな絹の着物を着ていきなさい」と言いました。

その日、温泉は早めに店じまいしました。女将はゆきが城に行くために身支度をするのを手伝いました。その夕刻、ゆきは城に行きました。若殿の部屋に案内された後で、「はじめまして。温泉の茶道家、ゆきと申します。どうぞよろしくお願いします」とゆきは言いました。

「はじめまして、ゆき殿。よろしく」と若殿は言いました。

それからゆきはお点前を披露しました。「あなたは本当に達者な茶道家ですね。毎晩ここに来て、お点前を披露してください」と若殿は言いました。

ゆきは「誠にお粗末ではございますが、お望みでしたら、必ず毎晩ここに来て、お茶を点てさせていただきます」と言って、温泉に帰りました。

ゆきが去った後で、「あんな美しくて達者な茶道家を見たことは今までなかった。姫のような風貌だ。彼女のことをもっと知らなければならん。彼女のことを手を尽くして調べておくように」と若殿は家老に言いました。

家老は「お望みとあれば、何でもいたします」と答えました。

Yuki no Monogatari by Richard VanHouten


If you like ゆきの物語, why not donate a little to support Rich's work?

(This donation goes directly to Rich!)

Comment viewing options

Select your preferred way to display the comments and click "Save settings" to activate your changes.
Pianogirl123's picture

I love this chapter! But I'm

I love this chapter! But I'm a little confused as to the proper translation of 家老. Based on the context it seems to be the prince's right-hand man, but I think "chancellor" is a bit higher up on the ladder.

Comment viewing options