Learn Japanese with JapanesePod101.com

View topic - 鳥になりたい

鳥になりたい

Translations of shorts by Gonpachi found at qbooks.jp

鳥になりたい

Postby richvh » Thu 01.25.2007 11:26 am

鳥になりたい
ごんぱち

I want to become a bird by Gonpachi

医師は、一礼して部屋から出て行った。
The doctor bowed and left the room.
その撫?ヘ、現れた時よりも暗くなっていた。
His expression was gloomier than when he arrived.
医師の閉め残した障子の隙間から、四谷京作は外を見つめる。
Kyousaku Shitani gazed out through the crack the doctor had left when he closed the sliding door.
「もう」
"Soon."
広がる稲穂の実った田んぼから時折雀が飛び立ち、カラスが戯れ、そして青い青い空ではトンビが悠々と滑空していた。
From time to time a sparrow flew up from the wide expanse of fields where the rice was ripening, or a crow froliced, and in the blue, blue sky a kite soared.
「ああ、あんな風に、自由に」
"Oh, that's what freedom is like."
四谷はため息をつく。炎症でボロボロになった肺のあちこちに空気が引っかかり、ゼエゼエと嫌な音を立てた。
Shitani sighed. The wheezing sound he made when he drew air into his inflamed lungs was most unpleasant.
「鳥に……なれたら」
"If only I could become a bird..."
その時、一頭の蝶がふわりと入りこんで来た。
Just then, a butterfly flitted in.
四谷の周りをおどけるようにひらひらと飛ぶ。
It fluttered around as if to make fun of Shitani.
その真っ白い羽根は、それ自体が光っているようで、薄暗い室内に明かりが灯ったようだった。
The base of its wings were such a pure white, that they seemed to light up the gloomy room all by themselves.
「綺麗、だ」
"So beautiful."
蝶は四谷を気にする風もなく飛び続ける。
The butterfly, not paying attention to Shitani at all, continued to fly.
四谷の口元にうっすらと笑みが浮かんだ時。
There was a hint of a smile on Shitani's face.
「その願い、叶えてやろう」
"I shall grant your wish."
声がした。
There was a voice.
「だ、だれ、っげほっ」
"Wh...who said that?"
「叶えてやろう」
"I will grant it."
はっきりしたような、ぼんやりしたような声を聞きながら、四谷は最後の息を吐いた。
Clearly but faintly, Shitani heard the voice as he drew his last breath.

水中を弾丸のように四谷は泳ぐ。
Shitani swam through the water like a bullet.
「よりによって」
"Of all things..."
勢いをつけ、そのまま水面から飛び上がる。
He breathed deeply while jumping up from the water's surface.
「飛べない鳥になるとは」
"To become a bird that can not fly..."
宙返りを一つして、氷の地面の上に降り立ったのは、皇帝ペンギンに生まれ変わった四谷だった。
The emperor penguin who landed on the ice's surface after a somersault was Shitani reborn.
「でもまあ、これだけのスピードで泳げるんだから、御の字だな」
"Oh, well, being able to swim so fast is most satisfactory."
四谷は満足そうによちよちと氷を歩く。
The seemingly satisfied Shitani took a few tottering steps on the ice.
「飛べなくても、自由に泳ぐことが=」
"Even if I can't fly, being able to swim freely is..."
「ちょいとあんた! どこほっつき歩いてんだい!」
"Just a minute there, you! Where do you think you're wandering off to?"
妻のペンギンがやって来た。
The penguin's wife had spotted him.
「なあに、自由を満喫しにね」
"Well, I was going to enjoy my freedom."
「なに下らない事言ってんだい、さあ、さっさと抱いておくれよ」
"What a stupid thing to be saying. Come, come, someone needs a hug."
「なんだい、今日は大胆だなぁ、うふふ」
"Well, well, you certainly are forward today. Heh heh heh..."
「なに勘違いしてんだい、これを抱けって言ってんだよ!」
"That's not what I'm talking about. Hug this!"
 妻は四谷に卵を突き付ける。
His wife thrust an egg toward Shitani.
「おおっ、お前とうとう生まれたんだな?」
"Oh. You've finally laid an egg?"
「生まれたも生まれた、大生まれさ!」
"Laying eggs is laying eggs. Of course I laid an egg!"
「いやぁ、良かった、やったなぁ」
"Well, OK, you did it, right?"
「それじゃ、ヘマすんじゃないよ!」
"As for that, make sure you don't make any mistakes!"
「……へ?」
"Huh?"

 足の間に卵を抱えた四谷は、ブリザードの吹きすさぶ中、立ち続ける。
Clutching the eggs between his legs, Shitani continued to stand in the middle of a howling blizzard.
「寒っ、マジ寒っ!」
"It's midwinter, truly it is midwinter!"
 震えながら、また卵をひっくり返す。卵は温かく、微かな脈動すら感じられた。
Shivering, he again turned the egg over. The egg was warm, and he felt a faint pulse from it.
 もしも、一瞬でも卵から離れれば、芯まで凍り付いてしまうに違いない。
If he should happen to be seperated from the egg for even a moment, it would surely freeze to its core.
「ううっ、鳥になっても自由の断片すらねえ!! 畜生、次に生まれ変わる時には、人間になってやる! 絶対だ!」
"Brr, even when I have become a bird, I don't even have a smidgen of freedom! By god, next time I'm reborn, make me a human!"
 四谷の絶叫は、ブリザードにかき消された。
Shitani's exhortation was swallowed by the blizzard.
Last edited by richvh on Thu 01.25.2007 1:30 pm, edited 1 time in total.
Richard VanHouten
ゆきの物語
richvh
 
Posts: 6449
Joined: Thu 09.29.2005 10:35 pm

RE: 鳥になりたい

Postby Birddog » Sat 01.27.2007 4:15 am

Hey all,

This is my crack at it.

鳥になりたい    ごんぱち
I want to be a bird - By Gonpachi

http://www.qbooks.jp/1000/087/#04


医師は、一礼して部屋から出て行った。
The Doctor left the room with a bow.

その撫?ヘ、現れた時よりも暗くなっていた。
His expression had become darker than when first said it.

「そ……か」
I see....

医師の閉め残した障子の隙間から、四谷京作は外を見つめる。
Through the opening left in the shouji screen by the doctor, Yotsuya stared outside.

「もう」
Hmmm

広がる稲穂の実った田んぼから時折雀が飛び立ち、カラスが戯れ、そして青い青い空ではトンビが悠々と滑空していた。
Every now and then, sparrows flew out of the rice frields with their ripening heads of rice, crows flapped about, and in the clear blue sky a kite leisurely glided.

「ああ、あんな風に、自由に」
Ahh, to be so free.

四谷はため息をつく。炎症でボロボロになった肺のあちこちに空気が引っかかり、ゼエゼエと嫌な音を立てた。
Yotsuya sighed. His lungs ravenged by inflammation, choked with air, and made that wheezing sound he so hated.

「鳥に……なれたら」
If I was a bird...

その時、一頭の蝶がふわりと入りこんで来た。
Just then, a butterfly came gently into the room.

四谷の周りをおどけるようにひらひらと飛ぶ。
It fluttered playfully about Yotsuya.

その真っ白い羽根は、それ自体が光っているようで、薄暗い室内に明かりが灯ったようだった。
The pure white wings, seemed to shine themselves, and lit up the gloomy room.

「綺麗、だ」
Beautiful.

蝶は四谷を気にする風もなく飛び続ける。
The butterfly continued to fly around, unconcerned about Yotsuya.

四谷の口元にうっすらと笑みが浮かんだ時。
A faint smile crossed Yotsuya's lips.

「その願い、叶えてやろう」
I'll grant your wish.

声がした。
A voice said.

「だ、だれ、っげほっ」
Wh, Who?

「叶えてやろう」
I'll grant it for you.

はっきりしたような、ぼんやりしたような声を聞きながら、四谷は最後の息を吐いた。
As he listened to the clear and distant voice, Yotsuya breathed his last breath.

水中を弾丸のように四谷は泳ぐ。
Like a shot, Yotsuya was the water swimming.

「よりによって」
What of all things??

勢いをつけ、そのまま水面から飛び上がる。
Summoning all his energy, he flew from the water.

「飛べない鳥になるとは」
I've become a bird that can't fly!!

宙返りを一つして、氷の地面の上に降り立ったのは、皇帝ペンギンに生まれ変わった四谷だった。
One somersault later he landed on the ice, Yotsuya had been reborn as a Emperor Penguin.

「でもまあ、これだけのスピードで泳げるんだから、御の字だな」
Ah well, being able to swim this fast is still okay.

四谷は満足そうによちよちと氷を歩く。
Yotsuya waddled across the ice looking satisfied.

「飛べなくても、自由に泳ぐことが=」
Even though I can't fly, I'm free to swim.

「ちょいとあんた! どこほっつき歩いてんだい!」
Hey Just a minute you! When do you think your going?

妻のペンギンがやって来た。
Wife penguin arrives.

「なあに、自由を満喫しにね」
Whaaat, I'm going to enjoy my freedom.

「なに下らない事言ってんだい、さあ、さっさと抱いておくれよ」
What are you drivelling about? Just hurry up and sit on this for me.

「なんだい、今日は大胆だなぁ、うふふ」
What? You're pushy today.

「なに勘違いしてんだい、これを抱けって言ってんだよ!」
What don't you understand?! I said sit on this!

妻は四谷に卵を突き付ける。
His wife, pushed the egg in front of him.

「おおっ、お前とうとう生まれたんだな?」
Soo, you finally laid one hey?

「生まれたも生まれた、大生まれさ!」
Laying an egg is laying an egg, and a big one.

「いやぁ、良かった、やったなぁ」
Yeah, It's all good, you did it.

「それじゃ、ヘマすんじゃないよ!」
Don't stuff it up!!

「……へ?」
eh?

足の間に卵を抱えた四谷は、ブリザードの吹きすさぶ中、立ち続ける。
With the egg between his legs, Yotsuya stood against the raging blizzard.

「寒っ、マジ寒っ!」
Cold, really cold!

震えながら、また卵をひっくり返す。卵は温かく、微かな脈動すら感じられた。
Shinvering, he turned the egg over. The egg was warm, and he felt a faint heart beat.

もしも、一瞬でも卵から離れれば、芯まで凍り付いてしまうに違いない。
If he left the egg even for a moment, it would surely freeze to the core.

「ううっ、鳥になっても自由の断片すらねえ!! 畜生、次に生まれ変わる時には、人間になってやる! 絶対だ!」
Even as a bird, my freedom turns to crap!! Stuff it, next time I get reborn, it'll be as a human! Without a doubt.

四谷の絶叫は、ブリザードにかき消された。
His curses disappeared into the blizzard.
Birddog
 
Posts: 29
Joined: Sat 01.13.2007 5:15 am

RE: 鳥になりたい

Postby miha » Mon 01.29.2007 6:53 am

richvhさん、birddogさん、二人の翻訳を見ましたが、面白いです。私には勉強にもなります。

1. 日本語の問題ですが、この「もう」の意味がいまいち、わかりません。

   「もう、稲穂が実っている時期が来た」という驚きなのか(今までろくに外を見ないで寝ていたから)
私はこれだと思っています。↑

   「もう、こんな時間?」って言っているのかな?

2. 英語の問題ですが、「音または声がブリザードによってかき消された。」と言うときの動詞に、disappearを使えますか?

3. それから、雀、カラス、トンビは、1羽なのか?雀はふつう、群れでいるので、なんとなく、複数の雀が飛び立ったりしている気がします。(日本語だけではわかりませんが)
Last edited by miha on Mon 01.29.2007 7:01 am, edited 1 time in total.
miha
 
Posts: 243
Joined: Sun 11.26.2006 8:56 am


Return to ごんぱち

Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 2 guests