Learn Japanese with JapanesePod101.com

View topic - 〜ということ

〜ということ

Have a Question about some Grammar point? Share it with the world!

〜ということ

Postby ss » Wed 10.10.2007 2:09 am

In conjunction with Related 3kyuu Thread, about the usage of 「~ということ」.
Coco-san has tried her best to explain, but we are still having troubles understanding the usage of 「〜ということ」。
In 3級日本語迫ヘ試験文法問題対策、ISBN4-88319-354-3, it explained as 意味 > THE FACT THAT 〜. However, during the discussion, Coco-san mentioned the word “presupposition” when she gave us her example sentences.

I think we are confused by "THE FACT" and "PRESUPPOSITION".

How do you interpret sentences like these : -

1) 今夜から雨がふるということは、明日の花火大会は中止かもしれませんね。
2) レストランに電話しても誰も出ないということは今日は休みかもしれません。
3) せきにまだかばんがあるということは山田さんはまだこの建物の中にいるのでしょう。

Last but not least, please furnish us with some Japanese example sentences with your best explanations. Thank you very much for your time in advance.
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

RE: 〜ということ

Postby Oracle » Wed 10.10.2007 2:38 am

SS wrote:
Coco-san has tried her best to explain, but we are still having troubles understanding the usage of 「〜ということ」。
In 3級日本語迫ヘ試験文法問題対策、ISBN4-88319-354-3, it explained as 意味 > THE FACT THAT 〜. However, during the discussion, Coco-san mentioned the word “presupposition” when she gave us her example sentences.

I think we are confused by "THE FACT" and "PRESUPPOSITION".


The common sentence pattern AということはB gives some fact or situation (A), and then draws a conclusion from it (B). Basically, "A means (that) B"

1) 今夜から雨がふるということは、明日の花火大会は中止かもしれませんね。

The fact it's going to rain tonight means the fireworks show tomorrow might be canceled.
(or
rain tonight means the fireworks show tomorrow might be canceled.)

2) レストランに電話しても誰も出ないということは今日は休みかもしれません。

Noone answering the phone at the restaurant means they might be closed today.

3) せきにまだかばんがあるということは山田さんはまだこの建物の中にいるのでしょう。

The fact his bag is still on the seat means Yamada might still be in this building.
Last edited by Oracle on Wed 10.10.2007 5:33 am, edited 1 time in total.
User avatar
Oracle
 
Posts: 537
Joined: Mon 02.13.2006 9:03 am
Native language: English

RE: 〜ということ

Postby jjwai » Wed 10.10.2007 4:27 am

Hello, actually, I don't know how to use 〜ということ..., but I have some idea on 〜という意味です ... I think という意味です is not means "the fact" or "presupposition". It really means "meaning". If I ask you 禁 止 使 用 ... dou いう 意味ですか, that means "what is the meaning of 禁 止 使 用?"
If you want to use presupposition, than "~ de shi(yo)u" or "~ かもしれません" can be used. The former one is use when the case will happen in high probability (talking about 50-90%) e.g. konya wa hoshi ga meeru de shi(yo)u. The latest one is use in low probability (it is not the fact, will not be happened, just talk with no supporting) e.g kane wa kaishi(ya) o yameru かもしれません.

** Hope you understanding what I'm talking about, as I don't know how to type out the Japanses words from my keyboard. Those Japanese you see are only use the 'copy and paste' function.
jjwai
 
Posts: 2
Joined: Mon 10.08.2007 2:34 am

RE: 〜ということ

Postby Yudan Taiteki » Wed 10.10.2007 8:10 am

という意味です is a completely different construction -- the intent of this thread is not ask how to say something in Japanese, it's specifically about the grammar construction ということ.
-Chris Kern
User avatar
Yudan Taiteki
 
Posts: 5609
Joined: Wed 11.01.2006 11:32 pm
Native language: English

RE: 〜ということ

Postby Gundaetiapo » Wed 10.10.2007 8:39 pm

Per one of coco's previous explanations:

「… ということです(よ)ね。」 (… ってことです(よ)ね) is useful phrase. When you think you understand what the speaker said but still need to confirm his/her intention, ですよね/ですね is used. If you are still not sure what the speaker meant, ということですか? is suitable.


Also, Tony's explanation here is insightful.
Gundaetiapo
 
Posts: 527
Joined: Fri 03.30.2007 11:26 am
Location: New England
Native language: English
Gender: Male

RE: 〜ということ

Postby ss » Wed 10.10.2007 9:24 pm

Thank you very much for your explanation, Oracle-san.

I misunderstood the meaning of "The Fact That ~", now, by reviewing Coco-san’s explanation using “presupposition” I think it further explained the usage of 「〜ということ」.

Initially, for those 3 sentences, the third one made much sense to me as "his bag is still on the seat" was FACT, and then concluded with "Yamada might still be in this building". The other 2 sentences not so much clear. But basing on the explanation of "presupposition" ---- I can think of what comes before ということ as "background information" for what the speaker says next, and the statement can be true or false, yes or no.

Edit:
Nice one! Gund-san, thank you.
Last edited by ss on Wed 10.10.2007 9:29 pm, edited 1 time in total.
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

RE: 〜ということは

Postby coco » Thu 10.11.2007 11:28 pm

学習者にとって、「〜ということは」と「〜ことは」の使い分けがもっとも難しいものではないかと思われます。
事実、いくつかの場合には、置き換え可狽ネのですが、「〜ということは〜 」しか使えないケースがいくつかあります。それについて説明できればと思います。

It is considered that the distinction between 〜ということは usage and 〜ことは〜 uage is most difficult for the Japanese learners. In fact, there some cases that ということは and ことは are replaceable. But in the other cases, you can't put ことは as it for ということは. I'd like to explain a case you have to use only 〜ということは.
---
■「ということは」が文頭に来る会話例■
dialog example that ということは is placed in a sentence beginning.
A:12時発の飛行機に乗りますから、10時半までにはチャンギ国際空港に行かなければなりません。
A:I'm going to take the flight departs at 12:00, I have to arrive at Changi-International airport by 10:30. (?)
B:ということは、あと30分しか話せませんね。
B:You mean we only have 30 minutes left to talk, do you.(?)


この場合、Bの発言意図は次の内容です。
In this case, B wanted to say
B:10時半までに空港に行くということは、あと30分しか話せませんね。
B: What " You have to arrive there by 10:30" means " there are only 30minutes left".(?)


このとき「10時半までに空港に行く」は、直前に交わした会話内容の引用であり、「あと30分しか時間がない」という発言内容は、「10時半までに空港に行く」という前提に基づいたものであることを浮オています。 この場合、「ことは」は使えません。

「10時半までに空港に行く」 was quoted from their conversation that was spoken just now, and B's utterance as 「あと30分しかない」indicates that it is based on the "presupposition" of 「10時半までに空港に行く」. In this case, you can not use 「〜ことは〜」.

○B: 10時半までに空港に行くということは、あと30分しか話せませんね。
×B: 10時半までに空港に行くことは、あと30分しか話せませんね。
○B: ということは、あと30分しか話せませんね。。
×B: ことは、あと30分しか話せませんね。

「ということは〜」は相手の会話を受けた形で文頭で使うこともできますが、前提引用としての「ことは」は文頭で使えません。
When you are following speaker's utterance, 「ということは」can be placed in a sentence beginning. However you can't put 「ことは〜」in the beginning.


聞き手と話し手の間で交わされた内容を基に、意見を述べるなどの形で会話を展開する場合、すなわち発言者の意見を誘発する前提を述べる場合に「ことは」ではなく「ということは」が使用されるのではないかと考えました。
Thus I think 「ということは」 is used when the speaker unfolds his/her opinions based on the "presupposition" which was spoken between their conversation. The utterance before 「ということは〜」is the "presupposition", which leads the speaker's opinion, and you can not quote the "presupposition" with 「ことは〜」.

■「[文1]ということは[文2]」の文例■
日本語迫ヘ試験の3級に受かったということは、かなり日本語がお上手なんですね。
What you passed the JLPT3Q means your are pretty good at Japanese, do you ? (?)
<前提>
日本語迫ヘ試験の3級に受かった。
<推量>
日本語がうまい。

×日本語迫ヘ試験の3級に受かったことは、かなり日本語がお上手なんですね

話し手は、ある前提(ここでは「3級合格」)を論拠に、自分の推測あるいは感想や意見を展開します。このとき、話し手が聞き手と前提条件を共有していると思っていることが重要で、実際に前提が事実であるか、あいは聞き手と共有しているかは無関係といえそうです。
The speaker unfolds his/her opinion/deduction/impression. The basis of her/his argument is the "presupposition". In this context, it is "This person passed the JLPT3Q". Most important point is that the speaker realized that s/he and the listener are sharing the same understanding.
It doesn't seem that credibility of the "presupposition" matters. Even if they don't share the same presupposition, 「ということは〜」could be used.

というのは、
A: 日本語迫ヘ試験の3級に受かったということは、かなり日本語がお上手なんですね。
B: いえ、受かったのは2級です。

などという会話の展開もあり得るからです。
this is correct usage of 「XということはY」.

---
○今夜から雨がふるということは、明日の花火大会は中止かもしれませんね。
×今夜から雨がふることは、明日の花火大会は中止かもしれませんね。

<前提>
今夜から雨が降る
<推量>
明日の花火大会は中止。

これに対し、相手が次のように発言する展開も考えられます。
It is possible that your companion responds like following sentences.
応答1) でも、雨は明日の昼までに止むそうですから、たぶん花火大会は決行されますよ。
応答2) え? 雨が降るのは、今夜からではなく、明日の夜からですよ。

もし、「ということ」を The fact that と捉えると、次のような文章の解釈が難しくなると思われます。
If you take ということは as "The fact that 〜", I suppose following responses might be hard to interpret.
( ただし3級の範囲で出題される文例を、" The fact 〜 means 〜." と考えた方が理解しやすい場合には、そのまま覚えた方がいいと思います。)

今夜から雨がふるということは、ありませんよ。
今夜から雨がふるということは、確かですか?
日本語迫ヘ試験の3級に受かったということは、事実ではありません。


もっとも、「〜ということは〜」の後に述語が続く場合、「こと」を「の」に置き換える方が自然です。
However, it might be more natural to use の rather than こと when a predicate is placed after ということは directly.
今夜から雨がふるというのは、事実ですか?
日本語迫ヘ試験の3級に受かったというのは、間違いです。

前提条件に基づいた意見展開の場合には「こと」を「の」に置き換えられません。
When you say your opinion based on the "presupposition", you can't put の instead of こと.
×10時半までに空港に行くというのは、あと30分しか話せませんね。
×日本語迫ヘ試験の3級に受かったのは、かなり日本語がお上手なんですね。
×今夜から雨がふるというのは、明日の花火大会は中止かもしれませんね。
---
『完全マスター』の文例も見てみましょう。
レストランに電話しても誰も出ないということは、今日は休みかもしれません。
×レストランに電話しても誰もでないことは、今日は休みかもしれません。 
<前提>
電話をしても誰も出ない
<推量>
店は営業していない。

席にまだカバンがあるということは、山田さんはまだこの建物の中にいるのでしょう。
×席にまだカバンがあることは、山田さんはまだこの建物の中にいるのでしょう。
<前提>
山田さんの席に山田さんのカバンが置いてある。
<推量>
山田さんは建物から外に出ていない。

【この状況の会話例】

A:山田さん(φが)、どこにいるか知りませんか?
B:山田さんのカバン(φは)、まだ席に置いてありますよ。
C: 席にまだ山田さんのカバンがあるってことは、山田さん(φは)まだこの建物の中にいるんじゃない?
B: あ、ごめんなさい。カバンは山田さんのじゃなくて、田中さんの(もの)でした。
A:ってことは、山田さんはもう帰っちゃったかもしれませんね…。

---
編集: 「なんちゃって英語」を途中まで加えました。
Last edited by coco on Sat 10.20.2007 12:05 am, edited 1 time in total.
coco
 
Posts: 3061
Joined: Mon 05.30.2005 12:43 am
Location: 東京都
Native language: 日本語(Japanese)

RE: 〜ということが分かった

Postby coco » Sat 10.13.2007 9:17 pm

いろいろ調べて、その駅がいちばん便利だ ということがわかった。
に関してです。
----
まず 「〜がわかった」から始めましょう。

1)答えが分かった。
−−→ 【答え】が分かった。 [名詞]+が分かった。
2)その問題の答えが分かった。
−−→【その問題の答え】が分かった。
3)その問題の答えが「A」だということが分かった。
−−→【その問題の答えが「A」だ】ということが分かった。

このときの「ということ」は、『完全マスター』の説明にあるように
<used to change a sentence into a noun clause>
です。

この場合、
○【その問題の答えが「A」だ】分かった。
−と、「いうこと」を省略することもあります。

重要なのは「XがYだ」の引用には「」が欠かせないという点です。

×【その問題の答えが「A」だ】ことが分かった。
引用の「と」と名詞化の「こと」をつなぐ言葉は「いう」です。

×【その問題の答えが「A」だ】とことが分かった。
×【その問題の答えが「A」だ】とのが分かった。  

「便利だ」「便利な」は「な形容詞(形容動詞)」ですから、

○いろいろ調べて、【その駅がいちばん便利だ】と分かった。
○いろいろ調べて、【その駅がいちばん便利だ】ということが分かった。
×いろいろ調べて、【その駅がいちばん便利だ】ことが分かった。
×いろいろ調べて、【その駅がいちばん便利だ】のが分かった。
○いろいろ調べて、【その駅がいちばん便利な】ことが分かった。
○いろいろ調べて、【その駅がいちばん便利な】のが分かった。
×いろいろ調べて、【その駅がいちばん番便利な】と分かった。
×いろいろ調べて、【その駅がいちばん便利な】ということが分かった。

となります。
Last edited by coco on Sun 10.14.2007 12:45 pm, edited 1 time in total.
coco
 
Posts: 3061
Joined: Mon 05.30.2005 12:43 am
Location: 東京都
Native language: 日本語(Japanese)

RE: 〜ということ

Postby ss » Thu 10.18.2007 3:59 am

ただいま!

ここさん、詳しい解説をありがとうございます。

Sorry for my early dismissal the other day. Since this sentence made sense, I just wanted to add to thread.  (以下の文は全部正しいですか?)

会議室に10人いました。 3人は賛成しました。7人は沈黙を保持しました。
そして議長が「賛成が3名ということは、黙っている人(7名)は反対ということですね」とおっしゃいました。

-----
Coco-san, thank you for adding English 説明 there, appreciated.
Last edited by ss on Sat 10.20.2007 12:43 pm, edited 1 time in total.
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

RE: 〜ということ

Postby Garappachi » Thu 10.18.2007 11:08 am

突然の割り込み、失礼します。
下記の一カ所を除き、非常に自然な文章です。

7人は沈黙を保持しました。

この文は変ですね。前後の文脈と「保持」という単語から類推して、該当しそうな文を下にあげてみました。

7人は沈黙を守ったままでした。(「沈黙を守る」という慣用句を使った場合)
7人は沈黙したままでした。(「沈黙する」(沈黙+する)という動詞を使った場合)
7人は黙ったままでした。(「黙る」という動詞を使った場合)

以上、参考になれば幸いです。
Garappachi
 
Posts: 195
Joined: Mon 06.11.2007 6:52 am
Location: 関西
Native language: にほんご
Gender: Male

RE: 〜ということ

Postby coco » Fri 10.19.2007 1:10 am

SSさん
「賛成が3名ということは、黙っている人(7名)は反対ということですね」

「〜ということは/ということですね」の正しい使い方です。 :)

「沈黙を保持する」に関しては、Garappachi さんのご説明のとおりです。

Garappachi さん
ご説明ありがとうございました。
(ご意見、ご指導はいつでも歓迎いたします。割り込み云々はどうかお気になさらずに。 :) )
coco
 
Posts: 3061
Joined: Mon 05.30.2005 12:43 am
Location: 東京都
Native language: 日本語(Japanese)

RE: 〜ということ

Postby ss » Fri 10.19.2007 3:16 am

ここさんwrote:
(ご意見、ご指導はいつでも歓迎いたします。割り込み云々はどうかお気になさらずに。 :) )


確かにまったく同感です。
皆様がとても丁寧に説明してくださったので、私は嬉しかった。
錯誤を正していつでも歓迎します。 今後どうぞよろしくお願い垂オあげます。 :)

訂正:
会議室に10人いました。 3人は賛成しました。 7人は沈黙を守ったままでした。
そして議長が「賛成が3名ということは、黙っている人(7名)は反対ということですね」とおっしゃいました。
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

RE: 〜ということ

Postby Garappachi » Fri 10.19.2007 4:42 pm

cocoさん
どうもご無沙汰をしております。しばらく投稿をしていなかったので、タイピングする指が硬くなっていたようです。これからも、たまに投稿させていただくこともあると思いますが、その節はよろしくお願いいたします。

SSさん
どうも、はじめまして。
丁寧なご挨拶、痛み入ります。何はともあれ、参考にして下さったようで、ヨカッタ、ヨカッタ。
Garappachi
 
Posts: 195
Joined: Mon 06.11.2007 6:52 am
Location: 関西
Native language: にほんご
Gender: Male

RE: 〜ということ

Postby ss » Fri 10.26.2007 10:30 am

I wish to add these to thread.
Are these sentences right? Please feel free to correct them.

まだ部屋の電気がついているということは、まだ彼は起きているのでしょう。
The light of the room is still on means he might still be staying up late.

今日曙試O処齠?ニいうことは、明日は処鼬獅ナす。
Today is 31st October means tomorrow is November.

加藤が良いチェス選手ということは、みんなが認めている。
Everyone acknowledges Kato-san as a good chess player.

明日の午前8時に会議があります。 ということは、普段より早く起きなくてはならない。 
There will be a meeting at 8 a.m. tomorrow morning. That means, I'll have to get up earlier than usual.



Thank you in advance.
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

RE: 〜ということ

Postby Garappachi » Fri 10.26.2007 1:37 pm

「ということは」の使い方について完璧だと思います。
その他で少し気が付いたことを・・・

>まだ部屋の電気がついているということは、まだ彼は起きているのでしょう。
>The light of the room is still on means he might still be staying up late.

文法上は何ら問題はありません。が、「まだ」を同じ文の中で二度使っているので、くどく感じ、少し違和感があります。
どちらかの「まだ」を省略して、・・・
まだ部屋の電気がついているということは、彼は起きているのでしょう。※文脈によっては、「部屋の電気がついている」ことに話し手の関心・視点がある場合があります。
部屋の電気がついているということは、まだ彼は起きているのでしょう。※文脈によっては、「彼が起きている」ことに話し手の関心・視点がある場合があります。
・・・のようにしてはいかがでしょう?

それとも状況によっては、「こんなに夜遅くまで」「こんな時間(になる)まで」などの語句を補って、・・・
こんなに夜遅くまで部屋の電気がついているということは、まだ彼は起きているのでしょうね。
こんな時間(になる)まで部屋の電気がついているということは、まだ彼は起きているのでしょうね。
・・・などの文でしたら、自然な阜サになります。

>今日曙試O処齠?ニいうことは、明日は処鼬獅ナす。
>Today is 31st October means tomorrow is November.

これも文法上は何ら問題はありません。が、「明日は」は日にちを指しますので、・・・
今日曙試O処齠?ニいうことは、明日は処鼬肢齠?ナす。
・・・または・・・
今日曙試O処齠?ニいうことは、明日から処鼬獅ナす。
・・・のように阜サした方が自然になります。

以上です。
Garappachi
 
Posts: 195
Joined: Mon 06.11.2007 6:52 am
Location: 関西
Native language: にほんご
Gender: Male

Next

Return to Grammar Questions and Problems

Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 8 guests