Learn Japanese with JapanesePod101.com

View topic - Expressions using もの

Expressions using もの

Have a Question about some Grammar point? Share it with the world!

Expressions using もの

Postby NocturnalOcean » Mon 10.22.2007 4:59 pm

This week I had this theme in my grammar class, and I thought, as I review it I can post the information here, and hopefully it can be of help to people. There are all in all 13 expressions I will post here, and if you have something you want to add or comment feel free.

〜ものだ
心に強く感じたことや、驚いたり感心したりしたことを感情を込めて言う。感慨を浮キ。
(本当に〜だなあ)という気持ち。
(動詞 ・い形容詞 ・な形容詞の名詞修飾型+ものだ)
1.日本に来てもう一年経ったのか。早いものだ。
2.この町も昔と違ってきれいになったものだ。
3.ああ、早く国へ帰りたいものだなあ。

過去を懐かしく思い出す。過去の回想。
(動詞 ・い形容詞 ・な形容詞のた形+ものだ。
4.子供のころ、よくいたずらをして両親を困らせたものだ。
5.小学校の時、兄とけんかしてよく泣かされたものだよ。

〜が 一般的な常識だ (だからあなたもそうしたほうがいい)。人に対して注意をする時に使う。
(動詞辞書形+ものだ)
6.「もう10時だ。早く寝なさい。子供早く寝るものだ」
7.約束をしたら、きちんと守るものだ。

「〜ものではない」の形も使う。
8.人の失敗を笑うものではない。
9.無駄遣いをするものじゃないよ。お金は大切にするものだ。

〜というものだ
(〜と言って当然だ。 話し手の批判、判断、感想を断定的に言う。強調して言う)
(普通形+というものだ、な形容詞 ・名詞は 「だ」がない形が普通)
1.世話になったのに礼も言わないのは、非常識というものだ。
2.人のことを考えないで、自分の都合だけで行動するのは、自分勝手というものだ。
3.若者が高級車を買うのはぜいたくというものだ。

〜と言うものではない、 〜というものでもない
(〜が当然とは言えない。必ずしも〜ない。〜とは言い切れない)
(普通形+というものではない)
1.まじめな人だから有狽セというものではない。
2.商品は安ければ安いほど売れると言うものではない。
3.努力すれば必ず成功すると言うものではない。

〜ものだから、もので
(実は〜と言う理由があるので。個人的な言い訳、事情の説明に使う)
(普通形ー+ものだから、名詞は「名詞+な」になることが多い)
1.「どうして貴遅刻したんですか」
  「すみません。電車がちょっと遅れたものですから」
2.「今週は忙しかったもので、ご連絡するのが遅くなってしまいました」
3.日本の習慣をあまり知らないものですから、失礼なことをしてしまうかもしれません。

〜ものがある
(〜と感じさせる要素がある。〜と言う感じがある。ある事実から感じたことを感情を込めて言うときに使う)
(動詞 ・い形容詞 ・な形容詞の名詞修飾型の現在+ものがある)
1.彼の作品には人の心を打つものがある。
2.これだけの給料で生活するのは、ちょっと厳しいものがある。
3.卒業後は私の友人はみな遠くへ行ってしまう。ちょっとさびしいものがある。
4.彼の話にはどこか納得できないものがある。

〜ものか
(絶対に〜したくない。絶対に〜と思う。感情的な言い方)
(名詞修飾型+ものか 名詞は「名詞+な」の形)
1.「あんないやなやつ、パーティーに呼ぶものか」
2.「一人暮らしってさびしいでしょう?」
  「さびしいもんか。気楽でいいよ」
3.「こんなサービスの悪い店、二度と来るものか」

〜ものの
(〜が。そのことから考えられる通りにならない。結果が伴わない)
(動詞 ・い形容詞 ・名形容詞の名詞修飾型+ものの)
1.デパートへ行ったものの、込んでいて何も買えなかった。
2.頭ではわかっているものの、実際に使い方を言葉で説明するのは難しい。
3.熱は下がったものの、食欲がなくて元気が出ない。
4.転職して給料は下がったものの、自由な時間が増えて満足している。

〜ものなら
(〜ことが可狽ネら、もし〜できたら。 実現が難しいことについて言う)
(動詞可伯`+ものなら)
1.行けるものなら、ヨーロッパへ行ってみたいなあ。でも、お金も時間もないんだよ。
2.こんな仕事、辞められるものなら辞めてしまいたいが、家族がいるから辞めるわけにはいかない。
3.行けるものなら、今すぐにでも君のところへ行きたいよ。
可伯`と使うことが多いが、辞書形が使われることもある。
4.父の病気が治るものなら、どんな効果なくするでも手に入れない。

〜(よ)うものなら
(もし〜たら大変なことになる)
(動詞意向形+ものなら)
1.あの先生は厳しいから、断らずに欠席しようものなら、大変なことになるよ。
2.妻に文句を言おうものなら、二度と口を利いてくれなくなるだろう。
3.彼に一度でもお金を貸そうものなら、何度でも貸してくれと言ってくれよ。そしてお金は決して、返ってこないよ。

〜ないものでもない
(場合 ・状況 ・条件によっては〜するかもしれない ・することもある)
(動詞ない形+ないものでもない)
1.条件によってはその仕事を引き受けないものでもない。
2.厳しい仕事だが、皆で協力してがんばればできないものでもない。
3.会社を辞めたいというあなたの気持ちは、わからないものでもないが、無断で仕事を休むのはよくないと思う。

This was it for this time, feel free to comment and give some examples or some explanations on thing you have experienced or have some trouble with.
失敗は成功の元
NocturnalOcean
 
Posts: 688
Joined: Mon 03.12.2007 12:43 pm
Native language: Norwegian

RE: Expressions using もの

Postby coco » Tue 10.23.2007 6:16 am

中級・上級学習者にとって非常に役立つ内容ですね。 :)

〜ものだ
3の用法と同じですが、「〜たい」「ほしい」に接続して希望を浮キことがあります。
1. 新しい政権には治安を回復してほしいものだ。
2. 来年こそは、借金を全額返済したいものだ。

〜ものだ
解説、説明としての「ものだ」。
1.  この脆弱性は、Windows XP SP2、Windows 2000 SP4、Windows Server 2003 SP1/SP2だけでなくWindows Vistaにも存在するものだ
2. 新テロ対策措置法案の提出は、従来のテロ措置法延長法案が参議院で否決されるのを前提に行われたものだ
3. この調査は、建物の所有者が建築技術者と契約を結び実施するものだ

〜ものではない
評価を下す用法。
1. この魚はまずくて、食えたもんじゃない。(男性)
2. 最近の若者も、まだまだ捨てたもんじゃないね
3. 気をつけてください。あの男は裏で何をしているか分かったものではないですよ

〜ものの
(〜が。そのことから考えられる通りにならない。結果が伴わない)
(動詞 ・い形容詞 ・名形容詞の名詞修飾型+ものの)


「〜ものの」は必ずしも「結果が伴わない」のように否定的に使われるわけではありません。
1. わずかではあるものの、進歩は見られる。 →わずかながら、進歩は見られる。
2. 少量とはいうものの、まだ在庫は残っている。→少量ながら、在庫はある。
3. その子はまだ幼いものの、眼には武人の輝きが宿っている。→幼いながら、強そうだ。

「とはいうものの」はよく使われます。 狂歌にこんなのがあります。
・世の中に人の来るこそ うるさけれ とは言ふものの御前ではなし。(蜀山人)
これをもじった内田百?が、正月、玄関に唐闖oしたというのが下の句。
・世の中に人の来るこそ うれしけれ とは言ふものの御前ではなし。

・「無礼講」とはいうものの、本気にすれば左遷やむなし。

・「住めば都というものの、この土地にはなかなか馴染めないんです」
・「早く帰れといわれたものの、この仕事が終わらなきゃ帰れないよな」(男性)

〜ないものでもない
(場合 ・状況 ・条件によっては〜するかもしれない ・することもある)
(動詞ない形+ないものでもない)
1.条件によってはその仕事を引き受けないものでもない。
2.厳しい仕事だが、皆で協力してがんばればできないものでもない。
3.会社を辞めたいというあなたの気持ちは、わからないものでもないが、無断で仕事を休むのはよくないと思う。


「〜ないものでもない」は持って回った言い方で、ややもすると尊大に聞こえかねませんので、使う人も使う状況も限られていると思います。(役人や政治家が国会答弁をする場合にはよく使われます。)
1
条件によってはその仕事を引き受けないでもない
条件によっては、その仕事を引き受けないこともない
2
厳しい仕事だが、皆で協力してがんばればできないこともない
3
会社を辞めたいというあなたの気持ちはわからないでもないが、〜
会社を辞めたいというあなたの気持ちはわからないこともないが、〜

の方がよく使われる阜サだと思います。

〜もの/もん
(終助詞)
形式名詞の「もの」とは異なりますが、会話での「もの」阜サでよく耳にするのは(東京の場合)、終助詞の「もん/もの」ではないでしょうか。主に(若い)女性と子どもが使います。反語としての「ものか」が主に男性に使われるのと対照的です。

「忘れちゃったんだもん
「だって、嫌なんだもん
「そのときは、それが一番いいと思ったんだもの

もん
助詞(終助詞) 詰問され、自分の正当性の主張を甘えた口調でいう語。
「だって知らなかった=v「そんなこと知ってる=v
だそうで。 ;)
---
関連スレッド:ものだ examples.
Last edited by coco on Tue 10.23.2007 9:42 am, edited 1 time in total.
coco
 
Posts: 3061
Joined: Mon 05.30.2005 12:43 am
Location: 東京都
Native language: 日本語(Japanese)

Re: Expressions using もの

Postby Yusaba » Wed 08.20.2008 9:34 am

「ものだ」の質問です。意味が分かると思いますが、いつ使っていいかよく分かりません。そして、意味が分かると思いますのに、間違ってるならもっと間違う前に確認したいです。

6.「もう10時だ。早く寝なさい。子供早く寝るものだ」

なんで「子供は早く寝るべきです」とじゃないですか。 

3.努力すれば必ず成功すると言うものではない。

「努力すれば必ず成功すると言い切れない」

1.「どうして貴遅刻したんですか」
  「すみません。電車がちょっと遅れたものですから」

「電車がちょっと遅れたのですから」と何が違いますか。

2. これだけの給料で生活するのは、ちょっと厳しいものがある。

「~厳しいと思います」と何が違いますか。

〜(よ)うものなら
(もし〜たら大変なことになる)
1.あの先生は厳しいから、断らずに欠席しようものなら、大変なことになるよ。

なんで「欠席したら」じゃないですか。

~もの(です)か
これに「か」がついてますので、「もの(です)か」を見たら、いつも「質問だ」と思います。そういう場合がありませんか。

順序がよくしませんでしたね。すみません。
Yusaba
 
Posts: 23
Joined: Tue 08.12.2008 1:22 pm


Return to Grammar Questions and Problems

Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 7 guests