Learn Japanese with JapanesePod101.com

View topic - 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

十二国記 vocabulary, grammar & kanji

The test - experiences, questions or comments

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby richvh » Mon 03.09.2009 10:29 pm

SS wrote:見上げる角度にあるその穴から、淡《あわ》い青の抜けるように高い空と、そこに向かって伸びるまばゆいばかりに白い木が見えた。見えるのはそれだけだった。やっと止まった涙がまたあふれた。
角度 (かくど) angle
example sentences
溢る (あふる) to flood; to overflow; to brim over
example sentences

Wrong verb, or rather, right verb, but wrong conjugation. 溢る is the classical shimo-nidan verb that gave rise to the modern shimo-ichidan verb 溢れる, which is the verb used here.

「そら、おゆき」
空 sky

そら is an interjection here, not the noun "sky"; if you check the log, you'll see I asked Becki about this.
行く go

彼女は駆《か》け出した。生れ落ちたばかりの脚《あし》で初めて走った。
駆け出す (かけだす) to run off; to break into a run; to start running

石段を上りきり、陽光の中に飛び出し、刺《さ》すような光に涙をこぼしながらまっすぐ木に駆けよった。
飛び出し (とびだし) leaps

飛び出す is what you should be understanding this as, and it isn't simply "leaps", but "leaps out".

彼女は根に実った。長細い根に対して、木は低く大きかった。苔《こけ》むした岩盤の上、空を背景に伸びやかに枝を這った木の、白い白い枝には金の果実がひとつ実っている。
長細い根 (ながほそいね) long and thin root
木は低く大き (ひくくおおき) tree which is short/low and big
苔むした岩盤の上 (こけむしたがんばんのうえ) above the mossy rock
白い白い枝 (しろいしろいえだ) snow-white branches
伸びやかに (のびやかに) comfortably; freely

初めての声が彼女の喉《のど》を越えた
This was the first time she said something.
越える 【こえる】 (v1,vi) (1) to cross over; to cross; to pass through; to pass over (out of); (2) to exceed
What does this 越える actually mean here??

"Pass through". Her voice passed through her throat for the first time.

彼女を実らせた根と、ちょうど一対《いっつい》をなす位置にその果実はある。まだ小さく、両手で包めるほどの大きさしかなかった。陽光乾ききらぬ鋭敏《えいびん》な肌を刺すのを感じながら、彼女はその実を両手で包んで頬《ほお》を当てた。
位置(P); 位地 (いち) (n,vs) place; situation; position; location;
陽光 (ようこう) (n) sunshine; sunlight
乾ききらぬ鋭敏な肌 (かわききらせぬえいびんなはだ)dry sensitive skin

乾ききらぬ is "not yet finished drying"; 乾く+ 切る + negative. (The sense of 切る as an auxiliary verb is to do something completely; see sense 20 here.
両手 (りょうて){もろて(諸手; 双手); そうしゅ(双手)} (with) both hands

汕子はこの世に生をうけたのだ。
This was the birth of Sanshi, who was born to undertake great mission in this world.
Richard VanHouten
ゆきの物語
richvh
 
Posts: 6451
Joined: Thu 09.29.2005 10:35 pm

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby ss » Mon 03.09.2009 11:28 pm

Yes!!!! Richさん、thank you very much for catching mistakes like those.
I need people to guide my comprehension proficiency as I'm now also learning combined 動詞 for 二級 like 思い出す、
取り出す、飛び出す、引き出す、呼び出す、締め切る、区切る、張り切る、追い付く、追いかける、思い付く、受け取る 等等。
Thank you for the links as well.

「そら、おゆき」
空 sky

そら is an interjection here, not the noun "sky"; if you check the log, you'll see I asked Becki about this.


Sanshi was following the old lady till 大きく湾曲した石段を上っていくと、ふいに光が見えた。 その重みを胸の中に刻みなおすようにしながら黙々と石段を上ると、ふいに視野が開けた。いつのまにか幅広になっていた石段の、正面にぽっかりと大きく四角の穴が空いていた。 彼女は足を止めた。

So, both of them were actually standing on the top of the 洞穴, the light blue sky appeared before them, and the old lady tapped her back and said "Go!......"

I have the impression that this そら、おゆき is like encouraging her to go forward, go explore the world outside .... like soaring in the sky ... (like a bird starting its first flight .... soaring up and down the sky)
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby katafei » Tue 03.10.2009 9:36 am

My bit, and I took the liberty of inluding the bit assigned to Gundae as well:

「、、、、、おや、罌粟が」
禎衛はつばやいて、かがみこんだ


(衛 526 )>>衛生 hygiene

…..罌粟 【けし】 (n) poppy
…..禎祥 【ていしょう】 (n) good omen
…..衛 【え】guard; defence
呟く 【つぶやく】to mutter; to murmur
….屈み込む; 屈みこむ 【かがみこむ】to lean over; to lean in…


泉に罌粟の花がいくつも浮いているのを見つけたからだ。
禎衛から二歩ほど後れて小道を歩いていた蓉可もまた足を止めた。澄んだ水の表面に、赤い花弁の色が美しかった


1636 319 1566 267 2000 1882 1572 1324 1280 1451

泉 【いずみ】 (n) spring; fountain
…..罌粟 【けし】 (n) poppy
花びら (flower) petal
浮く 【うく】 (v5k,vi) (1) to float; (2) to become merry
…..二歩ほど The second step
後れる 【おくれる】 (v1,vi) to be late; to be delayed; to fall behind schedule
…..小道; 小路 【こみち】 (n) path; lane
…..澄む【すむ】 (v5m,vi) to clear (e.g. weather); to become transparent
表面 【ひょうめん】 (n) surface; outside; face; appearance

「罌粟苑の花でしょうか」
…..園; 苑 (えんwhen a suffix) (esp. man-made); orchard

蓉可の問いに、禎衛はうなずいて花びらをすくう。
「風に乗って飛んできたのだろう。――― 今日は妙な風が吹くね。


2091 1908 2224 2222 170

問い【とい】 (n) question; query
…..禎祥 【ていしょう】 (n) good omen
衛 【え】guard; defence
頷く【うなずく】 (v5k,vi) (uk) to nod; to bow one's head in assent
…..掬う 【すくう】 (v5u,vt) to scoop; to ladle
救う 【すくう】 (v5u,vt) to rescue from; to help out of; to save
…..風に乗る 【かぜにのる】 (exp) to ride upon the wind
妙 【みょう】 (adj-na,n) (1) (uk) strange; unusual; (2) (something) superb; (something) excellent

蓉可もまたうなずいて、頭上を見上げた。
蓬山は奇岩の山だった。特にここ蓬盧宮のある高台は、苔むした奇岩でさながら迷路の様相を呈している。


1073 1423 641 1265 1967 1031 723 609

頭上 【ずじょう】 (n) overhead; high in sky
見上げる 【みあげる】 (v1,vt) to look up at; to raise one's eyes; to admire
…..奇岩 【きがん】 (n) strangely shaped rocks
特に 【とくに】 (adv) particularly; especially
高台 【たかだい】 (n,adj-no) elevation; high ground
…..苔むす 【こけむす】 (v5s,vi) to become covered in moss; to become aged
…..迷路 【めいろ】 (n,vs,adj-no) maze; labyrinth;
様相 【ようそう】 (n) aspect
…..呈する 【ていする】 (vs-s,vt) (1) to present; to offer; (2) to show; to display

奇岩はその名にふさわしく奇妙にえぐれ、不安定にそびえ、その高さは低いものでも身の丈の三倍あまり、奇岩の間をぬうようにして通る小道は、かろうじて女がふたり肩を並べて歩けるほどしかない。

1371 2141 1373 1420 54 2213 80 1982 1238

actually, i don't think it's the same Ni suru here, but I've included the link and decided to leave it in...
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=nisuru

名 【な】 (n) name
名 【めい】 (ctr) (1) (hon) counter for people (usu. seating, reservations and such); (n) (2) first name
…..相応しい 【ふさわしい】 (adj-i) appropriate
…..奇妙 【きみょう】 (adj-na,n) strange; queer; curious
…..【えぐれる】to become hollow
不安定 【ふあんてい】 (adj-na,n) instability; insecurity
…..【そびえる】 (v1,vi) to rise; to tower; to soar;
身の丈 【みのたけ】 (n) stature; body height
丈 【じょう】 (n) (1) 3.03 m (ten shaku); (2) length; height
…..丈 【たけ】 (n) height; stature; length; measure; all (one has);
倍 【ばい】 (suf) (2) times; -fold
…..【ぬう】 (v5u,vt) (1) to sew; to stitch; (2) to weave one's way (e.g. through a crowd
通る 【とおる】 (v5r,vi) to pass (by); to go through
…..かろうじて】 (adv) barely; narrowly; just manage to do something
並べる【ならべる】 (v1,vt) (1) to line up; to set up

その小道の途中で足を止めて、禎衛は泉に浮かんだ罌粟の花びらをていねいにすくった。

1980

丁寧【ていねい】 (adj-na,n) polite; courteous; carefully

彼女は女仙のひとりだった。十八、九の娘に見えるが、女仙の外見を信用してはならない。いかなるいきさつでいつごろ昇仙したのが、彼女自身ももはや覚えていない。それほど長い間、蓬山にいることだけは確しかった。五十人あまりいる女仙のなかでも、禎衛ほど蓬山住まいが女仙はいない。

302 75 1889 1565 215 1668 830 44

外見 【がいけん(P); そとみ】 (n,adj-no) outward appearance
信用 【しんよう】 (n,vs) confidence; dependence
…..【いかなる】(uk) any kind of (with neg. verb)
…..【いきさつ】 details; whole story; sequence of events
【いつごろ】 (n-t) about when; how so
…..昇仙 senior hermit
住まい【すまい】 dwelling; house

反対に、蓉可はもっとも新参の女仙だった。歳は十六、ごく平凡な農家の娘に生まれたが、どういうわけか世俗に馴染めず、十三の歳を断って西王母の廟に通い続けること三年、ついさごろ満願を成就し五山へ召上げられた。

1869 556 1308 1605 2167 1733 1001 921 441 1199 2202 1261

自身 【じしん】 (n) by oneself; personally
最早 【もはや】 (adv) already; now
確か【たしか】 (exp,n,adj-na) (1) certain; sure; definite
反対 【はんたい】
…..新参 【しんざん】 newcomer
…..【ごく】 (adv,n) (1) (uk) quite; very
…..平凡 【へいぼん】 common
農家 【のうか】 (n) farmer; farm family
【どういう】 (adj-pn) (uk) somehow; how; in what way
…..世俗 【せぞく】 worldliness; vulgar; the common people
馴染 【なじ】 (n) intimacy
馴染ませる 【なじませる】 (uk) to mix thoroughly and evenly; (2) to make fit in; to domesticate
馴染む 【なじむto become familiar with; to fit in;
…..誓い 【ちかい】 (n) oath; vow
…..誓いを立てている 【ちかいをたてている】 (exp) to be under a vow
五穀 【ごこく】 (n) the 5 grains (wheat, rice, beans, millet (awa and kibi))
断つ【たつ】 (v5t,vt) to sever; to cut off; to abstain from
…..廟 byou shrine
ついさっき (n) just now; a little while back
…..満願 【まんがん】 (n) fulfilment of a vow 441
…..成就 【じょうじゅ】 (n,vs) fulfillment

したがって蓉可は蓬山に住んで長いわけではけっしてない。崇高山での修行を終え、蓬盧宮に移って半月だが、その彼女にも今日の風はなにかしら奇妙に思われた。

798 1633

召し上げる 【めしあげる】 (v1,vt) (1) to confiscate; (2) to call out; to summon
>>【したがって】 (conj) (uk) therefore; consequently; in accordance with
This one is actually mentioned in my grammar book
http://hinapon.wordpress.com/2007/01/09 ... tomonatte/

決して 【けっして】 (adv) never; by no means; decidedly
…..崇高 【すうこう】 (n,adj-na) loftiness; sublimity; nobility; supreme
修行【しゅうぎょう】 (n,vs) pursuit of knowledge; studying; learning; training
移る【うつる】 (v5r,vi) (1) to move (house); to transfer

常にはゆるやかに小道を流れていく風が、今日にかぎって強く速い。奇岩の上空へ吹き上げ、かと思えば奇岩にそって吹き下ろして、いたるところで渦を巻いている。空模様もなにかしらすっきりしなかった。薄曇りにもかかわらず、重苦しいものが垂れ込めているような、そんなふうに感じられてならない。

1657 1691 1418 1534 1610 1433

半月 【はんつき(P); はんげつ】 (n-adv,n-t) (1) half-moon; (2) half month
【なにかしら】 (adv) somehow or other
…..奇人 【きじん】 (n) eccentric person (unusual)
常 【つね】 (n,adj-no) usual state of things
…..緩やかに進む 【ゆるやかにすすむ】 (exp) to proceed slowly
に限って 【にかぎって】 (exp) (particularly) when ...

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=nikagitte

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=katoomouto

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=nisotte

沿って 【そって】 (exp) along; by; parallel to
…..【いたる】 (v5r,vi) (1) (文語) to arrive at (e.g. a decision); to reach (a stage); to attain; (2) to lead to (a place
…..渦 【うず】 (n) swirl
巻く 【まく】 (v5k) to wind; to coil
…..空模様 【そらもよう】 (n) look of the sky; we
【なにかしら】 (adv) somehow or other;
すっきり (adv,adv-to,vs) (1) (on-mim) clearly; refreshed; (2) shapely; neatly; refinedly
薄曇り 【うすぐもり】 (n,adj-no) slightly cloudy

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php? ... kakawarazu

重苦しい 【おもくるしい】 (adj-i) heavy; gloomy; awkward
…..垂れ込める【たれこめる】 (v1,vi) (1) to hang low over (e.g. clouds);
風 【ふう】 (adj-na,n,n-suf) (1) method; manner; way; style

「なにかの予兆でしょうか」
蓉可の問いに、禎衛は首をかしげた。


1253 166 1452

【なにか】 (exp) something
予兆 【よちょう】 (n) omen
問い【とい】 (n) question; query
…..禎祥 【ていしょう】 (n) good omen
衛 【え】guard; defence
首をかしげる; 首を傾げる 【くびをかしげる】 (exp) to incline one's head to the side in doubt

「さてね。今朝の八卦には、なにかが起こりそうな卦は出ていなかったけれど。―――とにかく、水を汲んでおしまう」
「はい」
蓉可は持ってきた手桶を泉に沈めた。


1114 2079 195

【さて】 (conj,int) (uk) well; now; then
八卦 【はっけ】divination signs
汲む 【くむ】 (v5m,vt) (1) to draw (water); to ladle; to dip; to scoop; to pump; (2) to have a drink together
【おしまい】 (n) the end; closing; being done for

日はこれでおしまいにしてはどうでしょう。 What do you say calling it a day

…..手桶 【ておけ】 (n) pail; bucket

泉の名前は海桐泉という。奇岩の根元をえぐるようにして湧いた泉の、その上にさしかかるように張り出した岩棚の上には海桐花の木が群生していた。

631 1226 248 1037

泉 【いずみ】
…..桐 【きり】 (n) paulownia tree
ねもと(; 根元) (n,adj-no) root; source
…..【えぐる】 (v5r,vt) to scoop out
…..湧く【わく】 (v5k,vi) (1) to well (up); to gush forth (of water);
Another freebe:
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=ueni

差し掛かる 【さしかかる】 (v5r) to come near to; to approach
…..張り込む 【はりこむ】 (v5m) to be on the lookout; to lie in wait
…..張り出す 【はりだす】 to put up a notice; to project; to jut out
その木は広く枝を四方に張り出している。 The tree thrusts its branches far and wide
四方 【しほう】 (n) every direction

蓬盧宮にある泉は、もちろんこれひとつではない。いくつのか数えてみた酔狂な者はないが、名前が必要なほどの数であるのは確かである

1170 6 1683

…..岩棚 【いわたな; いわだな】 (n) ledge
…..群生 【ぐんせい】 (n,vs) growing en masse in a location (plants);
数える 【かぞえる】 (v1,vt) to count
…..酔狂 【すいきょう】 (adj-na,n) whim;
必要【ひつよう】 (adj-na) (1) necessary

蓬山には季節がない。花は年中咲いて散った。いまも海桐花が小さな白い花を落として、泉の水面に泡のように浮かんでいる。水には海桐花の芳香がうつって、海桐泉の水を汲げつづけた湧かれは、いつしか海桐花の匂いがするほどだった

1624 1729 259 1494 249 1637

確か【たしか】 (exp,n,adj-na) certain
季節 【きせつ】 (n,adj-no) season
散る 【ちる】 (v5r,vi) (1) to fall (e.g. blossoms, leaves); to scatter
泡【あわ】 (n) bubble; foam; froth; head on beer;
浮く 【うく】
芳香 【ほうこう】 (n,adj-no) perfume; fragrance; aroma; balm

海桐花の匂いのする水は、蓬盧宮の中にある人真廟で蓬山の守り神である王夫人の木像をふき清める使われる。

1337 123 384 使68

芳香 【ほうこう】 (n,adj-no) perfume; fragrance
移る【うつる】to be permeated by a colour or scent
汲む 【くむ】 (v5m,vt) (1) to draw (water); to ladle; to dip; to scoop
匂い; 臭い 【におい】 (臭い usu. has a negative connotation) odour; scent; smell
.....大真面目 【おおまじめ】 (adj-na,n) deadly serious

木像 【もくぞう】 (n) wooden statue or image
…..清める 【きよめる】 (v1,vt) to purify; to cleanse


海桐花の花をよけながら水を汲みあげ、人真廟に向かおうと足を踏み出した蓉可を、禎衛は笑って呼び止めた。
「どこへお行きだね」
「え?―――夫人の。。。」
禎衛は声をあげて笑う。
「廟そちらにありはしないよ。まだ道を覚えておいででないかえ?」
蓉可は三方に枝分かれした小道を見比べて、少し赤くなった。


205 1692 1393

よける to avoid
向い合う 【むかいあう】 (v5u,vi) to be opposite; to face each other
…..踏み出す 【ふみだす】 (v5s,vi) to step forward
…..廟 byou temple name
ありゃしない; ありはしない (exp) doesn't even exist

そんな奇妙なことってあるものかありはしない。 Can such a strange thing be?[

お出で; 御出で 【おいで】go; stay; come!

かい(P); かえ (prt) (fam) marks yes-no question:ケンさん、君は本気かい。 [M] Are you on the level, Ken

三方 【さんぼう(P); さんぽう】 (n) (1) three sides; (2) small offering stand

「。。。そのようですね」
蓬山は蓉可と無数に枝分かれした小道とで迷路のようだが、じっさいのところ迷宮にほかならなかった


1351

枝分かれ 【えだわかれ】 (n,vs) ramification; branch
比べる【みくらべる】 (v1,vt) to compare with the eye
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php? ... oninaranai

迷路 【めいろ】 (n,vs,adj-no) maze; labyrinth
【じっさい】 (adj-no,adv,n) (1) practicality; (2) reality
迷宮 【めいきゅう】 (n,adj-no) mystery; maze; labyrinth
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=hokanai

正しい道を知っているは蓬盧宮に住む者だけだった。ここに住まう女仙だけが無数にえだ分かれした道のなかから正しい道を選びとり、洗濯によい小川へ、水浴によい淵へ、水汲みによい泉へと行くことができた。あるいはまた、小さいながら日当たりのよい野原は、花園へ、菜園は。あるいは、点在する小さな宮へたどりつくことができる。―――ただし、蓉可のように蓬山に来て間がない女仙ともならば、話は別である。

768 2026 288 543 329 1378 998 1910 2017 1486
1322 1896 1027 760

住まう 【すまう】 (v5u,vi) to live; to reside; to inhabit
水浴 【すいよく】 (n,vs) a bath; bathing
…..淵 【ふち】 (n) (ant: 瀬) deep pool; abyss; the depths
…..瀬【せ】 shallows; shoal
水汲み 【みずくみ】 (n,vs) drawing water
【あるいは】 (adv,conj,exp) (uk) or; possibly
日当たり 【ひあたり】 (n) (1) exposure to the sun; sunny place

野原 【のはら】 (n) field
花園 【はなぞの(P); かえん】 (n) flower garden
菜園 【さいえん】 (n) vegetable garden
点在 【てんざい】 (n,vs) dotted with
宮 【きゅう】 (n) (1) palace
…..【たどりつく】 (v5k,vi) to struggle on to; to arrive somewhere after a struggle
【ただし】 (conj) but; however;
…..間がいい; 間が良い 【まがいい】 (adj-i) lucky
別 【べつ】 distinction; difference; different

「どうしてこんな、ややこしい。。。。」
蓉可が溜め息まじりにひとりごちたので、禎衛は笑った。
「蓬山公をお護りするためだもの。多少の不便は我慢おし。」


1693 1372

……やこしい (adj-i) puzzling; tangled; complicated
溜め息 tameiki sigh
【まじり】 (n,n-suf) mixed; mingled
守り(P); 護り【まもり】 (n) protection; defense; defence
多少 【たしょう】 (adj-no,adv,n) more or less; somewhat

迷路は侵入者に対する備えだった。

109

不便 【ふべん】 (adj-na,n) inconvenience
…..侵入者 【しんにゅうしゃ】 (n) intruder; invader; trespasser
我慢 【がまん】 (n,vs) patience; endurance;
備える【そなえる】 (v1,vt) (1) to furnish; to provide for; to equip; to install; (2) to have ready; to prepare for

奇岩の上をとうてい人馬が進むことはできない。妖獣ならばぞれも可能だろうが、蓬盧宮にはいくつかの例外をのぞき、妖獣が立ち入ることは許されなかった。そうして、奇岩の間をぬう小道は細い。蓬盧宮をたずねる者は乗騎を捨て、必ず歩いて入らなければならなかった。

2073 1991 888 986 900 369

とうてい】 (adv) (cannot) possibly
…..人馬 【じんば】 (n) men and horses
…..妖獣 ‘magic’ and ‘beast’
可能 【かのう】 possible; feasable
【いくつか】 (adj-no) (uk) (a) few; some; several
例外 【れいがい】 exception
…..【のぞき】 peeping
立ち入る【たちいる】 to enter; to interfere
許す【ゆるす】 to permit; to allow; to

【そうして】 (conj) (uk) and; like that
…..【ぬう】 to weave one's way (e.g. through a crowd);
…..騎行 【きこう】 horseback riding
捨てる【すてる】 to throw away


一歩中へ入れば、道はまぎれもなく迷路である。

一歩 【いっぽ】 (a) step
【まぎれ】 (suf) confusion
迷路 【めいろ】 maze; labyrinth
視野 【しや】
遮る 【さえぎる】 to interrupt; to intercept; to obstruct
しっとりと (on-mim) gently; softly
【しっかり】 (uk) firmly; tightly

高い奇岩は視野を遮る。しっとりと水を含んだ苔におおわれた奇岩の、その間を通る小道には石畳が敷かれているものの、無数の枝道と無数の隧道であっというまに方角を見失うことは疑いがない。

1288 1659 1293 1050

含む【ふくむ】 to contain; to comprise; to have; to hold; to include
…..虚仮にする 【こけにする】 to make a fool of someone
…..【おおわれ】 cover (e.g. of snow, trees, etc.)
石畳 【いしだたみ】 stone paving
敷く【しく】 to spread out; to lay out
…..枝道 【えだみち】 branch road; digression
…..隧道 【すいどう】 (n) (1) tunnel

蓬盧宮を熟知する者だけが道を見失わずに、この世にただひとつしかない木の生える高台へと、たどりつくことができるのだ

2189 2178

見失う 【みうしなう】 to lose sight of; to miss
http://www.e-japanese.jp/quiz/grammar2/4zu.htm
疑い 【うたがい】 doubt; question; uncertainty
…..熟知 【じゅくち】being familiar with; having a thorough knowledge of
世; 代【よ】 world; society; age; generation
光が世に来ているのに、 Light has come into the world
生える 【はえる】 to grow; to spring up

ああ、やっぱりそうなんですね」
迷路の奥隠されたのは捨身木、捨身木に実るのは麒麟だった


1860

高台 【たかだい】elevation; high ground
隠す 【かくす】 to hide; to conceal
…..捨身 【しゃしん】 {Buddh} renouncing the flesh or the world; becoming a priest; risking one's life for others
実る 【みのる】 to bear fruit; to ripen

この世では人も獣もそのほかのものも、ことごとくが白い木に実るが、麒麟が実る木はここ蓬山にある捨身木が唯一だった

…..麒麟 【きりん(】 (uk) giraffe; (2) qilin (Chinese unicorn
…..獣 【けもの】 beast; brute
事々; 事事 【ことごと】 everything
唯一 【ゆいいつ】 only; sole; unique


蓬山は麒麟の生まれる聖地、蓬盧宮のために存在し、そこに住まう女仙もまた麒麟のために存在する。麒麟は蓬山の主である。ゆえに、蓬山公と呼んだ。

152 1249

…..聖地 【せいち】 sacred place; holy ground
存在 【そんざい】 (n,vs,adj-no) existence; being
主; 主人 【あるじ】 proprietress; landlord; landlady; master
故に 【ゆえに】 (conj) (uk) therefore; consequently
公 【おおやけ】official; public; formal; open; governmental (kou)

禎衛はうなずく。
「麒麟をおずかる責任は重い。けれどこれほど幸せな仕事もない。泰果が孵ったら蓉可にもお世話を手伝ってもらう。ようく心しておおきね」
禎衛の言葉に蓉可は瞳を輝かせた。


1595 1408 2217 28

【うなずく】 (uk) to nod; to bow one's head in assent
預かる 【あずかる】 to look after; to take care of
責任 【せきにん】 duty; responsibility
世話 【せわ】 looking af
瞳【ひとみ】 (1) pupil (of eye); (2) eye

「わたしがお手伝いできるなんですか?本当に?」
実のところ、蓉可は少し不満だったのだ。
蓬山の女仙の努めは麒麟は仕えることで、それ以外の仕事は雑用にすぎない。蓬山にはいま若い麒麟がいるが、蓉可はあまりに新参なのでその麒麟にかかわることを許されなかった


1618 25 939 1430

輝かす 【かがやかす】 to light up; to brighten
不満 【ふまん】 dissatisfaction; displeasure
務める【つとめる】 to serve
仕える 【つかえる】 to serve
以外 【いがい】 with the exception of;

…..雑用 【ざつよう】 odd jobs
…..新参 【しんざん】 newcomer
【かかわる】 (1) to be influenced; (2) to be concerned with
許す【ゆるす】 to permit; to allow; to approve

禎衛は笑う。
「まず、道を覚えなくてはね」
「はい」
蓉可は大きくうなずいた。
捨身木にはつい先日、麒麟の実がひとつ、ついた。
泰果と呼ばれる果実である。


ついさっき just now; a little while back
先日 【せんじつ】
? 着く 【つく】 to arrive at; to reach
…..【はせる】 to drive (car); to ride (horse); to win (fame)
熟する 【じゅくする】 to ripen; to mature;

蓉可は、いまはまだ小さな果実ひ思いをはせる。
泰果が熟して麒麟が孵るまでに十月。生まれたばかりの麒麟はどんあに愛らしいだろう。小さな麒麟のそば近くに仕えてその世話をする、それは想像しただけで楽しくてたまらないことのように思われた。
またどこからか罌粟の花びらが飛んでできた、泉の水面に舞い落ちた。


1606 1941 1810 123 1358

…..熟し 【こなし】 (n) carriage (e.g. of one's body
愛らしい 【あいらしい】 pretty; charming; lovely

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=bakari JLPT3

側近く 【そばちかく】nearby
想像 【そうぞう】 imagination

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=tamaranai

舞い落ちる (まいおちる)
User avatar
katafei
 
Posts: 1766
Joined: Sun 07.09.2006 9:56 am
Location: A'veen
Native language: Dutch; Female

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby richvh » Tue 03.10.2009 10:56 am

katafei wrote:My bit, and I took the liberty of inluding the bit assigned to Gundae as well:

「、、、、、おや、罌粟が」
禎衛はつばやいて、かがみこんだ


(衛 526 )>>衛生 hygiene

…..罌粟 【けし】 (n) poppy
…..禎祥 【ていしょう】 (n) good omen
…..衛 【え】guard; defence
呟く 【つぶやく】to mutter; to murmur
….屈み込む; 屈みこむ 【かがみこむ】to lean over; to lean in…


泉に罌粟の花がいくつも浮いているのを見つけたからだ。
禎衛から二歩ほど後れて小道を歩いていた蓉可もまた足を止めた。澄んだ水の表面に、赤い花弁の色が美しかった


1636 319 1566 267 2000 1882 1572 1324 1280 1451

泉 【いずみ】 (n) spring; fountain
…..罌粟 【けし】 (n) poppy
花びら (flower) petal
浮く 【うく】 (v5k,vi) (1) to float; (2) to become merry
…..二歩ほど The second step
後れる 【おくれる】 (v1,vi) to be late; to be delayed; to fall behind schedule
…..小道; 小路 【こみち】 (n) path; lane

二歩ほど isn't "the second step", it's "not more than two steps"; Youka was walking the path not more than 2 steps behind Teiei.
…..澄む【すむ】 (v5m,vi) to clear (e.g. weather); to become transparent
表面 【ひょうめん】 (n) surface; outside; face; appearance

「罌粟苑の花でしょうか」
…..園; 苑 (えんwhen a suffix) (esp. man-made); orchard

蓉可の問いに、禎衛はうなずいて花びらをすくう。
「風に乗って飛んできたのだろう。――― 今日は妙な風が吹くね。


2091 1908 2224 2222 170

問い【とい】 (n) question; query
…..禎祥 【ていしょう】 (n) good omen
衛 【え】guard; defence

禎衛 is a name; you shouldn't deconstruct it like that.
頷く【うなずく】 (v5k,vi) (uk) to nod; to bow one's head in assent
…..掬う 【すくう】 (v5u,vt) to scoop; to ladle
救う 【すくう】 (v5u,vt) to rescue from; to help out of; to save

掬う is the correct verb here.
…..風に乗る 【かぜにのる】 (exp) to ride upon the wind
妙 【みょう】 (adj-na,n) (1) (uk) strange; unusual; (2) (something) superb; (something) excellent

蓉可もまたうなずいて、頭上を見上げた。
蓬山は奇岩の山だった。特にここ蓬盧宮のある高台は、苔むした奇岩でさながら迷路の様相を呈している。


1073 1423 641 1265 1967 1031 723 609

頭上 【ずじょう】 (n) overhead; high in sky
見上げる 【みあげる】 (v1,vt) to look up at; to raise one's eyes; to admire
…..奇岩 【きがん】 (n) strangely shaped rocks
特に 【とくに】 (adv) particularly; especially
高台 【たかだい】 (n,adj-no) elevation; high ground
…..苔むす 【こけむす】 (v5s,vi) to become covered in moss; to become aged
…..迷路 【めいろ】 (n,vs,adj-no) maze; labyrinth;
様相 【ようそう】 (n) aspect
…..呈する 【ていする】 (vs-s,vt) (1) to present; to offer; (2) to show; to display

奇岩はその名にふさわしく奇妙にえぐれ、不安定にそびえ、その高さは低いものでも身の丈の三倍あまり、奇岩の間をぬうようにして通る小道は、かろうじて女がふたり肩を並べて歩けるほどしかない。

1371 2141 1373 1420 54 2213 80 1982 1238

actually, i don't think it's the same Ni suru here, but I've included the link and decided to leave it in...
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=nisuru


It's not; it should be 奇岩の間をぬうようにして通る小道 should be parsed as meaning "the path(s) that weaved through the gaps between the weird rocks"; I don't see an appropriate topic on jgram. This dictionary form + ようにする means "do in the manner of ~"

名 【な】 (n) name
名 【めい】 (ctr) (1) (hon) counter for people (usu. seating, reservations and such); (n) (2) first name

名(な) is the correct 名 here.
…..相応しい 【ふさわしい】 (adj-i) appropriate
…..奇妙 【きみょう】 (adj-na,n) strange; queer; curious
…..【えぐれる】to become hollow
不安定 【ふあんてい】 (adj-na,n) instability; insecurity
…..【そびえる】 (v1,vi) to rise; to tower; to soar;
身の丈 【みのたけ】 (n) stature; body height
丈 【じょう】 (n) (1) 3.03 m (ten shaku); (2) length; height
…..丈 【たけ】 (n) height; stature; length; measure; all (one has);

I think たけ is the correct reading here.
倍 【ばい】 (suf) (2) times; -fold
…..【ぬう】 (v5u,vt) (1) to sew; to stitch; (2) to weave one's way (e.g. through a crowd
通る 【とおる】 (v5r,vi) to pass (by); to go through
…..かろうじて】 (adv) barely; narrowly; just manage to do something
並べる【ならべる】 (v1,vt) (1) to line up; to set up

その小道の途中で足を止めて、禎衛は泉に浮かんだ罌粟の花びらをていねいにすくった。

1980

丁寧【ていねい】 (adj-na,n) polite; courteous; carefully

彼女は女仙のひとりだった。十八、九の娘に見えるが、女仙の外見を信用してはならない。いかなるいきさつでいつごろ昇仙したのが、彼女自身ももはや覚えていない。それほど長い間、蓬山にいることだけは確しかった。五十人あまりいる女仙のなかでも、禎衛ほど蓬山住まいが女仙はいない。

302 75 1889 1565 215 1668 830 44

外見 【がいけん(P); そとみ】 (n,adj-no) outward appearance
信用 【しんよう】 (n,vs) confidence; dependence
…..【いかなる】(uk) any kind of (with neg. verb)
…..【いきさつ】 details; whole story; sequence of events
【いつごろ】 (n-t) about when; how so
…..昇仙 senior hermit

女仙(にょせん) is the word here, which I believe is something the author made up. The Nyosen are the women who dwell on Houzan to care for the kirin. The Sen in general are people who have been granted immortality in order to perform some duty or other. They do not age (with the exception of children who become Sen, who stop aging somewhere between the apparent ages of 13 and 18), are immune to disease, heal quickly from injury, and are extremely difficult to kill (I think beheading is the only way to do it.) (I'm including this here because it's background you'd know if you'd read the first book; it isn't really dealt with in this book.)

住まい【すまい】 dwelling; house

反対に、蓉可はもっとも新参の女仙だった。歳は十六、ごく平凡な農家の娘に生まれたが、どういうわけか世俗に馴染めず、十三の歳を断って西王母の廟に通い続けること三年、ついさごろ満願を成就し五山へ召上げられた。

1869 556 1308 1605 2167 1733 1001 921 441 1199 2202 1261

自身 【じしん】 (n) by oneself; personally
最早 【もはや】 (adv) already; now
確か【たしか】 (exp,n,adj-na) (1) certain; sure; definite
反対 【はんたい】
…..新参 【しんざん】 newcomer
…..【ごく】 (adv,n) (1) (uk) quite; very
…..平凡 【へいぼん】 common
農家 【のうか】 (n) farmer; farm family
【どういう】 (adj-pn) (uk) somehow; how; in what way
…..世俗 【せぞく】 worldliness; vulgar; the common people
馴染 【なじ】 (n) intimacy
馴染ませる 【なじませる】 (uk) to mix thoroughly and evenly; (2) to make fit in; to domesticate
馴染む 【なじむto become familiar with; to fit in;

馴染めず(=馴染めなく) should be understood as the negative potential of 馴染む.

…..誓い 【ちかい】 (n) oath; vow
…..誓いを立てている 【ちかいをたてている】 (exp) to be under a vow

Did you leave something out? (Book not with me.) I don't see 誓い in the bit you quoted above.
五穀 【ごこく】 (n) the 5 grains (wheat, rice, beans, millet (awa and kibi))

Huh? 五山 is in the above (a place name), not 五穀.
断つ【たつ】 (v5t,vt) to sever; to cut off; to abstain from
…..廟 byou shrine
ついさっき (n) just now; a little while back
…..満願 【まんがん】 (n) fulfilment of a vow 441
…..成就 【じょうじゅ】 (n,vs) fulfillment

したがって蓉可は蓬山に住んで長いわけではけっしてない。崇高山での修行を終え、蓬盧宮に移って半月だが、その彼女にも今日の風はなにかしら奇妙に思われた。

798 1633

召し上げる 【めしあげる】 (v1,vt) (1) to confiscate; (2) to call out; to summon

召し上げる should be moved above the current paragraph.
>>【したがって】 (conj) (uk) therefore; consequently; in accordance with
This one is actually mentioned in my grammar book
http://hinapon.wordpress.com/2007/01/09 ... tomonatte/

決して 【けっして】 (adv) never; by no means; decidedly
…..崇高 【すうこう】 (n,adj-na) loftiness; sublimity; nobility; supreme
修行【しゅうぎょう】 (n,vs) pursuit of knowledge; studying; learning; training
移る【うつる】 (v5r,vi) (1) to move (house); to transfer

常にはゆるやかに小道を流れていく風が、今日にかぎって強く速い。奇岩の上空へ吹き上げ、かと思えば奇岩にそって吹き下ろして、いたるところで渦を巻いている。空模様もなにかしらすっきりしなかった。薄曇りにもかかわらず、重苦しいものが垂れ込めているような、そんなふうに感じられてならない。

1657 1691 1418 1534 1610 1433

半月 【はんつき(P); はんげつ】 (n-adv,n-t) (1) half-moon; (2) half month
【なにかしら】 (adv) somehow or other
…..奇人 【きじん】 (n) eccentric person (unusual)
常 【つね】 (n,adj-no) usual state of things
…..緩やかに進む 【ゆるやかにすすむ】 (exp) to proceed slowly
に限って 【にかぎって】 (exp) (particularly) when ...

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=nikagitte

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=katoomouto

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=nisotte

沿って 【そって】 (exp) along; by; parallel to
…..【いたる】 (v5r,vi) (1) (文語) to arrive at (e.g. a decision); to reach (a stage); to attain; (2) to lead to (a place
…..渦 【うず】 (n) swirl
巻く 【まく】 (v5k) to wind; to coil
…..空模様 【そらもよう】 (n) look of the sky; we
【なにかしら】 (adv) somehow or other;
すっきり (adv,adv-to,vs) (1) (on-mim) clearly; refreshed; (2) shapely; neatly; refinedly
薄曇り 【うすぐもり】 (n,adj-no) slightly cloudy

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php? ... kakawarazu

重苦しい 【おもくるしい】 (adj-i) heavy; gloomy; awkward
…..垂れ込める【たれこめる】 (v1,vi) (1) to hang low over (e.g. clouds);
風 【ふう】 (adj-na,n,n-suf) (1) method; manner; way; style

「なにかの予兆でしょうか」
蓉可の問いに、禎衛は首をかしげた。


1253 166 1452

【なにか】 (exp) something
予兆 【よちょう】 (n) omen
問い【とい】 (n) question; query
…..禎祥 【ていしょう】 (n) good omen
衛 【え】guard; defence
首をかしげる; 首を傾げる 【くびをかしげる】 (exp) to incline one's head to the side in doubt

「さてね。今朝の八卦には、なにかが起こりそうな卦は出ていなかったけれど。―――とにかく、水を汲んでおしまう」
「はい」
蓉可は持ってきた手桶を泉に沈めた。


1114 2079 195

【さて】 (conj,int) (uk) well; now; then
八卦 【はっけ】divination signs
汲む 【くむ】 (v5m,vt) (1) to draw (water); to ladle; to dip; to scoop; to pump; (2) to have a drink together
【おしまい】 (n) the end; closing; being done for

日はこれでおしまいにしてはどうでしょう。 What do you say calling it a day

…..手桶 【ておけ】 (n) pail; bucket

泉の名前は海桐泉という。奇岩の根元をえぐるようにして湧いた泉の、その上にさしかかるように張り出した岩棚の上には海桐花の木が群生していた。

631 1226 248 1037

泉 【いずみ】
…..桐 【きり】 (n) paulownia tree
ねもと(; 根元) (n,adj-no) root; source
…..【えぐる】 (v5r,vt) to scoop out
…..湧く【わく】 (v5k,vi) (1) to well (up); to gush forth (of water);
Another freebe:
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=ueni

差し掛かる 【さしかかる】 (v5r) to come near to; to approach
…..張り込む 【はりこむ】 (v5m) to be on the lookout; to lie in wait
…..張り出す 【はりだす】 to put up a notice; to project; to jut out
その木は広く枝を四方に張り出している。 The tree thrusts its branches far and wide
四方 【しほう】 (n) every direction

蓬盧宮にある泉は、もちろんこれひとつではない。いくつのか数えてみた酔狂な者はないが、名前が必要なほどの数であるのは確かである

1170 6 1683

…..岩棚 【いわたな; いわだな】 (n) ledge
…..群生 【ぐんせい】 (n,vs) growing en masse in a location (plants);
数える 【かぞえる】 (v1,vt) to count
…..酔狂 【すいきょう】 (adj-na,n) whim;
必要【ひつよう】 (adj-na) (1) necessary

蓬山には季節がない。花は年中咲いて散った。いまも海桐花が小さな白い花を落として、泉の水面に泡のように浮かんでいる。水には海桐花の芳香がうつって、海桐泉の水を汲げつづけた湧かれは、いつしか海桐花の匂いがするほどだった

1624 1729 259 1494 249 1637

確か【たしか】 (exp,n,adj-na) certain
季節 【きせつ】 (n,adj-no) season
散る 【ちる】 (v5r,vi) (1) to fall (e.g. blossoms, leaves); to scatter
泡【あわ】 (n) bubble; foam; froth; head on beer;
浮く 【うく】
芳香 【ほうこう】 (n,adj-no) perfume; fragrance; aroma; balm

海桐花の匂いのする水は、蓬盧宮の中にある人真廟で蓬山の守り神である王夫人の木像をふき清める使われる。

1337 123 384 使68

芳香 【ほうこう】 (n,adj-no) perfume; fragrance
移る【うつる】to be permeated by a colour or scent
汲む 【くむ】 (v5m,vt) (1) to draw (water); to ladle; to dip; to scoop
匂い; 臭い 【におい】 (臭い usu. has a negative connotation) odour; scent; smell
.....大真面目 【おおまじめ】 (adj-na,n) deadly serious

木像 【もくぞう】 (n) wooden statue or image
…..清める 【きよめる】 (v1,vt) to purify; to cleanse


海桐花の花をよけながら水を汲みあげ、人真廟に向かおうと足を踏み出した蓉可を、禎衛は笑って呼び止めた。
「どこへお行きだね」
「え?―――夫人の。。。」
禎衛は声をあげて笑う。
「廟そちらにありはしないよ。まだ道を覚えておいででないかえ?」
蓉可は三方に枝分かれした小道を見比べて、少し赤くなった。


205 1692 1393

よける to avoid
向い合う 【むかいあう】 (v5u,vi) to be opposite; to face each other
…..踏み出す 【ふみだす】 (v5s,vi) to step forward
…..廟 byou temple name
ありゃしない; ありはしない (exp) doesn't even exist

そんな奇妙なことってあるものかありはしない。 Can such a strange thing be?[

お出で; 御出で 【おいで】go; stay; come!

かい(P); かえ (prt) (fam) marks yes-no question:ケンさん、君は本気かい。 [M] Are you on the level, Ken

三方 【さんぼう(P); さんぽう】 (n) (1) three sides; (2) small offering stand

「。。。そのようですね」
蓬山は蓉可と無数に枝分かれした小道とで迷路のようだが、じっさいのところ迷宮にほかならなかった


1351

枝分かれ 【えだわかれ】 (n,vs) ramification; branch
比べる【みくらべる】 (v1,vt) to compare with the eye
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php? ... oninaranai

迷路 【めいろ】 (n,vs,adj-no) maze; labyrinth
【じっさい】 (adj-no,adv,n) (1) practicality; (2) reality
迷宮 【めいきゅう】 (n,adj-no) mystery; maze; labyrinth
http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=hokanai

正しい道を知っているは蓬盧宮に住む者だけだった。ここに住まう女仙だけが無数にえだ分かれした道のなかから正しい道を選びとり、洗濯によい小川へ、水浴によい淵へ、水汲みによい泉へと行くことができた。あるいはまた、小さいながら日当たりのよい野原は、花園へ、菜園は。あるいは、点在する小さな宮へたどりつくことができる。―――ただし、蓉可のように蓬山に来て間がない女仙ともならば、話は別である。

768 2026 288 543 329 1378 998 1910 2017 1486
1322 1896 1027 760

住まう 【すまう】 (v5u,vi) to live; to reside; to inhabit
水浴 【すいよく】 (n,vs) a bath; bathing
…..淵 【ふち】 (n) (ant: 瀬) deep pool; abyss; the depths
…..瀬【せ】 shallows; shoal
水汲み 【みずくみ】 (n,vs) drawing water
【あるいは】 (adv,conj,exp) (uk) or; possibly
日当たり 【ひあたり】 (n) (1) exposure to the sun; sunny place

野原 【のはら】 (n) field
花園 【はなぞの(P); かえん】 (n) flower garden
菜園 【さいえん】 (n) vegetable garden
点在 【てんざい】 (n,vs) dotted with
宮 【きゅう】 (n) (1) palace
…..【たどりつく】 (v5k,vi) to struggle on to; to arrive somewhere after a struggle
【ただし】 (conj) but; however;
…..間がいい; 間が良い 【まがいい】 (adj-i) lucky
別 【べつ】 distinction; difference; different

「どうしてこんな、ややこしい。。。。」
蓉可が溜め息まじりにひとりごちたので、禎衛は笑った。
「蓬山公をお護りするためだもの。多少の不便は我慢おし。」


1693 1372

……やこしい (adj-i) puzzling; tangled; complicated
溜め息 tameiki sigh
【まじり】 (n,n-suf) mixed; mingled
守り(P); 護り【まもり】 (n) protection; defense; defence
多少 【たしょう】 (adj-no,adv,n) more or less; somewhat

迷路は侵入者に対する備えだった。

109

不便 【ふべん】 (adj-na,n) inconvenience
…..侵入者 【しんにゅうしゃ】 (n) intruder; invader; trespasser
我慢 【がまん】 (n,vs) patience; endurance;
備える【そなえる】 (v1,vt) (1) to furnish; to provide for; to equip; to install; (2) to have ready; to prepare for

奇岩の上をとうてい人馬が進むことはできない。妖獣ならばぞれも可能だろうが、蓬盧宮にはいくつかの例外をのぞき、妖獣が立ち入ることは許されなかった。そうして、奇岩の間をぬう小道は細い。蓬盧宮をたずねる者は乗騎を捨て、必ず歩いて入らなければならなかった。

2073 1991 888 986 900 369

とうてい】 (adv) (cannot) possibly
…..人馬 【じんば】 (n) men and horses
…..妖獣 ‘magic’ and ‘beast’
可能 【かのう】 possible; feasable
【いくつか】 (adj-no) (uk) (a) few; some; several
例外 【れいがい】 exception
…..【のぞき】 peeping
立ち入る【たちいる】 to enter; to interfere
許す【ゆるす】 to permit; to allow; to

【そうして】 (conj) (uk) and; like that
…..【ぬう】 to weave one's way (e.g. through a crowd);
…..騎行 【きこう】 horseback riding
捨てる【すてる】 to throw away


一歩中へ入れば、道はまぎれもなく迷路である。

一歩 【いっぽ】 (a) step
【まぎれ】 (suf) confusion
迷路 【めいろ】 maze; labyrinth
視野 【しや】
遮る 【さえぎる】 to interrupt; to intercept; to obstruct
しっとりと (on-mim) gently; softly
【しっかり】 (uk) firmly; tightly

高い奇岩は視野を遮る。しっとりと水を含んだ苔におおわれた奇岩の、その間を通る小道には石畳が敷かれているものの、無数の枝道と無数の隧道であっというまに方角を見失うことは疑いがない。

1288 1659 1293 1050

含む【ふくむ】 to contain; to comprise; to have; to hold; to include
…..虚仮にする 【こけにする】 to make a fool of someone
…..【おおわれ】 cover (e.g. of snow, trees, etc.)
石畳 【いしだたみ】 stone paving
敷く【しく】 to spread out; to lay out
…..枝道 【えだみち】 branch road; digression
…..隧道 【すいどう】 (n) (1) tunnel

蓬盧宮を熟知する者だけが道を見失わずに、この世にただひとつしかない木の生える高台へと、たどりつくことができるのだ

2189 2178

見失う 【みうしなう】 to lose sight of; to miss
http://www.e-japanese.jp/quiz/grammar2/4zu.htm
疑い 【うたがい】 doubt; question; uncertainty
…..熟知 【じゅくち】being familiar with; having a thorough knowledge of
世; 代【よ】 world; society; age; generation
光が世に来ているのに、 Light has come into the world
生える 【はえる】 to grow; to spring up

ああ、やっぱりそうなんですね」
迷路の奥隠されたのは捨身木、捨身木に実るのは麒麟だった


1860

高台 【たかだい】elevation; high ground
隠す 【かくす】 to hide; to conceal
…..捨身 【しゃしん】 {Buddh} renouncing the flesh or the world; becoming a priest; risking one's life for others
実る 【みのる】 to bear fruit; to ripen

この世では人も獣もそのほかのものも、ことごとくが白い木に実るが、麒麟が実る木はここ蓬山にある捨身木が唯一だった

…..麒麟 【きりん(】 (uk) giraffe; (2) qilin (Chinese unicorn
…..獣 【けもの】 beast; brute
事々; 事事 【ことごと】 everything
唯一 【ゆいいつ】 only; sole; unique


蓬山は麒麟の生まれる聖地、蓬盧宮のために存在し、そこに住まう女仙もまた麒麟のために存在する。麒麟は蓬山の主である。ゆえに、蓬山公と呼んだ。

152 1249

…..聖地 【せいち】 sacred place; holy ground
存在 【そんざい】 (n,vs,adj-no) existence; being
主; 主人 【あるじ】 proprietress; landlord; landlady; master
故に 【ゆえに】 (conj) (uk) therefore; consequently
公 【おおやけ】official; public; formal; open; governmental (kou)

禎衛はうなずく。
「麒麟をおずかる責任は重い。けれどこれほど幸せな仕事もない。泰果が孵ったら蓉可にもお世話を手伝ってもらう。ようく心しておおきね」
禎衛の言葉に蓉可は瞳を輝かせた。


1595 1408 2217 28

【うなずく】 (uk) to nod; to bow one's head in assent
預かる 【あずかる】 to look after; to take care of
責任 【せきにん】 duty; responsibility
世話 【せわ】 looking af
瞳【ひとみ】 (1) pupil (of eye); (2) eye

「わたしがお手伝いできるなんですか?本当に?」
実のところ、蓉可は少し不満だったのだ。
蓬山の女仙の努めは麒麟は仕えることで、それ以外の仕事は雑用にすぎない。蓬山にはいま若い麒麟がいるが、蓉可はあまりに新参なのでその麒麟にかかわることを許されなかった


1618 25 939 1430

輝かす 【かがやかす】 to light up; to brighten
不満 【ふまん】 dissatisfaction; displeasure
務める【つとめる】 to serve
仕える 【つかえる】 to serve
以外 【いがい】 with the exception of;

…..雑用 【ざつよう】 odd jobs
…..新参 【しんざん】 newcomer
【かかわる】 (1) to be influenced; (2) to be concerned with
許す【ゆるす】 to permit; to allow; to approve

禎衛は笑う。
「まず、道を覚えなくてはね」
「はい」
蓉可は大きくうなずいた。
捨身木にはつい先日、麒麟の実がひとつ、ついた。
泰果と呼ばれる果実である。


ついさっき just now; a little while back
先日 【せんじつ】
? 着く 【つく】 to arrive at; to reach
…..【はせる】 to drive (car); to ride (horse); to win (fame)
熟する 【じゅくする】 to ripen; to mature;

蓉可は、いまはまだ小さな果実ひ思いをはせる。
泰果が熟して麒麟が孵るまでに十月。生まれたばかりの麒麟はどんあに愛らしいだろう。小さな麒麟のそば近くに仕えてその世話をする、それは想像しただけで楽しくてたまらないことのように思われた。
またどこからか罌粟の花びらが飛んでできた、泉の水面に舞い落ちた。


1606 1941 1810 123 1358

…..熟し 【こなし】 (n) carriage (e.g. of one's body
愛らしい 【あいらしい】 pretty; charming; lovely

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=bakari JLPT3

側近く 【そばちかく】nearby
想像 【そうぞう】 imagination

http://www.jgram.org/pages/viewOne.php?tagE=tamaranai

舞い落ちる (まいおちる)
Richard VanHouten
ゆきの物語
richvh
 
Posts: 6451
Joined: Thu 09.29.2005 10:35 pm

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby katafei » Tue 03.10.2009 12:39 pm

Rich, once more thank you very much for all the time and effort you put into this!!
You're a gem ^^

Some of the things you pointed out are due to the fact I made these notes while reading, and I haven't had the energy to check everything....so there were bound to be some mistakes in it... :?

I will correct the ones you pointed out later this week!
User avatar
katafei
 
Posts: 1766
Joined: Sun 07.09.2006 9:56 am
Location: A'veen
Native language: Dutch; Female

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby coco » Tue 03.10.2009 8:23 pm

I believe this thread is very effective and helpful to keep your motivation for Japanese learning.

Only thing you need to be cautious is the copyright issue.
So please be cautious when you make transcript from the original text because excessive quoting (i.e. entire paragraphs, whole text) can be troublesome. :wink:

Please enjoy your reading & learning! :)
coco
 
Posts: 3061
Joined: Mon 05.30.2005 12:43 am
Location: 東京都
Native language: 日本語(Japanese)

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby katafei » Wed 03.11.2009 1:18 am

You're absolutely right, Cocoさん. I was hoping nobody would notice :?

I guess we'll have to find some other way to go about it...
Maybe only post vocab, kanji, grammar and translations...something like that? Anybody has any ideas??

For now, have a nice day, 皆様 ^^
User avatar
katafei
 
Posts: 1766
Joined: Sun 07.09.2006 9:56 am
Location: A'veen
Native language: Dutch; Female

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby ss » Wed 03.11.2009 11:27 am

Thanks Coco san for reminding.
As we discussed earlier during the last chat session, maybe just post those lines which entirely incomprehensible.
Like page what, line X to line Y.
(But, sometimes I had problems with the entire paragraph .... this is really a big headache.)
Last edited by ss on Wed 03.18.2009 10:52 pm, edited 2 times in total.
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby caroline » Wed 03.11.2009 2:27 pm

I'm completely ignorant about this kind of issues, but I think we should be careful.

How to go around the problem?
- post only "our" translation, which can't be reconciled (as far as I'm concerned) with any original, quoting the references previously agreed upon? Would that be OK ? Dividing §X,§Y, etc.., as done by katefei for easy use of our different versions, can be used for that.
- send the lenghty quotation by PM?
- any other way?
I guess we have the same problem wih the chat if we log it, don't we? This is trickier...
User avatar
caroline
 
Posts: 345
Joined: Sat 03.11.2006 8:47 am
Location: Paris
Native language: Français

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby ss » Sun 03.22.2009 6:05 am

I wrote to 講談社文庫 but haven't gotten reply from them yet.

Some questions from my part (Page 26 to 28 section 3)

1) 玲瓏とした面
2) 文字どおり雲の上の人に会って声までかけてもらっては、うろたえずにいることなどできない。 (I can't imagine or link this whole sentence to the previous one.)
3) 笑いぶくみに (How do you read this ?)
4)
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby ss » Sun 03.22.2009 6:08 am

I wrote to 講談社文庫 but haven't gotten reply from them yet.

Some questions from my part (Page 26 to 28 section 3)

1) 玲瓏とした面
2) 文字どおり雲の上の人に会って声までかけてもらっては、うろたえずにいることなどできない。 (I can't imagine or link this whole sentence to the previous one.)
3) 笑いぶくみに (How do you read this ?)
4) 耳に快い声をあげて笑う。 (laugh joyously ? )
5) ほんに。 (means 本当に?)
6)それは、感心なこと  (That's very impressive ??)
7) と、とんでもございません。 (What is the first と imply there ?)


Thank you.
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby caroline » Sun 03.22.2009 8:42 am

Some guesses about ss's points :
1) 玲瓏とした面
her face ciselled like a gem

2) Well , she was troubled that such a high person could speak to her (not the translation)

3) 笑い含みに while laughing lightly

4) with a little laugh pleasant to the ear ?

5) I'd think so...

6) it's admirable?

7) I took it she was stammering (emotive, ね!)


Some questions of my own (pages 30-31)

1) あの突風に倒されずに済んだのは : it does seem to me to be the ないで済む I know about... (not because of the use of ずに)

2) それに感嘆する余裕などありはしなかった。I can't find the construction...

3) のたうつように震えるのが分かる
Why 分かる?

4)この世ならざる土地が : I tried hard, but that thing, without をえない、leaves me confused...
User avatar
caroline
 
Posts: 345
Joined: Sat 03.11.2006 8:47 am
Location: Paris
Native language: Français

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby Yudan Taiteki » Sun 03.22.2009 9:24 am

Most of these I can't answer since I don't have the book for context, but a few:

7) と、とんでもございません。 (What is the first と imply there ?)


It's just stuttering. "N...Not at all", or something like that.

2) それに感嘆する余裕などありはしなかった。I can't find the construction...

4)この世ならざる土地が : I tried hard, but that thing, without をえない、leaves me confused...


2) ありはしなかった is equivalent to なかった, just with the contrastive は stuck in there.

4) ならざる is archaic for じゃない.
Last edited by Yudan Taiteki on Sun 03.22.2009 9:21 pm, edited 1 time in total.
-Chris Kern
User avatar
Yudan Taiteki
 
Posts: 5609
Joined: Wed 11.01.2006 11:32 pm
Native language: English

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby ss » Sun 03.22.2009 8:54 pm

7) と、とんでもございません。 (What is the first と imply there ?)

Yudan wrote:
It's just stuttering. "N...Not at all", or something like that.



ユダンさん、ありがとうございました。 
User avatar
ss
 
Posts: 1656
Joined: Fri 11.18.2005 10:07 am
Native language: English speaking family

Re: 十二国記 vocabulary, grammar & kanji

Postby caroline » Mon 03.23.2009 8:14 pm

Yudan wrote
2) それに感嘆する余裕などありはしなかった。I can't find the construction...

4) この世ならざる土地が : I tried hard, but that thing, without をえない、leaves me confused...

2) ありはしなかった is equivalent to なかった, just with the contrastive は stuck in there.

4) ならざる is archaic for じゃない.

thanks a lot, Chris
User avatar
caroline
 
Posts: 345
Joined: Sat 03.11.2006 8:47 am
Location: Paris
Native language: Français

Previous

Return to Japanese Language Proficiency Test

Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 4 guests

cron