Learn Japanese with JapanesePod101.com

View topic - Reading Kokoro

Reading Kokoro

Discussions on Japan's history or Japanese books!

Reading Kokoro

Postby Yudan Taiteki » Sun 10.26.2008 11:33 am

I've always wanted to read Natsume Soseki's Kokoro but I've never gotten around to it, so to try to motivate myself to slowly read through it I'm going to post chapters here (the text taken from the Aozora Bunko site) and make some small aids to try to help other people read it as well. I put two things in here -- first, a list of words using kanji that (a) do not appear on the 1006 kyoiku kanji list, and (b) are not given furigana in the text; the purpose of that is that these are generally more common kanji that might be useful to learn if you don't know them. The second is just a vocab list; I put any words here that I had to look up, and some other words that I thought people might not generally know.

I've also pointed out some places in the text where I wasn't quite sure of the meaning; if there are other points that you have questions about go ahead and ask them.

I think Kokoro is a good thing to read because IMO Soseki's style is fairly clear and not that hard to read, Kokoro has very short chapters, and it's an acknowledged masterpiece of Japanese literature. However, I think that you would have to be at an intermediate or advanced level to try it, probably.

I tend to abandon projects like these so don't be surprised if I only post a few chapters. :)

Chapter 1

 私(わたくし)はその人を常に先生と呼んでいた。だからここでもただ先生と書くだけで本名は打ち明けない。これは世間を憚(はば)かる遠慮というよりも、その方が私にとって自然だからである。私はその人の記憶を呼び起すごとに、すぐ「先生」といいたくなる。筆を執(と)っても心持は同じ事である。よそよそしい頭文字(かしらもじ)などはとても使う気にならない。

Kanji
遠慮(えんりょ) - Hesitation, restraint
記憶(きおく) - Memory, remembrance

Vocabulary/phrases
打ち明ける - Reveal
世間を憚かる遠慮 - Restraint in the face of public view/opinion
よそよそしい - Distant, formal


 私が先生と知り合いになったのは鎌倉(かまくら)である。その時私はまだ若々しい書生であった。暑中休暇を利用して海水浴に行った友達からぜひ来いという端書(はがき)を受け取ったので、私は多少の金を工面(くめん)して、出掛ける事にした。私は金の工面に二(に)、三日(さんち)を費やした。ところが私が鎌倉に着いて三日と経(た)たないうちに、私を呼び寄せた友達は、急に国元から帰れという電報を受け取った。電報には母が病気だからと断ってあったけれども友達はそれを信じなかった。友達はかねてから国元にいる親たちに勧(すす)まない結婚を強(し)いられていた。彼は現代の習慣からいうと結婚するにはあまり年が若過ぎた。それに肝心(かんじん)の当人が気に入らなかった。それで夏休みに当然帰るべきところを、わざと避けて東京の近くで遊んでいたのである。彼は電報を私に見せてどうしようと相談をした。私にはどうしていいか分らなかった。けれども実際彼の母が病気であるとすれば彼は固(もと)より帰るべきはずであった。それで彼はとうとう帰る事になった。せっかく来た私は一人取り残された。

Kanji
暑中休暇(しょちゅうきゅうか) - Summer vacation
出掛ける(でかける) - Leave, depart
結婚(けっこん) - Marriage
国元(くにもと)- Hometown
彼(かれ) - He

Vocabulary/phrases
鎌倉 - City near Tokyo
書生 - Student (Meiji-period term)
海水浴に行く - Go for a swim
金を工面する - To scrape together money
三日と経たないうちに - Before three days had passed
電報 - Telegram
断る - To inform
かねてから - For some time
強いる - To force/pressure someone to do something
取り残す - To leave behind
肝心の当人 - The main person involved (i.e. the friend)


 学校の授業が始まるにはまだ大分(だいぶ)日数(ひかず)があるので鎌倉におってもよし、帰ってもよいという境遇にいた私は、当分元の宿に留(と)まる覚悟をした。友達は中国のある資産家の息子(むすこ)で金に不自由のない男であったけれども、学校が学校なのと年が年なので、生活の程度は私とそう変りもしなかった。したがって一人(ひとり)ぼっちになった私は別に恰好(かっこう)な宿を探す面倒ももたなかったのである。

Kanji
境遇(きょうぐう)- Circumstance
覚悟(かくご)- Readiness, resignation
面倒(めんどう)- Care, attention

Vocabulary/phrases
鎌倉におってもよし、帰ってもよい - Staying in Kamakura is OK, and going back is also OK
資産家 - Wealthy person
恰好な宿 - Suitable inn



 宿は鎌倉でも辺鄙(へんぴ)な方角にあった。玉突(たまつ)きだのアイスクリームだのというハイカラなものには長い畷(なわて)を一つ越さなければ手が届かなかった。車で行っても二十銭は取られた。けれども個人の別荘はそこここにいくつでも建てられていた。それに海へはごく近いので海水浴をやるには至極便利な地位を占めていた。

Kanji
越す(こす) - Cross, pass through
別荘(べっそう)- Vacation home, villa
占める(しめる) - To represent, stand for, comprise

Vocabulary/phrases
辺鄙 - Remote, hard to reach
畷 - Road going through a rice field
XだのYだの - [Used to list X and Y]
玉突き - Billiards
ハイカラ - Western
銭 - 1/100th of a yen
至極 - Extremely

 私は毎日海へはいりに出掛けた。古い燻(くす)ぶり返った藁葺(わらぶき)の間(あいだ)を通り抜けて磯(いそ)へ下りると、この辺(へん)にこれほどの都会人種が住んでいるかと思うほど、避暑に来た男や女で砂の上が動いていた。ある時は海の中が銭湯(せんとう)のように黒い頭でごちゃごちゃしている事もあった。その中に知った人を一人ももたない私も、こういう賑(にぎ)やかな景色の中に裹(つつ)まれて、砂の上に寝(ね)そべってみたり、膝頭(ひざがしら)を波に打たしてそこいらを跳(は)ね廻(まわ)るのは愉快であった。

Kanji
通り抜ける(ぬける) - Go through
避暑(ひしょ) - Going to a summer resort
愉快(ゆかい)- Pleasant, happy

Vocabulary/phrases
磯 - Rocky shore
裹む - To be enveloped by, surrounded with
寝そべる - To sprawl out
膝頭 - Kneecap
そこいら - That area
跳ね廻る - Jump around, play

I'm not entirely sure of the meaning of this:
古い燻(くす)ぶり返った藁葺(わらぶき)の間(あいだ)
This is one of those cases where I can look up all the words but the whole meaning doesn't make sense; it sounds like a description of some kind of buildings, maybe with a certain type of thatched roof?

 私は実に先生をこの雑沓(ざっとう)の間(あいだ)に見付け出したのである。その時海岸には掛茶屋(かけぢゃや)が二軒あった。私はふとした機会(はずみ)からその一軒の方に行き慣(な)れていた。長谷辺(はせへん)に大きな別荘を構えている人と違って、各自(めいめい)に専有の着換場(きがえば)を拵(こしら)えていないここいらの避暑客には、ぜひともこうした共同着換所といった風(ふう)なものが必要なのであった。彼らはここで茶を飲み、ここで休息する外(ほか)に、ここで海水着を洗濯させたり、ここで鹹(しお)はゆい身体(からだ)を清めたり、ここへ帽子や傘(かさ)を預けたりするのである。海水着を持たない私にも持物を盗まれる恐れはあったので、私は海へはいるたびにその茶屋へ一切(いっさい)を脱(ぬ)ぎ棄(す)てる事にしていた。

Kanji
軒(けん) - Counter for buildings
違う(ちがう) - Different
洗濯(せんたく) - Wash
帽子(ぼうし) - Hat
盗む(ぬすむ)- Steal
恐れ(おそれ)- Fear [i.e. the fear that there is the possibility of a negative thing happening]

Vocabulary/phrases
雑沓 - Commotion
見付け出す - Discover
掛茶屋 - Simple roadside cafe/tea place
長谷 - An area of Kamakura famous for villas
構える - Care for
専有 - Exclusive, private
拵える - Make
鹹はゆい - Salt-covered
清める - Cleanse
たびに - Each time
-Chris Kern
User avatar
Yudan Taiteki
 
Posts: 5609
Joined: Wed 11.01.2006 11:32 pm
Native language: English

Re: Reading Kokoro

Postby coco » Mon 10.27.2008 11:44 pm

Yudan Taiteki wrote:I'm not entirely sure of the meaning of this:
古い燻(くす)ぶり返った藁葺(わらぶき)の間(あいだ)
This is one of those cases where I can look up all the words but the whole meaning doesn't make sense; it sounds like a description of some kind of buildings, maybe with a certain type of thatched roof?

おっしゃるとおりです。
「藁葺き屋根の家の間を通り抜け」の意味です。

このような住宅 に近いのではないかと思います。
coco
 
Posts: 3061
Joined: Mon 05.30.2005 12:43 am
Location: 東京都
Native language: 日本語(Japanese)

Reading Kokoro

Postby Yudan Taiteki » Tue 10.28.2008 8:14 am

ありがとうございます!写真も助かります。
-Chris Kern
User avatar
Yudan Taiteki
 
Posts: 5609
Joined: Wed 11.01.2006 11:32 pm
Native language: English

Re: Reading Kokoro

Postby clay » Tue 10.28.2008 8:31 am

Oh, I hope you keep this up. :) This looks like it will be great fun. I'll make some time later to read that first bit.
TheJapanShop.com- Japanese language learning materials
Checkout our iPhone apps: TheJapanesePage.com/iPhone
User avatar
clay
Site Admin
 
Posts: 2809
Joined: Fri 01.21.2005 9:39 am
Location: Florida

Re: Reading Kokoro

Postby AJBryant » Tue 10.28.2008 6:49 pm

Good going, mate.

Gotta hand it to you -- I could never get into Kokoro.

That said, it has one of the most famous opening lines in Japanese literary history, right up there with "It was the best of times, it was the worst of times" in English lit.


Tony
User avatar
AJBryant
Site Admin
 
Posts: 5313
Joined: Sun 10.09.2005 11:29 am
Location: Indiana
Native language: English
Gender: Male


Return to History and Literature Discussions

Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 3 guests