Learn Japanese with JapanesePod101.com

サラリーマン川柳

ここに来る人は"俳句"については説明がいらないでしょう。
でも、俳句を知らない人のために少々説明します。
俳句とは日本独特(かな?)の短い詩のことです。

俳句は3つの"句"、17の"音"から構成されます
原則として、季節を表す"言葉"(季語)を使わなければいけません。

では"川柳"をご存知ですか?
"川柳"は"俳句"に非常によく似ています。
"川柳"と"俳句"の違いは、
"川柳"には季語が必要ないということです。

もう一つの大きな違いは"ユーモア"でしょう
"川柳"の多くの作品はユーモアにあふれています。

2011年の"サラリーマン川柳コンクール"エントリー作品が発表されました。
このコンクールは毎年行われ、日本の保険会社がスポンサーです。

多くの作品が

"サラリーマンの視点"から

"ちょっとした悲哀"、

"皮肉"、

そして

"ユーモア"にあふれた表現で

"普通の日本人orその生活"

についてつづっています。

川柳には非常に分かりにくい表現がありますが、
それは

川柳自体が非常に短く、かつ細かい説明をしないこと
また
"言葉遊び"がおおいこと
さらに
日本の流行のもの、や社会現象などの時事ネタをとりあつかうこと

などが原因です

“サラリーマン川柳コンクール”のwebを直接リンクするのは
良いのかどうかわかりません
なので
"サラリーマン川柳”に興味のある人は

"サラリーマン川柳”

でGoogle先生に聞いてみてください
日本の第一生命という保険会社がスポンサーをしているwebページが
“サラリーマン川柳コンクール”のwebです











Haiku is a Japanese short poem,
is consisted from 3 short phrases, 5-7-5, 17 sounds.
Principally, you need use the word which represents “season”.

Senryu is very similar to Haiku.
The difference between 2 types of poem is just the existence of the word (which represents “season”.) in principally. You DO NOT need to put the word which represents “season” for Senryu.
But there’s another big difference, it’s “Humorous”.

The literary works for the competition of “salary man senryu” in 2011 were announced.
This competition is annual one, and sponsored by Japanese insurance company.

Many works describe about “ordinary Japanese life” with small grief, irony, and Huge “Humorous” from “salary man’s point of view” .

sometime, it is difficult to understand.
Because it’s really short without any description,
lots of word play,
"サラリーマン川柳”which dealing with vogue thing, like TV show, social phenomenon, so on

I am not sure to put link the corresponding web page in here.
If you want to read the candidates for that compatition,
please ask Dr. Google with “サラリーマン川柳”,
then find the competition which sponsored by The DAI-ICHI Life Insurance company

Support those who Support TJP!

Click here to learn Japanese with JapanesePod101.com