Sushi Video

From WagaWiki

Jump to: navigation, search

Contents

Intro

This is an example of transcription from a Japanese language video. Initial transcription was done by Chchan45 with later corrections by Coco.

Disclaimer(権利の帰属)

This transcription and translation is undertaken purely for non-profit educational uses. Neither TheJapanesePage.Com nor anybody who participated in writing the transcription and translation have any claim over rights to the video or dialogue of same. In the event that TJP is requested by a concerned party to remove this material it shall be promptly deleted.

この映像の聞き取りは、営利目的でなく純粋に教育目的の用途で供されるものです。TheJapanesePage.com 及び聞き取りを試みたいずれの者も、この映像あるいは構成内容にかかわる権利を一切有していません。関係者から削除要請がある場合、TJPは速やかにこの内容を削除します。

Transcription

すし、日本(にっぽん)の代表的スナック。それが、すしです。このすしを食べるショップがすし屋です。日本人のほとんどが、この店を毎日利用しています。これがすし屋の入口です。この「のれん」という短いカーテンをくぐるには、左から三つ目の切り込みの右側、斜(なな)め48度に3.2インチ上がった部分に手の甲を当て、めくります。

入店が、閉店予想時刻の三十分前を超(こ)えた場合、「まだやってる?」を忘れずに言います。

さあ、いよいよ入店です。「二人なんだけど」。これは人数を表します。同様に、三名の場合は、「三人なんだけど」、四名の場合は、「四人なんだけど」と言います。ただし、一人の場合は、目で若干(じゃっかん)の申し訳なさを表すのがポイントです。

すし屋に来たら、カウンター席を利用するのが醍醐味(だいごみ)です。しかし、気軽に座るわけにはいきません。礼儀作法(れいぎさほう)を重んじる日本では、必ず、先に来ているとなりの客に「ここ、よろしいいですか。」を言います。これは、空席を確認する言葉です。店員にではなく、客に声をかけるのが、日本人の義理と人情スタイルなのです。逆に、「ここ、よろしいいですか。」を言われて、そこが空席だった場合、快く「どうぞ」と言いましょう。ここまでをきちんとこなして、はじめてカウンター席に座ることができるのです。

いよいよ注文です。すし屋には、ウエーターやウエートレスはいません。では、どうするのか。客は欲(ほ)しいメニューをマスターに直接オーダーします。

主なメニューはどのすし屋でも同じです。代表的なメニューに、大トロ、中トロ、トロがあります。これは、まぐろの質を表します。大トロは最高級。油分を多く含み、大変美味(びみ)とされています。シャリと呼ばれる米も最高級ブランドのコシヒカリを使用しています。一方、トロは、低所得者(しょとくしゃ)向けのジャンク・フードです。魚はリサイクル品を使用、米は使わず、麦(むぎ)やパスタを刻んだフェイクの米を使用してあります。

「ビール!」。 ビールは人気のドリンク・メニューです。栓は抜いてもらいますが、注ぐのはセルフ・サービスです。二人以上の場合、互いに注ぎ合うのが日本(にっぽん)でのマナーです。ビジネス関係の場合は、目下の人が、目上の人に先に注ぐのが大切な決まりです。

「まあまあまあまあ」。これは注ぐ時に必ず言わなければならない言葉です。同様に注がれる時は、「おっとっとっと」を言います。
「まぁまぁまぁまぁ」
「おっとっとっと」
「まあまあまあまあ」
「おっとっとっと」
「マーマーマーマー」
「オットットット」 ……。
カップルの場合は、女性が男性に注ぎ、女性は自分で注ぎます。
なるほど、侍の国ですね。

すしは、げたに載せて出されます。消毒したものを使用していますので、安心してすしを食べられます。これを、そのまま履(は)いて帰る人もいます。多くの日本人の足から、酢のにおいがするのは、このためです。

これは、ガリです。材料は謎です。

さあ、いよいよ、すしの食べ方です。
まず、「むらさき」と呼ばれる醤油(しょうゆ)を20cc 出します。次に、中指、人さし指、親指で、すしの向こう側をつまみ、手前にかえします。醤油をすしにつけます。分量は決まっていませんが、重さが変わるまでは、十分にしみ込ませましょう。 そう、これくらいが目安です。正面に45度あごを上げ、一口(ひとくち)で食べます。

手に米や魚のにおいがつきますので、手もとの上のウェット・タオルで拭(ふ)きます。これは「雑巾(ぞうきん)」と呼ばれる、さまざまな用途に使われる、便利な布です。まな板や床も、この布で拭かれています。一度使ったら、しばらくは洗いません。こんなところにも、ものを大切にする、日本人の心意気が現れているのです。

この人は、すしを作る技術者です。客は「大将(たいしょう)」と呼ばなければなりません。大将はたいてい、人には言えない過去があるものです。聞かないようにしましょう。

ひとしきりすしを楽(たの)しんだら、大将に感謝の気持ちを表します。出されたすしがおいしくても、そうでなくても、必ず「やあ、うまいよ、大将」と言いましょう。

レストラン同様、すし屋にも、店長のおすすめがあります。これは、「大将、何か、おすすめは?」と言えば、教えてもらえます。法律で認(みと)められていないメニューの場合もあるため、おすすめのメニューは、聞かないと教えてくれません。「何も知らない」「自分には関係ない」「悪いのはたいしょうだ」という顔で、国際保護動物に指定されたものの可能性のあるおすすめを、楽しみきるのが、日本人の建前なのです。

食後のお茶のサービスを、「あがり」といいます。これは、「あっ、がり」です。「もう、おなかがいっぱいで、一枚のがりも食べられない。だから、お茶をください」という意味を表しています。

さあ、お会計です。ここでは、「おあいそ(お愛想)」といいます。両手の人さし指で、ばつを作ります。これが、お会計の合図(あいず)です。「おまえの店にはもういられるか」という意味を表しています。このように、会計をしたがるのは、自分の方が立場が上であることを主張しているためです。これを「みえ」といいます。なるほど、侍の国ですね。

これは、領収書(りょうしゅうしょ)という不思議(ふしぎ)な紙です。これを書いてもらえば、後から換金(かんきん)することができます。仕組みは謎(なぞ)です。

「ごちそうさん、また来るよ」これは、店を出る時のあいさつです。「おいしかった、満足した」という意味ですので、怠(おこた)らないようにしましょう。

醤油の塩分が物足(ものた)りなかった人のために、店の外には塩が盛(も)ってあります。無料サービスですので、自由に食べましょう。ここは唯一(ゆいいつ)本音で会話ができるスペースです。謝(あやま)ることがある場合は、このタイミングがベターです。

さあ、いかがでしたか。これが、すし屋のマナーです。このほかにも、様々なすしがありますので、いろいろ注文して、楽しみましょう。Japan Culture Lab では、このほかにも、様々な日本(にっぽん)の文化を紹介しています。併(あわ)せて、ご利用ください。

Vocabulary

Notes:

すし - The video shows sushi as the Chinese character 鮨. However, I have normally seen it written as 寿司. I believe that both sets of kanjis are not taught at school.

日本 - Most people are taught にほん but there exists another reading: にっぽん. The reading is normally used while talking about tradition and history, or in extremely formal situations.

暖簾(のれん) - A set of curtains at the entrance of shops, usually with the name of the establishment written on it. (warm curtain)..

くぐる - to go under something. According to my computer, it may be written as 潜る. Although the character 潜 is 常用漢字, the reading is not. There are only two readings Japanese students are taught: 潜(もぐ)る 潜(ひそ)む

めくる - to turn over; not to be confused with めぐる(巡る) (surrounding, regarding)

ずに - This can be translated as "without". To form the verb stem, take the ない away from the negative form. For example, 買う>買わない>買わ+ず. However, note that there is one exception, する>せ+ず. 「まだやってる?」を忘れずに*言います。 Don't forget to ask (lit. say without forgetting) "Are you still serving?" Here is a better example I found on the internet: 勉強せずに合格した。 I passed [an examination] without studying.

若干 - to a certain extent. Interesting fact: this reading is one of the things you need to know for kanken level 4!

醍醐味(だいごみ) - charm, the sentence here roughly translates as "the charm of coming to a sushiya is using its counter seats".

- わけにはいきません(わけにはいかない) - This is a sentence structure for JLPT level 2. It means it is impossible to do something, or it is not recommendable due to social norms, etc.

義理 人情 - They literally mean "obligations" and "kindness" but I know in Japanese, the meanings are more nuanced. It is almost as difficult to explain as 建前 and 本音

こなす - I have seen this word a few times in Japanese writing, and the dictionary says this word means to "manage (to do something)". Probably ここまできちんとこなして can be roughly translated as "[You] have negotiated [these steps] so far successfully".

コシヒカリ - The text says that they are the highest grade brand of rice. However, a recent visit to Oriental City in Colindale, London throws some doubt on this. I saw the rice being retailed at about £6 per 5kg pack, but I definitely remember seeing other brands of rice at much higher prices - something like £40 for 10kg!

ず - This is a way to join two sentences together. 米は使わない。麦(むぎ)やパスタを刻んだフェイクの米を使用してあります。 米は使わず、麦(むぎ)やパスタを刻んだフェイクの米を使用してあります。

注がれる - An interesting use of the passive tense. This means when somebody fills your cup (lit. your cup is being filled). It does not mean (despite what you may think) that somebody is strapping you down and pouring tea into your mouth!

げた - Wooden sandals worn by Japanese men in the past. I believe that the Netherlands (Holland) still produces something similar and it is a massive tourist attraction.

むらさき - This literally means purple (紫). Before anybody asks, I think you need to learn the kanji for JLPT level 1 as it is required for kanken level 4.

The names of the fingers: 親指(おやゆび) thumb 人差し指(ひとさしゆび) index finger (Note: I was not sure if it should be 人差し指 or 人指し指, but googling for both phrases showed 10 times more matches for the former) 中指(なかゆび) middle finger 薬指(くすりゆび) ring finger 小指(こゆび) little finger

醤油 - Again I believe 醤 is not 常用漢字 but I have seen it in many food products. I think you should know this if you have greater ambitions than passing JLPT level 1.

雑巾(ぞうきん) - It is actually a cloth used for dusting. If you ask for one to clean your hand people will probably think you are mad! You should ask for a 手拭きinstead. Remember that the video is just a joke.

拭(ふ)く - This is not strictly 常用漢字 but I have seen it in so many places. 手拭き is quite a common term for towels.

心意気 - Spirit. This is a very "Japanese" kanji word (熟語), in that it has a very "Japanese" meaning which is difficult to translate. Other words of this type I have come across include: 意気地(いくじ) (意気地ない cowardly) 心地(ここち) feeling, sensation 意地(いじ) deterimined (意地悪い with bad intentions)

たいしょう - According to an internet Japanese dictionary, this is a term to address somebody familiar. In real life, he would be called 「ご主人」「旦那(ダンナ)さん」「○○さん」 (where ○○ = his name)

ひとしきり For a while

「たいしょう、何か、おすすめは?」と言えば、教えてもらえます。 聞かないと教えてくれません。 A very confusing area of Japanese grammar. In the English translation in the video, both phrases have you as the subject (i.e. they will tell you). However, since もらう is used in the first sentence, "you" are the subject. In the second sentence, くれる is used so たいしょう is the subject. In other words, the second sentence can be written as: (あなたはたいしょうに)聞かないと、(たいしょうがあなたに)教えてくれません。

建前(たてまえ) 本音(ほんね) Very Japanese concepts and unsurprisingly the video did not try to translate them word for word. The former means what you say in public (to save face, etc.) and the latter means what you really think. An essay about this concept is can be found here: http://www.yeworld.net/index/jp/index.asp?id=5335

たい・たがる

みえ(見栄) According to google dictionary, this means vanity and show-off. You fight to pay to show that you have a higher standing. If you pay attention to the video, you would notice that the person who won the right to pay poured the beer for the other person earlier in the video (which is strange as the video says that the person with the lower status should always pour the beer for the other person first, so this suggests that he has a lower social standing).

あらわす(表す・現す・著す) Depending on the context, あらわす converts to different kanjis. 現す to appear, to show (naturally) 正体を現す Show one's true colours 表す to express, to show (artificially) 言葉に表すことができない Cannot express in words 著す to author 本を著す to write a book

併(あわ)せて This can also be written as 合わせて. I hope that I have got it right as 併せる means to put together, while 合わせる means to add together.

Link

Personal tools