Talk:Conjecture

From WagaWiki

Jump to: navigation, search

みたいです/ようです

Conjectuer based on the facts

みたいです/ようです is mainly used in referring to a speaker's conjecture based on the objective facts with substantial reasons. There is no meaning difference between みたい and よう. Commonly みたい is frequently used in colloquial language. People tend to use よう in literary language or formal spoken form.


Example
1)
足音がします。誰か来たみたいですね。
足音がします。誰か来たようです。
I can hear a sound of footsteps. Someone seems to be coming here. (?)

2)
台風が近づいているみたいです。
台風が近づいているようです。
It seems like a typhoon is getting closer. (?)

3)
このテレビ、壊れているみたいですね。
このテレビは壊れているようです。
This TV seems to be broken. (?)

4) な adjective + な + ようです
山田: 田中さんは明日も野球場に行くそうです。本当に野球が好きみたいですね。
Yamada :I've heard Tanaka-san is going to the stadium tomorrow too. Tanaka-san seems to love a baseball very much. (?)
小川: そうみたいですね。
Ogawa : Yes, s/he seems so. (?)

山田:本当に野球が好きようですね。(× 好きようです)
小川:ええ。そのようですね。 (× そうよう)

なadjective + ようです become なadjective +  + ようです。 

5) noun+ の + ようです
電気がついていませんから、小川さんは留守みたいですね。
Since the light is not on, it looks like Ogawa-san is away from home.
電気がついていませんから、小川さんは留守ようですね。

Noun + ようです become noun +  + ようです。  

Conjecture based on the speaker's impression.

みたいです/ようです is also used when a speaker mentions his/her symptom.

Example 1)

小川:顔色が悪いですね。大丈夫ですか?
Ogawa : You look pale. Are you all right?
山田:ええ。かぜをひいたみたいです。
Yamada: yes, I feel like I've got a cold.

Personal tools