Trickster Walkthrough Eighth NPC Transcript

From WagaWiki

Jump to: navigation, search
ふむ…遅かったな。
私はドン・シュバンニ。
フフフ…やっと基礎が学べた、そうじゃないかね?
*続ける
トリックスターについて知れば知るほど…
君の好奇心は揺さぶられるはずだ。
いいか、君はまだ氷山の一角しか見ていない。
本格的にトリクスターに入って行けば、
もっと面白いことが山ほどあるのだよ。
その面白い事の一つは…ドリルだ。
ドリルの使い方についてその私が
詳しい説明してあげようではないか!
数多くの女性たちを差し置いて
この私からサシで話が聞けるというのは…
非常に貴重な出来事なんだぞ?
いいか、金を積んでも聞くことができない話だからな、
目と耳を大きく開いて熱心に聞くように。
ドリルを使うには、まずドリルを装備しなくてはならないだろう。
ドリル以外にも各種アイテムを装備できる
装備ウィンドウについて理解しているかね?
*説明を聞く
*知っているので次へ

装備ウィンドウについて

ドリルを装備するためには、
アイテムウィンドウにあるドリルをダブルクリックするか
直接引っぱって装備ウィンドウに置くように。
あ、装備ウィンドウを開くショートカットキーはEだということも
憶えておくとベストだな。
メニューバーでEQUIPボタンをクリックしても
装備ウィンドウを開くことができる。
他の装備アイテムもドリルと同じ方法で
装備することができるぞ。
装備したアイテムを解除するには、
装備ウィンドウにあるアイテムをダブルクリックするか、
アイテムを選択した後解除ボタンを押せばいい。
どうだ?アイテム装備方法は理解できたかね?
*わかりました
*もう一度聞く
さて…ドリルの装備方法も教えたからな。
次はドリルの使い方について本格的に説明しよう。
ドリルの使い方は分かっているかい?
*説明を聞く
*知っているので次へ

ドリルの使い方について

まずドリルを使うショートカットキーはDだ。
これから諸君が、最も多く使うショートカットキーになるだろう。
まず、Dキーを押すと形が↓のように
変わる。
次に↓を掘りたい地面にあわせてクリックすれば、
キャラクターがその場所にドリルをあてて待機するしだ。
その時マウス左ボタンを押せば
ドリルの作動ゲージが上がり、
マウスボタンから手をはなせばゲージが下がる。
このゲージが有効範囲内にあるときだけ
ドリルは地面を掘っていくのだ。
*続ける
有効範囲とは何か?
有効範囲とは、ドリルが地面を掘る時に必要なものであり、
このようにとけりるの特性毎に幅が異なる。
またドリルには寿命というのがあり、
一回地面を掘る度に寿命が1つずつ減っていくのだ。
有効範囲を超えるとドリルの寿命だけが減り、
発掘がキャンセルされてしまうからな。
有効範囲を超えないようにマウスのクリックを調整するのだ。
寿命が0になったドリルはそれ以上使うことができないから
破棄しても構わない。
ちなみにドリルと合わない地面を掘ると
通常よりも寿命が大きく減るからな。
ドリルの特性に合ったものを使うように。
*続ける
続いて…ドリルでほれる最大の深さ、
これも重要だ。
カバリア島は地域によって
アイテムが埋まって入り深さが違う。
ドリルが掘れる深さよりもっとも下にアイテムが埋まっていると、
いくら地面を掘ってもアイテムが出てくるわけがないからな。
各地域毎に地面の最大の深さと
ドリルが掘れる最大の深さを
チェックする習慣も忘れないように。
地面の深さが知りたいときは、
チャットウィンドウに“/深さ”と入力すればその地域の深さが
わかるからな。
ちなみに、ドリルを利用しても
経験値を得る事ができるのだ。
どうだ?ドリルの使い方がよくわかっただろう。
*わかりました
*もう一度聞く
では、これからドリルを利用したクエストを
やって見るのも面白いな。
ここから南東へ行けば、
ビギナーゾーン・トレーニングキャンプ2に出ることができる。
そこにステファノ王子がイライラしながら立っている
はずだ。
さっき少し話してみたが…どうも頼りにならない感じがするな…。
まあ軟弱な点が気に入らないが、悪い奴ではない。
あまりにじめないようにな。
*立ち去る 

Related pages

Trickster
Previous Transcript/ Next Transcript

Personal tools